保険契約時の年間走行距離をオーバーしたらどうなるの

車のイメージ9

自動車保険は、年間で走った距離、つまり「年間走行距離」によって保険料が変動します。

これは、年間走行距離が少なければ事故などに遭う確率が減り、年間走行距離が多ければ事故に遭う確率が高くなるという考え方から来ています。

自動車保険の契約や見積もりをする際には、「年間走行距離」を正しく申告する必要がありますが、もし、申告した年間走行距離をオーバーした場合はどうなるのでしょうか?保険料は上がるのでしょうか?補償はどうなるのでしょうか?

年間走行距離の申告には2通りある

年間走行距離の申告には、「過去1年間の実走行距離を申告する」場合と、「今後1年間で走る距離を予想で申告」する場合とに分かれています。

  • 過去1年間の実走行距離を申告する(過去の実走行距離)
  • 今後1年間で走る距離を予想で申告(今後の予定なのでブレやすい)

この違いは、保険会社による違いで、それぞれの保険会社がどちらの方法で「年間走行距離」を管理しているかによります。

自動車保険の見積もりや契約をする場合は、必ず年間走行距離の申告を求められますので、上記の方法のいずれであっても、過去1年間の実走行距離を基準もしくは参考にして申告しておくことをおすすめします。

では、契約時に申告した「年間走行距離」をオーバーしてしまった場合について、「過去の実績で申告」する場合と「今後の予定で申告」する場合に分けて説明していきます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

申告した年間走行距離を超えてしまった場合の対応

長距離ドライブのイメージ

ポイント

  • 年間走行距離を超えても「今後1年で走る距離」を申告する場合のみ手続きが必要
  • 年間走行距離をオーバーした場合は追加の保険料が必要になることもある
  • 虚偽の走行距離を申告すると保険金が支払われない場合もある
  • 年間走行距離を多く申告し過ぎたら保険料が割引される場合がある

過去1年間の実走行距離を申告する場合

過去の実走行距離を基にして申告するのですから、申告した走行距離数をオーバーすることは考えられません。

したがって、現在の走行距離が申告したときの年間走行距離を超えた場合でも、何もすることはありません。走行距離がオーバーしたからといって、保険会社に連絡する必要もありません。

ただし、実際の走行距離が「申告した過去1年間の走行距離」をオーバーしていることになりますので、次の契約では保険料が上がってしまう可能性はあります。

通販型の保険会社ならば、三井ダイレクト損保、イーデザイン損保、そんぽ24、SBI損保、セゾン損保(おとなの自動車保険)などは、この「過去1年間の実走行距離を申告」するタイプの保険会社です。

今後1年間で走る距離を予想で申告する場合

今後1年間で走る距離を予想で申告する保険会社の場合は、保険契約時に申告した「年間走行距離」をオーバーしそうになった時点で、保険会社に連絡を入れる必要があります。

年間走行距離は走行距離に応じた区分を自分で予想して申告しますので、予想に反し走行距離が延びてしまった場合は、オーバーした分のキロ数に応じた追加保険料を支払わなければならないのです。

何故なら、走行距離に応じた区分(距離区分)によって保険料が算出されていますので、走行距離が多くなれば距離区分も変わってしまうからです。

通販型の保険会社ならば、ソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクトなどは、今後1年間で走る距離を予想で申告するタイプの保険会社です。

年間走行距離がオーバーしたら補償はどうなるの

過去の実績を申告する保険会社の場合は、年間走行距離がオーバーしたとしても補償は継続されますので心配ありません。

予定で年間走行距離を申告する保険会社の場合は、走行距離がオーバーしたとき、もしくはオーバーしそうなときに保険会社に連絡して手続きを済ませていれば、事故などを起こしても保険の補償は受けられます。

しかし、保険会社に何の連絡も入れずに放置し、その状態で事故を起こした場合は保険金が支払われない可能性があります。年間走行距離の変更の手続をしなかったことで保険が使えないということにならないように、手続きは早めに済ませると良いでしょう。

よくある質問

年間走行距離で虚偽(ウソ)の申告をしたらどうなるの?

年間走行距離に嘘の申告をすれば、最悪の場合、保険金が支払われない可能性があります。

年間走行距離は、自動車保険に入る場合の「告知事項」となっていて、自動車保険に加入する人は、正しい情報を保険会社に伝えなければならない義務を負っています。

この義務に違反することを「告知義務違反」といい、告知義務違反は保険金を支払う必要がない「免責事由」に該当することから、事故で保険金を請求した場合に、保険金が払われない可能性がありますので気をつけてください。

年間走行距離を多く申告(申請)しすぎた場合は

今後の1年間で走る距離を多く申請し過ぎた場合はどうなるのでしょうか?(今後1年間で走る距離を予想で申告する保険会社の場合)

ソニー損保の場合は「くりこし割引」で対応しています。

保険期間中の「走行距離」が距離区分の上限キロ数より「1,000km以上」少なかった場合は、その差額保険料に相当する額を翌年の継続契約の保険料から割引きます。

その他、チューリッヒ、アクサダイレクトなどでは対応されていないようです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠