長期契約は本当に得なのか?自動車保険の3年契約のデメリットは?

自動車保険の契約のイメージ

自動車保険の契約は1年ごとと考えている方も多いと思いますが、保険会社によっては3年契約などの長期で自動車保険を契約することができます。

長期契約は、1年契約と違って毎年の面倒な更新手続きを省くことができますし、長期で契約することで保険料が割引になるなど、お得と思える契約形態のようですが、長期で自動車保険を契約すると本当に得なのでしょうか?

ここでは、通常の1年契約と長期の3年契約では、どこがどう違うのか?3年契約などの長期契約のデメリットなどを確認していきます。

長期契約は保険料が割安などのメリットがある

車の保険のイメージ

自動車保険の長期契約は2年以上で契約する場合をいいます。

長期契約できる年数は保険会社によって異なりますが、2年~最長7年までの期間で契約できます。一般的には3年で契約をする人が多いそうです。

保険料を支払う場合も、後述する「保険料の支払い方法」のように色々な支払いパターンが用意されていますし、保険期間分の保険料を一括で支払う必要もありませんので、保険料の支払い方で困ることはありません。

ただし、保険料の支払い方法は保険会社で異なりますので要注意です。

保険料の支払い方法

  • 保険期間分を一括で支払う
  • 1年契約と同様に1年ごと支払う
  • 月払いの分割で支払う

この中から契約する人が自由に選択して保険料の支払い方法を決めます。

一般的な1年契約の場合とほとんど変わらないので、保険料の払い方としては長期(2年以上の契約)も短期(1年契約)も変わらないのです。

長期契約のメリット

  1. 1年契約よりも保険料の割引率が高い
  2. 事故で保険を使っても翌年の等級が下がらない
  3. 保険料の値上がりが直ぐに反映されない
  4. 途中解約でも違約金が発生しない

通常の1年契約の場合は、事故で保険を使うと直ぐに等級に影響がでますので、翌年以降の保険料は高くなってしまうのですが、長期の3年契約などの場合は、翌年すぐに等級がダウンすることにはならないのです。

よって、翌年からの保険料に影響を及ぼすことはありません。

保険料に影響する可能性があるのは長期契約の次の更新時です。

つまり、事故を起こして保険を使ったとしても、長期契約(例えば、3年間)の契約期間中は保険料が上がることがないのです。

また、保険料についても割安になる可能性があります。なお、一般的に1年契約の場合よりも、長期契約の方が保険料の割引率が高い保険会社が多くなっています。

保険料にどれくらいの差がでるか

実際に、保険会社で見積もりしたもので確認していきます。

モデルケースとして、35歳の人が10等級で3年の長期契約をした場合で試算してみます。

なお、一般的な補償は、すべて付帯した場合の見積もりです(付帯内容、車両保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、運転者限定など)。

契約 1年目 2年目 3年目
3年契約 88,830円 77,010円 69,180円
1年契約 88,830円 78,170円 69,220円

契約の1年目は、1年契約でも3年契約でも同じ保険料になりましたが、2年目以降になれば3年契約の方が保険料は安くなっています。

よって、短期契約(1年契約)よりも長期契約の方が保険料は安いことになります。

事故で保険を使っても契約時の保険料が維持される

1年契約の場合、保険期間中に事故を起こさないという前提で保険料が算出されているのですが、これは、長期契約の場合でも同様で、保険期間中(3年など)に事故を起こさないことを前提として保険料が決められています。

そのため、加入時が10等級であれば、翌年は11等級、その翌年は12等級となることを前提としているので、等級が上がったことによる保険料割引率がアップする分だけ保険料は年々安くなっていきます。

また、1年契約と違って、事故を起こしてもすぐに等級に反映されないため、契約時に決められた保険料が維持され高くならないのです。

そのため、事故で保険を使っても保険料が直ぐに上がらないというメリットが感じられると思います。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

長期契約のデメリット

一見よさそうな長期契約なのですが、長期契約にもデメリットはあります。

  • 保険料の安い通販型では扱っていない
  • ゴールド免許などの割引が受けられない
  • 支払方法を変更することができない
  • 保険を使いすぎてしまう

長期契約は、保険料を安くできる通販型の保険会社では扱っていません。

そのため、長期契約を希望する場合は、必然的に代理店型の保険会社を選ばざるを得ないため、どうしても保険料は高くなってしまいます。

ゴールド免許などの割引が受けられない可能性が

長期契約の場合は、契約期間が3年などと長期になりますので、その間に免許証の色がブルーからゴールドになることも考えられます。

しかし、保険会社によっては、保険期間中は免許証の色などの契約内容を変更しても、保険料に反映することができない場合があります。これは、ゴールド免許割引などの割引制度が適時に利用できないというデメリットになります。

保険を使いすぎてしまう

もっとも大きいデメリットはこれかもしれません。

長期契約の場合は、事故で保険を使っても等級がダウンするのは、3年契約であれば4年目の契約更新のときです。

つまり、契約期間中の3年間は、保険を使っても等級は下がりませんし、それに伴って保険料も上がることはありませんので、つい保険を使い過ぎてしまう可能性があるのです。

1年契約であれば、軽い自損事故で保険を使っても、翌年からの等級がダウンし保険料に直ぐに影響しますから、安易に保険で修理しようとは考えない傾向にあります。

しかし、3年契約では、等級ダウンや保険料アップが直ぐに表れないので、軽い事故で自腹で修理できる場合であっても、直ぐに保険を使ってしまう可能性があるのです。

自動車保険を使い過ぎれば、次の契約更新のときにすべてが反映されてしまい、保険料がかなり高くなってしまうことになりますので、注意して保険を使うように心がけなければならないのです。

保険を使ったときの等級の推移

事故で保険を使った場合の等級の変化を3年契約の場合と1年契約の場合で比較してみましょう。

それぞれの契約の1年目に事故(3等級ダウン事故)で保険を使った場合、1年契約と3年契約の等級の推移は下記のようになります。

契約 1年目 2年目 3年目 4年目
3年契約 10等級 10等級 10等級 9等級
1年契約 10等級 7等級 8等級 9等級

1年契約の場合は、保険を使った翌年に3等級下がり、その後、1年単位で等級が回復していきます。

一方、3年契約の場合は、保険を使っても翌年からの等級は、加入時の等級が維持され変化することはありません。保険料も、1年契約と違って3年間は上がりませので、一見お得感はあります。

しかし、前述のように保険を使い過ぎてしまうと、そのしわ寄せが一挙に4年目の更新時に来ることになりますので、保険料の負担は厳しいものになる可能性があります。

長期契約を途中で解約する場合

長期契約の場合でも、現在の契約を途中で解約することは可能ですし、違約金なども発生しません。

3年契約などの長期契約を解約して、保険料の安い通販型の保険会社へ乗り換えようとする場合でも、基本的に乗り換えは可能です。

ただし、現在の長期契約の「始期日」に合わせて、解約から通販型の保険会社での契約を行わなければなりません。

例えば、通販型のソニー損保の場合は、「現在の契約の保険期間が2~5年」の場合は乗換えできます。

長期契約の途中から乗換えたい場合、1年単位で「保険始期日」と「年違いの同月同日」であれば、インターネットで手続できます。その際、等級と事故あり係数適用期間も引継がれます。

つまり、保険始期日が11月30日であれば、年違いの11月30日でなければ乗り換えの手続きができないことになるのです。

なお、通販型のすべての保険会社が長期契約からの切り替えに対応している訳ではありません。

ソニー損保、セゾン損保、SBI損保などでは長期契約からの乗り換えに対応していますが、その他の保険会社では未対応となっている場合がありますので注意してください。

等級は加入時の等級が引き継がれる

長期契約を途中解約して通販型の自動車保険へ乗り換える場合、等級は長期契約に加入した時点の等級が引き継がれます。

例えば、15等級で長期契約をして1年が経過した時点で解約し他社へ乗り換える場合、加入時の15等級が他社へ引き継がれます。1年が経過しているのですから、16等級ではないかと疑問になると思いますが、等級は据え置かれていますので加入時の等級が引き継がれることになります。

ただ、通販型の保険会社の場合は、長期契約から短期契約への切り替えに積極的に対応している保険会社は少数派となりますから、加入できる保険会社は限定されるでしょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 長期契約は保険料の割引率が短期契約よりも大きい
  • 長期契約でも1年単位で保険料を支払える
  • 長期契約を解約しても違約金は発生しない
  • 長期契約から1年契約へ切り替える場合は長期契約加入時の等級が引き継がれる
  • 通販型の自動車保険には長期契約はない
  • 長期契約は保険を使い過ぎてしまう可能性がある。これが長期契約の最大のデメリットかもしれない
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠