車検の切れた車で事故を起こしても任意保険で補償されるの

事故のイメージ

車検の切れた車を運転していて事故を起こした場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険で補償されるのでしょうか?

車検の切れた「無車検車」を一般道などで運転することは法律で禁止されていますので、こういう車検のない車で事故を起こしても、任意保険などで補償されないように思われますが、自賠責保険や任意保険の有効期限が残っているのなら、たとえ車検が切れた車の事故であっても補償される可能性があります。

ただし、車検の切れた車を運転した場合は、罰則規定に従って処分されます。

車検切れで事故!補償はどうなるの

ここがポイント

冒頭でも触れましたが、車検切れであっても任意保険の有効期限内なら、事故の被害者を救済するための補償を受けられる可能性があります。

この辺は、加入している保険会社の判断によることになりますが、原則として事故の補償は受けられると考えて良いでしょう。

ただし、全ての保険会社が「無車検車(車検の切れている車)」での事故で保険金を支払うとは限りませんので、そういう事態になったときに確認しなければなりません。

なお、任意保険から補償を受けられる場合であっても、任意保険から支払われる保険金は、自賠責保険の補償上限を超えた分のみとなりますので、もし、車検と一緒に自賠責保険も切れている場合は、自賠責保険の補償額分は自己負担することになります。

任意保険の保険金は自賠責保険の補償限度額を超えた分のみ

任意保険から支払われる保険金は、自賠責保険の補償額の上限を超えた分が支払われる仕組みになっています。

自賠責保険の補償上限額

自賠責保険の補償は下記のようになっています。

  • ケガ:上限120万円
  • 死亡:上限3,000万円
  • 後遺障害:上限4,000万円

任意保険から支払われる保険金は、上記の自賠責保険の補償上限額を超えた分のみが支払われますので、車検と一緒に自賠責保険も切れていれば、自賠責保険の保険金分は全額自腹を切ることになります。

例えば、人身事故で被害者が死亡し5,000万円の損害賠償金を請求された場合で考えてみます(自賠責保険は車検と同時に切れていたとした場合です)。

この場合、任意保険で補償される保険金の額は

損害賠償金-自賠責保険の死亡補償上限=任意保険の保険金と計算しますので
5,000万円-3,000万円=2,000万円

よって、5,000万円の損害賠償に対して任意保険からは2,000万円しか支払われないことになります。

残りの3,000万円は全額自己負担です。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

運転者の補償と車の補償はどうなる

運転者本人に対する補償は、人身傷害保険や搭乗者傷害保険が使えます。

ただし、これらの保険は任意加入となる保険ですので、自分の任意保険に付帯してあればということになりますが、「車検切れの車での事故」で人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使うことを、保険会社がどう判断するかによって、保険を使えない場合があるかもしれません。

通常、保険には免責事由(保険金を支払わなくても良い理由)がありますので、「車検切れでの事故=運転者の重大な過失」と判断されれば、補償は受けられません。

次に、車の損害についてですが、これも人身傷害保険や搭乗者傷害保険の場合と同様で、車の損害が運転者の重大な過失によるものとなれば、車を修理するための車両保険は使えないことになります。

いずれの場合も、保険会社がどう判断するかによります。

車検切れ自賠責保険はどうなるの

車検が切れていても、自賠責保険の有効期限内なら自賠責保険でも補償される可能性があります。

通常、車検の有効期限と自賠責保険の有効期限は同じになりますが、車検の有効期限よりも自賠責保険の有効期限の方が長く(1か月程度)設定されている場合があります。

この場合は、自賠責保険の有効期限内であれば、車検が切れていても補償される可能性がありますので、自賠責保険の保険会社に問い合わせすると良いでしょう。

車検切れと自賠責保険切れの罰則

参考までに、車検が切れていた場合の罰則と違反点数、自賠責保険が切れていた場合の罰則と違反点数を載せておきます。

違反項目 罰則 違反点数
車検切れ 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金 6点
自賠責切れ 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 6点

両方の違反点数をたすと12点となりますので、免許停止処分となってしまいます。さらに、罰金も支払わなければなりません。

まとめ

この記事のまとめ

  • 車検が切れていても任意保険が有効なら補償される可能性あり
  • 同様に自賠責保険でも補償される可能性はある
  • 運転者や同乗者も人身傷害保険や搭乗者傷害保険で補償される可能性あり
  • ただし、保険会社が保険金の支払いを拒否する可能性も残る

任意保険や自賠責保険の補償期間が残っていても、車検が切れている状態であれば、保険会社によっては保険金の支払いを拒否する可能性がありますので、保険金を請求する場合は、事前に保険会社への確認が必要になるでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠