タイヤのパンクで車両保険は使えるの

タイヤのイメージ

走行中に釘やガラス片などを踏んでしまってタイヤがパンクした場合や、縁石でこすってタイヤが切れた場合、もしくは、駐車中に刃物で切られたり、千枚通しなどで穴を明けられた場合、自動車保険の車両保険で補償してもらえるのでしょうか?

タイヤも韓国製などの格安なタイヤの場合なら、損害も大した額にはならないでしょうから諦めもつきますが、国産などの高価なタイヤの場合は車両保険で補償してもらいたいものです。

こいうケースは稀にあることだと思いますが、結論からいえば、タイヤ単独では補償の対象とはなりません。従って、保険金も支払われません

タイヤだけが損害を受けても車両保険は使えない

ここがポイント

車両保険でタイヤの損害がカバーできるのは、火災に遭ったときや、盗難に遭ったときとなりますので、それ以外のパンクなどで損害を受けた場合では車両保険の補償対象外となります。

車両保険には「一般車両」や「エコノミー+限定A」などの種類がありますが、どの種類の車両保険でも同じで補償の対象にはならないのです。

有名なメーカーの高額なタイヤを装着していた場合でも、タイヤのパンクによって車両保険が使えることはありません。

保険会社の約款にも「被保険自動車の他の部分と同時に損害を被った場合または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合を除き、タイヤ(チューブを含む)に生じた損害は除外します」と書かれていますので、タイヤ単体のパンクなどの損害は補償の対象にならないのです。

これは、タイヤは消耗品だからという理由のようです。

走行すればすり減り、年月が経てば劣化しますので、消耗品としてのタイヤを車両保険を使って修理や買い替えることができないのです。

もし、消耗品としてのタイヤの修理や交換に車両保険が使えてしまえば、古くなったタイヤを新しいタイヤに交換するために保険が使えてしまうことになります。

タイヤのパンクはロードサービスが使える

現在の自動車保険には、ロードサービスが自動で付帯するようになっています(セゾン損保ではロードサービスを付帯しないも選択できます)。

事実、通販型でも全ての保険会社で自動付帯となっています。

タイヤのパンクならば、車両保険よりもロードサービスを利用するのが正解でしょう。

契約者ならば、ロードサービスを依頼しても無料で「スペアタイヤへの交換」を行ってもらえますし、ロードサービスを利用したからといって、等級が下がることもありません。

ただし、タイヤのパンクでロードサービスを利用する場合は、保険期間中で1回のみなどという制限事項が付いている場合もありますので、頻繁には利用できない可能性もあります。しかし、タイヤのパンク自体がそれほど頻発するものでもありませんので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

また、JAF会員の方ならば無料でスペアタイヤへ交換してもらえます。ただ、JAF非会員の場合は、1万円以上の料金が発生しますので、料金的な面から考えても自動車保険のロードサービスを利用する方が得になるでしょう。

JAFパンク修理費用とロードサービスを比較

一般道でパンク修理を依頼した場合の、JAFとロードサービスの料金を比較したものが下記になりますが、ロードサービスとJAF会員の場合は、昼夜の区別なく無料で対応してもらえますが、JAF非会員の場合だと、1万円以上の費用がかかることになります。

ロードサービス JAF会員 JAF非会員
昼間 夜間
無料 無料 12,880 14,940

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

他の部分と一緒に損害を受けた場合は車両保険が使える

では、どういう場合ならタイヤの損害に車両保険が使えるのでしょうか?

保険会社の約款には、「他の部分と同時に損害を被った場合または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合」は、タイヤの損害も補償されると書かれています。

例えば、車を電柱に衝突させてしまい、バンパーやボディ、タイヤなどに損害を受けたという場合は、約款の「他の部分と同時に損害を被った」ことになりますので、車の修理費などと一緒にタイヤも補償されます。

普通に走行していてタイヤがパンクした場合でも、タイヤと同時に他の部分に損害を受ければ、タイヤもタイヤと同時に損害を受けた部分も車両保険を使って修理することが可能となります。

しかし、走行中にタイヤがパンクする場合は、通常、タイヤだけが損害を受け、他の箇所には損害がないのが普通ですから、よって、こういうケースの場合は車両保険を使うことはできません。

また、火災でタイヤだけが焼けるということは無いでしょうし、タイヤだけが盗難にあうこともないでしょう。タイヤが盗難に遭う場合は、普通、ホイールも一緒に盗まれます。

このように、車の他の部分のボディやホイールなどにも損害があった場合は、その損害のあった部分と一緒にタイヤも補償されるのです。

ただし、社外品のような高価なホイールやタイヤを装着していても、その購入時の金額の全額が補償されるのではなく、あくまでも時価で評価され保険金が支払われます。

まとめ

この記事のまとめ

  • パンクなどタイヤのみの損害では車両保険は使えない
  • タイヤと一緒に他の箇所も損害を受けたのであれば車両保険は使える
  • タイヤのパンクだけならロードサービスを使うのが正解

自動車保険のロードサービスは、案外と利用されていないという調査結果もあります。

しかし、せっかく自動車保険に自動で付帯しているのですから、タイヤのパンクなどの緊急事態には積極的に利用しなくては損になるというものです。等級に影響することもありませんので、JAFに入っていないのならロードサービスを利用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠