外国人の自動車保険:日本語が理解できれば加入も可能

国際運転免許のイメージ

日本の自動車保険は日本人のための保険ですが、外国人や外国籍の人であっても加入することは可能です。

外国人の人が日本の国籍を取得し日本の運転免許も取得している場合であれば、外国人であっても問題なく加入できます。もしくは国際運転免許を持っていれば、その国際運転免許でも加入することができます。

外国人・外国籍の人が自動車保険に加入する条件

外国人のイメージ

冒頭でも説明しましたが、国際運転免許で任意保険に加入する場合は、国際運転免許の有効期限に注意しなければなりません。

有効期限は国際運転免許が発行されてから1年間で、更新制度はありません。したがって、有効期限を延長する場合は、現在の免許証を返納した上で新規発給の申請をしなければなりませんので注意が必要です。

また、自動車保険の見積もりや申し込みをする際には、日本語が理解(日本語の読み書き)できていないと難しい面があります。

それは、保険会社のホームページや申し込みのための書類が日本語でしか提供されていないからです。そのため、日常的な日本語の会話はできるが読み書きはできないという場合は、難しいかもしれません。

ある程度の読み書きなどができ、会話に支障が生じない状態でなければ現実的ではないと言えるでしょう。

外国人・外国籍の人が任意保険を申し込みするための条件

外国人・外国籍の人でも下記の条件を満たせば、日本の自動車保険に加入することはできます。

  • 日本に居住し在留カードおよび特別永住者証明書を所持している
  • 外国人登録がある
  • 日本語の会話や読み書きができる
  • 日本の銀行口座を持っている

なお、観光ビザや就学ビザで日本に滞在している場合は、自動車保険には加入できません。

くどいようですが、日本語の会話や読み書きが支障なくできることが条件となります。自動車保険の契約に関す各種の書類(重要事項説明、告知書、約款など)を理解しなければなりませんので、日本語ができることは必須です。

また、日本の銀行などに口座を持っていることも条件になります。これは、保険料の支払いなどに利用するために必要となるものです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

短期滞在ならレンタカーという手もあるが

国際運転免許があれば誰でもレンタカーを借りることができますし、レンタカーには自動車保険が必ず付いていますので、レンタカーであれば事故のときの補償も受けられます。

短期滞在で車を運転する必要がある人は、レンタカーを利用するという手があります。

しかし、滞在期間中に頻繁に車を運転する必要があるのなら、その都度レンタカーを借りても不経済になるだけですから、そういう状況の場合は、短期間だけ任意保険に加入し、必要な期間の終了後に保険を解約するという方法もあります。

外国人が短期間だけ任意保険に加入するときの注意点

前提となる条件)日本語の会話・読み書きができること、もしくは、配偶者などで常に日本語のサポートをしてくれる人が傍にいること。

滞在期間中の短期間だけ任意保険に入る場合は

  • 保険料の支払いを月払いにすること
  • 月払いのある保険会社を選ぶこと

この2点に注意してください。

保険料の支払い方法には、年払いと月払いの2種類があります。

年払いは年間分の保険料を一括で支払う方法で、途中解約した場合に解約月以降の保険料が全額返金されないというデメリットがあります。そのため、契約期間の途中で解約することを前提として任意保険に入る場合は、年払いを選択しない方が良いのです。

月払いは、保険料を毎月支払う方法ですから、解約月以降の保険料を支払う必要はなく、年払いのように金銭的なデメリットはありません。

保険料の支払いに月払い(口座振替で)を選択できる保険会社は代理店型(保険料が高めとなる)の保険会社に多く、保険料の安い通販型の保険会社では、アクサダイレクトのみとなっています。

よって、代理店型の保険会社の中から加入できる保険会社を探すか、通販型の中で唯一口座振替で月払いのできるアクサダイレクトで契約するかになるでしょう。

なお、外国籍の短期滞在者の保険契約を嫌う保険会社もありますので、受け入れ可能な保険会社を探す手間はかかるかもしれません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠