友人に運転を交代しての事故!自動車保険の補償は?

車のイメージ(友人に車を貸す)

友人に自分の車の運転を交代してもらうことがありますが、もし、友人に運転を交代してから事故を起こしたら、自分の自動車保険で補償されるのでしょうか?

自動車保険は、通常、保険を契約した車に対してかけられているものなので、原則として友人が運転していた場合でも、補償される可能性があります。

ただし、自動車保険の契約に「運転者限定特約」を付帯していない場合か、付帯してあっても運転者限定特約の運転者を「特に限定しない」とセットしている場合に限られます。

運転者限定がセットしてあれば補償は難しい

まず、運転者限定が何かというおさらいです。

運転者限定特約は、契約している車を運転する人を限定することで、事故のリスクを小さくすることを目的とした特約で、付帯することで保険料が割り引かれるというものです。

運転する人の人数が多ければ事故のリスクが高くなりますが、反対に、運転する人を少なく限定すれば事故リスクは低くなります。そのために、契約車両を運転する人を限定するかわりに、保険料を安くしますという特約なのです。

運転者限定の限定の種類

運転者限定の種類

  • 本人限定(本人のみ)
  • 夫婦限定(本人と配偶者のみ)
  • 家族限定(同居家族のみ)
  • 限定しない(誰が運転していても補償)

運転者限定には、これらの種類があります。保険料は、限定の範囲が狭いほど安くなりますので、上記でいえば「本人限定」が最も安くなります。

よって、保険料でみれば

限定しない>家族限定>夫婦限定>本人限定となり、左に行くほど保険料は高くなります。

» 自動車保険の運転者家族限定特約の家族の範囲とは

また、補償の面で考えれば、運転者限定の「限定しない」以外は、運転する人を本人や配偶者などに限定していることから、友人などの他人が運転していた場合は補償されないのです。

よって、運転者限定を「本人限定・夫婦限定・家族限定」にセットしている場合は、自動車保険での補償は難しくなります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

運転者限定を「限定しない」にセットしてあれば補償される

ここがポイント

自動車保険に加入する場合は、契約時に「運転者を限定」するかどうか問われますので、契約している人のほとんどが「運転者限定特約」で運転者の範囲を設定しているようです。

しかし、契約者の中には、配偶者や家族以外の人が運転する可能性がある人もいるでしょう。

そういう場合は、運転者限定を「限定しない」にセットしていると思われますので、この場合なら、自分の車を友人などの他人が運転して事故を起こした場合でも、自分の自動車保険で補償されることになります。

年齢条件は関係ないのか

自動車保険には運転者限定と同様に、契約車両を運転する人の年齢を限定し、事故のリスクを低くくする仕組みがあります。

年齢条件も運転者限定と同じく、セットしていれば保険料が割引される仕組みですから、年齢条件をセットしているケースが多いそうです。

では、契約に年齢条件をセットしている場合、自分の車を友人が運転していての事故で保険は使えるのでしょうか?

年齢条件の種類

まず、運転者年齢条件には下記の種類があって、それぞれの年齢条件の年齢以上の人だけが補償されるようになっています。

  • 年齢を問わず補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

年齢条件は誰にでも適用されるわけではなく、適用されるのは「記名被保険者」「配偶者」「同居親族」となり、他人にである友人には年齢条件が適用されません。

つまり、自動車保険の年齢条件がどのようにセットされていても、年齢条件適用の対象とならない友人は補償の対象となるのです。

まとめ

自分の車を友人が運転していての事故でも、自分の車の任意保険の契約内容によって補償される場合と、補償されない場合とに分かれます。

補償されるのは

  • 運転者限定をセットしていないか、もしくは、限定なしでセットしている場合
  • 年齢条件は友人には適用されないので何歳以上でセットしていても大丈夫

となりますので、自分の車を友人や知人などの他人が運転する機会の多い人は、正しく理解しておいてください。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠