マイカーを持たない人が入るドライバー保険

ペーパードライバーのイメージ

マイカーを持たなくても、運転する機会がある人であれば自動車保険は必要になります。

自分の車を所有していない人は、頻繁に車を運転する人の入る通常の自動車保険は必要ありません。その代わり、ペーパードライバーや、他人の車を運転する機会が多い人向けの「ドライバー保険」に加入しておけば、友人などから借りた車を運転する場合にも安心です。

ドライバー保険には、運転免許さえあれば加入することができます。

また、ドライバー保険は、保険料の安いネット系の保険会社でも取り扱っていますので、保険料を節約したい人は、優先的に通販型保険会社のドライバー保険を検討すると良いでしょう。

ドライバー保険では何が補償されるの

ドライバー保険でも、一般的な自動車保険と同等の補償を受けることができます。

ドライバー保険の補償

ドライバー保険で付帯できる保険

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険

人が絡む事故の場合の対人賠償保険と、物が相手の事故の場合の対物賠償保険は自動車保険の基本となりますので、ドライバー保険でもセットで補償されます。

また、運転者や同乗者がケガをした場合に補償される人身傷害保険もセットされています。

ただ、ドライバー保険を提供している保険会社の中には、車両保険をセットすることができない保険会社もありますので注意してください。

ドライバー保険の保険料

保険料が高くて困る人のイメージ

保険料は、ドライバー保険に加入する人の年齢によって異なります。

通常の自動車保険と同様に、運転者の年齢による「年齢条件」により保険料が決まりますが、通常の自動車保険のように年齢条件は細かく区分されていないようです。

ドライバー保険の年齢条件

  • 21歳未満補償
  • 21歳以上補償

契約者の年齢による年齢条件は、上記のように2種類に分かれていますが「21歳以上補償」の方が保険料は安くなります。統計的に、年齢が上がれば事故を起こす確率が減るので保険料も安くなるのです。

では、ドライバー保険の保険料がどれくらいになるのか「損保ジャパン」の場合でみていきます(新たにドライバー保険に加入(6等級・事故有係数適用期間0年)する場合)

プラン 補償内容 保険料
21歳未満 21歳以上
基本プラン 対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
人身傷害保険:3,000万円(入通院定額給付金対象外)
58,130円 33,350円
充実プラン 対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限(自己負担額なし)
人身傷害保険:3,000万円(入通院定額給付金10万円)
人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約:1,000万円
63,170円 37,050円

ドライバー保険のある保険会社

  • 三井ダイレクト損保
  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン日本興亜
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 三井住友海上
  • 共栄火災

先頭の三井ダイレクト損保だけが通販型の保険会社で、それ以外は代理店型の保険会社になります。

よって、ドライバー保険の保険料を安くしたいと考える場合は、優先的に「三井ダイレクト損保」で見積もりしてみると良いでしょう。

また、上記の保険会社の中で「車両保険」も付けられる保険会社は以下に挙げたものです。

  • 三井ダイレクト損保
  • 東京海上日動
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 三井住友海上

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

ドライバー保険の等級制度

ドライバー保険にも通常の自動車保険と同様の等級制度があります。

等級制度の仕組みは通常の自動車保険と同じで、事故を起こしてドライバー保険を使わなければ、翌年には等級が1つ上がります。これに伴って、保険料の割引率が上がり保険料が安くなっていきます。

これを繰り返して、徐々に保険料割引率が上がり保険料が安くなっていきます。これは、通常の自動車保険と同じ仕組みです。

ただ、ドライバー保険の等級制度と通常の自動車保険の等級制度との連携はありませんので、ドライバー保険の等級を通常の自動車保険に引き継ぐことはできません。

従って、マイカーを所有するようになって自動車保険が必要になった場合は、新規で自動車保険に加入しなければならないのです。

ドライバー保険以外の保険もある

ドライバー保険以外にも、運転するときだけ入れる保険があります。

これは、運転する1日だけ入れる保険で、「ちょいのり保険」や「1DAY保険」という名称で販売されているものです。

1DAY保険(24時間単位型自動車運転者保険)

申し込みは、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどからできます。

また、「1DAY保険」は、セブンイレブンのマルチコピー機で申し込むことも可能です。この場合、保険料はレジで支払います。

利用する場合は、最初に「事前登録」をします。

その後、ネットから「運転者の氏名、生年月日、運転免許証番号、運転する車のナンバー」などを登録します。

保険料も非常に安く、1日あたり500円から利用することができます。

連続で利用(最長7日)することもできますが、あまり長期間の利用となるのなら、ドライバー保険に加入した方が保険料が安くなる場合もありますので、1日とか2日程度の利用と割り切った使い方がベストです。

まとめ

この記事のまとめ

  • ドライバー保険にも対人・対物・人身傷害の補償がある
  • 等級制度もあるが通常の自動車保険へ引き継げない
  • 1日とか2日だけ保険が必要なら短期間だけ入れる保険もある

記名被保険者、記名被保険者の配偶者(内縁を含む)または記名被保険者の同居の親族が所有する自動車、記名被保険者が役員となっている法人の所有する自動車は、ドライバー保険の対象外です。

同居親族が所有する車で事故を起こした場合は、その車の自動車保険を使うことになり、自分のドライバー保険ではありませんので勘違いしないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠