自動車保険は納車前であっても入れるの

車の保険が必要のイメージ

車を購入したら自動車保険に加入しなければいけませんが、加入するタイミングはいつが良いのでしょうか?

車が納車されてからが良いのか?それとも納車前が良いのか?と悩むことがあるかもしれません。納車前が良いのだとすれば、まだ車が手元にない状態で自動車保険に入ることは可能なのでしょうか?

結論からすれば、「車検証の情報さえあれば納車前でも加入することは可能」です。むしろ、納車前に入っておく方がベストといえるのです。

車の保険は納車前に入っておく

車が納車されたイメージ

納車前に加入するのが良い理由

近年の自動車事故の損害賠償額は高額化する傾向にあります。

下記の画像は事故の損害賠償額が高額となったことを示したものですが、最も高額な損害賠償を認められたものでは5億円以上の額になっています。

高額賠償の判決例

出典:日本損害保険料率算出機構より

もし、このような高額な賠償金を請求される事態になってしまったら、到底、自賠責保険だけで対応することは難しく、任意保険に頼らざるを得ない状況となってしまうでしょう。

そのようなリスクを避けるためにも、車が納車される前に任意保険に加入し、納車日には保険の補償が有効となっているように準備しておく必要があります。

自賠責保険では補償されない事故もある

人の心理として欲しかった車が納車されれば、すぐにでも乗り回したくなるのが普通でしょう。

ですが、納車されたときに任意保険に入っていなければ、自賠責保険にしか加入していない状態で車を乗り回すことになりますので、もし、運悪く事故でも起こしたらと心配になることでしょう。

自賠責保険だけでも最低限の補償はされますが、その補償も人身事故の場合だけで、物損事故や自損事故は補償されません。

さらに、自賠責保険の補償額は必要最低限の補償(死亡事故で3,000万円が上限)で、近年の億の単位の損害賠償を求められる事故には任意保険なしでは対応できないのも現実です。

自動車保険の申し込み期限の関係もある

納車日には任意保険の補償が始まっている状態にしなければならないのですが、その為には申し込み期限にも注意する必要があります。

下記の表は、「申し込み期限」と「保険料の払込期限」の関係を表したものですが、これを見ても、納車日に保険を有効にするためには、数日程度前に任意保険の申し込みを行い保険料の支払いを済ませておかなければならないことが分かります。

※ 任意保険の補償が開始されるのは、保険料の入金が行われてからになります。申し込みをしただけでは、任意保険は有効になっていません。

支払い方法 自動車保険の
申込期限
保険料の
払込期限
クレジットカード 保険始期日の前日まで 保険始期日の前日まで
スマートコンビニ 保険始期日の前日まで 保険始期日の前日まで
ネットバンク 保険始期日の2日前まで 保険始期日の2日前まで
コンビニ払 保険始期日の14日前まで 保険始期日の前日まで
銀行振込 保険始期日の14日前まで 保険始期日の前日まで

したがって、納車日に任意保険の補償が開始されている状態にするためには、納車前に任意保険の申し込みをするのがベストなのです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

車検証の情報があれば納車前でも申し込みできる

自動車保険に入る場合は、車の情報(ナンバー、車種、型式、初度登録年月、走行距離など)が必要になりますが、これらの情報は全て車検証に記載されていますので、納車前であっても車検証(車検証のコピーでも可)の情報さえ入手できれば自動車保険に入ることができます。

通常、車検証は登録手続きが完了した段階で陸運支局で発行され、車の納車日に購入者に引き渡されますが、車検証は納車日の数日前には車のディーラーや販売店に届いていますので、届いていることが確認でき入手することができれば、納車前であっても自動車保険の手続はできます。

もしくは、ディーラーなどから電話やメールなどで、車種・型式、ナンバープレートの情報、オドメーターの値、初度登録年月などを入手することができれば、自動車保険の申し込みは可能です。

そうすることで、納車日には自動車の任意保険が有効となるのです。

自動車保険に入る際に車検証から必要になる情報

自動車保険の見積もりをする際や申し込みをする際に、車検証から必要になる情報は下記の通りです。

  • 1. 車の登録番号(ナンバープレートの情報)
  • 2. 初度登録年月(不明でも申し込みは可能)
  • 3. 車種
  • 4. 型式
  • 5. オドメーターの値(走行距離の値)
  • 6. 所有者
  • 7. 使用者

車検証から必要になる項目は上記のものです。

車の登録番号(ナンバープレートの情報)は、契約する車が、1ナンバーなのか3ナンバーや5ナンバーなのか、もしくは4ナンバーなのかを判別するための情報です。

管轄運輸支局・自動車検査場を表す地名、分類番号、普通自動車・事業用・自家用などの区別のための平仮名、一連番号によってナンバーは構成されていますが、これらは全て車検証に記載されています。

初度登録年月は、任意保険に入る車が初めて登録された年月です。自動車保険では、この年月によって年式を判別し、その車の価値を決めます(車両保険の保険金の額の算定にも使われます)。

なお、初度登録年月が不明の場合でも自動車保険の見積もりはできます。この場合、見積もりされる保険料は概算となりますので、契約時までには正確な初度登録年月を確認しておく必要があります。

自動車保険の申込時に必要となるその他の情報

参考までに、下記が見積もりや契約をする場合に保険会社のホームページ上で入力(告知)する必要のある情報です。

  • 1. 前年の年間走行距離または年間走行距離の予定
  • 2. 使用目的
  • 3. 生年月日
  • 4. 運転者の年齢(年齢条件のため)
  • 5. 運転者の範囲
  • 6. 免許証の色(ゴールド、ブルー、グリーの別)
  • 7. 車を使用する地域(都道府県)
  • 8. 中断証明書の有無

前契約がある場合

  • 1. 前契約の有無
  • 2. 前契約がある場合は保険会社名
  • 3. 前契約がある場合は現在の等級
  • 4. 前契約での事故の有無
  • 4. 事故がある場合は「事故有係数適用期間」

上記の項目は、すべて車検証がなくても見積もりや契約する場合に告知できる項目ばかりです。

まとめ

自動車保険には納車前に加入するのがベストなのですが、中には納車後に加入すれば良いと考えている人もいます。

しかし、これは保険の効力が有効となっていない「無保険」の状態を作り出してしまうことになりますから、極めて危険な状態なのです。

納車後に自動車保険に加入しても、保険の補償がない状態は数日程度かもしれません。しかし、この数日の間に事故を起こしてしまえば、とんでもない事態に巻き込まれてしまい、最悪、人生を棒に振ることにもなってしまいます。

こういうことにならないためにも、納車日の3週間~1ヶ月くらい前から申し込みをする保険会社を探し始めてください。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠