車のドアで指を挟んだ!自動車保険は使えるの?

指や手を挟んでケガをしたイメージ

子どもが車のドアで指を挟んでケガをした場合に、治療のために自動車保険は使えるのかという疑問がでてきます。車の事故(指を挟む事故)でケガをしたのですから、自動車保険を使えそうなのですが、実際はどうなのでしょうか?

子どもやお年寄りが車の乗降時に、ドアで手や指を挟んでケガをすることは十分に考えられる事故です。

このような場合に、自動車保険の任意保険で補償を受けることはできるのでしょうか?

ドアで指を挟んでも任意保険で補償される

例えば、子どもの指がドアの隙間などにかかっているのを親が気づかず閉めてしまった、という事故は稀に起こるようで、ドアは重さもあり強度も高くなっていますので、最悪のケースだと骨折してしまうこともあります。

ここがポイント

自動車保険には自賠責保険と任意保険がありますが、このようなケースの場合は、任意保険の人身傷害保険か搭乗者傷害保険で補償されます。

ただし、人身傷害保険や搭乗者傷害保険は任意保険に入る際に任意で付帯する保険ですので、加入時にこれらの保険を付帯している場合のみとなります。

ドアで指を挟んだケガは人身傷害保険や搭乗者傷害保険で補償

人身傷害保険や搭乗者傷害保険は、運転者や同乗者がケガをしたときの補償をする保険となりますので、今回のケースのように車に乗ろうとしたときに「指を挟んでケガ」をした場合でも、これらの保険が使えることになります。

搭乗者傷害保険は契約金額の範囲内で補償

搭乗者傷害保険は、事故を起こした車に乗っていた人が死傷した場合に、過失の有無に関係なく保険金が支払われる傷害保険です。

搭乗者傷害保険では、運転席・助手席・後部座席の場所を問わず搭乗者全員が補償されますので、手や指を挟んでケガをしたのが助手席であろうと後部座席であろうと補償の対象になります。

なお、補償される金額は、搭乗者傷害保険の保険金契約金額の範囲内ということになります。

人身傷害保険は実際の損害額で補償

人身傷害保険は、事故を起こした車に乗っていた人が死傷した場合に、過失割合に関係なく治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。

搭乗者傷害保険が契約金額の範囲内で定額の保険金が支払われるのに対して、人身傷害保険では実際の損害額をもとにして保険金が支払われます。

また、人身傷害保険の種類(タイプ)にもよりますが、契約車両以外の車に乗っているときの事故や、歩行中に自動車事故で死傷した場合でも補償の対象になります。

自動車保険の約款には、人身傷害保険の補償範囲について「自動車の正規の座席に搭乗中の人が偶然起きた事故によってケガを負った場合」にも補償されると明記されています。

よって、人身傷害保険でも「乗降中に手や指を挟んだケガ」が補償されます。

ここで気になるのが、約款中の「正規の座席に搭乗中」の部分です。座席に搭乗中という部分を、どうとらえれば良いのでしょうか?

正規の座席に搭乗中とは?

自動車保険の約款の文中にある「自動車の正規の座席に搭乗中」というのは、車への乗降中などの一連の動作も含まれます。

正規の座席に搭乗中、所謂、乗っている状態とは以下のような場合をいいます。

  • 座席に座っている
  • 乗り降りの最中

座席に座っている状態というのは、運転席、助手席、後部座席の別を問いません。正規の座席であれば、乗っている状態となりますが、荷台に乗っているような場合は、正規な座席とは言えませんから(違法行為ですし)、補償の対象とはなりません。

乗り降りの最中の解釈は、完全に車外にいる状態でドアの開け閉めをしていれば、乗り降りの最中であっても「乗っている」とは言えませんので、補償の対象とはなりません。

しかし、片足でも車内にある状態であれば「乗っている」と言えますので、補償の対象となります。

今回のケースの場合でも、乗降動作の中で片足が車内についていれば、ドアで手や指を挟んでケガをしても搭乗者傷害保険や人身傷害保険で補償されると考えて良いでしょう。

なお、保険会社によって判断が分かれる場合もありますので、保険会社に確認してから保険金の請求をすると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

保険を使っても等級が下がらない

人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても、翌年からの等級は下がりません。

よって、他に等級の下がるような事故を起こして保険を使っていなければ、翌年からの保険料が上がることもありませんし、翌年には通常通り1等級上がることになります。

これらの保険を使っても、保険会社は「ノーカウント事故」として処理しますので、翌年からの等級がダウンすることがないのです。

ノーカウント事故というのは、保険会社が事故としてカウントしないという意味です。

まとめ

車のドアで指や手を挟んでケガをしても、任意保険に人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険を付帯してあれば、それらの保険から保険金を受け取ることができます。

この記事のまとめ

  • 人身傷害保険や搭乗者傷害保険で補償される可能性あり
  • 人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても等級は下がらない
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠