車検証の名義と自動車保険を契約する人の名前が違っていてもいいの

自動車保険に入る場合、普通であれば車検証の名義(車検証の所有者欄に記載されている人の名前)と、自動車保険を契約する人の名前は同じになります。

しかし、車をローンで購入した場合では、車検証上の名義がローンの信販会社などの名義となっている場合があります。また、親が子どものために車を購入した場合では、車の所有者(名義)は親で、実際に運転するのは子どもというケースもあります。

こういう場合に、つまり、車検証の名義が車の保険を契約する人の名前と違っていても、自動車保険に入ることができるのかという疑問がでてきますが、大丈夫です!ちゃんと加入することはできます。

結論からすれば、車検証の名義(車の所有者)と保険の契約者の名前が異なっていても自動車保険には入れます。ただし、通販型の保険会社の場合は、加入できない保険会社も一部にありますので注意してください。

名義が違う車でも自動車保険の契約はできる

車の保険のイメージ

自動車保険は、通常、「保険契約者(保険を契約して保険料を払う人)」=「記名被保険者(保険を契約している車を主に運転する人)」という関係になるのですが、必ずしも保険を契約する人(保険契約者)と主に車を運転する人(記名被保険者)が同じ人である必要はないのです。

車検証の名義と保険契約者の名義が異なる場合というのは、普通に考えて下記のような場合ではないでしょうか?ここでは、この2点に的を絞って確認していきます。

  • 車検証の名義がローン会社の場合
  • 車検証の名義が親や家族の場合

車検証の名義がローン会社の場合

車検証の名義がローン会社の場合でも、その車を運転する人の名前で自動車保険に入ることは、一般的に行われていることです。

車を購入する場合は、通常、マイカーローンなどを借りて購入することが多くなりますが、ローンを組んで車を購入すると、車検証の所有者欄にはローン会社などの名前が記載されます。

こうような場合に自動車保険の契約ができないようでは困ってしまいますので、どこの保険会社でも、ローン会社などの名義となっていても自動車保険の契約をすることができます。

車検証の名義が親や家族の場合

親が子どもに車を譲った場合や、親が子どもに車を買ってあげた場合などで、その車の名義が親の名前となっていても、子どもが自分の名前で自動車保険に入ることも可能です。

さらに言えば、夫の名義の車で、妻が自分の名前で保険に入ることも問題なくできます。

ただし、この場合は一つだけ条件がついています。

それは、「同居親族」かどうかです。

つまり、夫婦、子どもが同居している場合に限って、名義が異なる車で自動車保険に入ることが可能です。普通の家庭の場合は、これに当てはまりますから、任意保険に加入する場合に特に問題となるようなことはありません。

しかし、子どもが別居している状態の場合は、同居とはなりませんので、上記の条件に照らしても加入できないことになります。

よって、契約者との関係が下記の場合にのみ、車検証の名義と自動車保険を契約する人の名前が違っていても自動車保険に加入することができます。

  1. 契約者本人
  2. 契約者の配偶者(内縁関係にある方を含む)
  3. 契約者の同居の親族

車検証の名義人・保険の契約者・記名被保険者がすべて違っていてもよい

車検証の名義人・保険の契約者・記名被保険者の全てが同じというケースが最も多いようですが、これらの全てが異なっていても自動車保険の契約は可能です。

ただし、「同居親族」であることという条件はあります。

例えば、父親が車検証の名義人(車の所有者)で、母親が保険の契約者、子どもが記名被保険者(車を主に運転する人)という契約形態でも自動車保険の契約はできるのです。

補償についての注意点

自動車保険の補償は、すべて「記名被保険者(主に運転する人)」を基準にして決められます。契約者を基準にするのではありません。

親が契約者で子どもが記名被保険者とういう場合は、子どもの年齢などを基に保険料が算出されますので、親の世代が記名被保険者となる場合よりも高くなることが予想されます。

その場合は、親の保険を子どもに譲り、親は新たに保険に入りなおすなどの方法をとれば、子ども保険料を安くすることが可能です。特に若い世代の人が記名被保険者となる場合には、保険料を節約するための有効な方法となります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

まとめ

この記事のまとめ

  • 車検証と保険契約者の名義が異なっても自動車保険の契約はできるが、同居親族であることが条件になる
  • 車検証の名義人・保険の契約者・記名被保険者がすべて違っていてもよい
  • 保険の補償は「記名被保険者(主に運転する人)」が基準になる

車検証と保険契約者の名義が異なっても自動車保険の契約はできますが、これは「同居親族」や「ローン会社」の名義の場合であって、まったくの他人の場合であれば、自動車保険の契約はできません。

例えば、友人から友人名義の車を譲り受け、友人の名義のまま自動車保険を申し込むことはできないのです。この場合であれば、名義変更をしてからでなければ申し込みはできません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠