単独事故のときに運転者と同乗者の補償はどうなる

雪道でスリップのイメージ

最初に、単独事故とはどういう事故のことをいうのか再確認します。

単独事故というのは、電柱、門、塀、ガードレールなどを相手にして起こした事故や、信号待ちで停車中の車に追突した場合、相手はいるものの相手に過失がなかった事故の場合をいいます。

では、単独事故を起こしたときに運転者や同乗者は、どの保険で補償されるのでしょうか?

運転者に対する補償は

物損事故のイメージ

事故に遭ってケガをした場合や、最悪のケースとして死亡した場合には、事故の相手の自動車保険から保険金が支払われ補償されますが、事故が単独事故の場合は、自分の加入している自動車保険でケガなどの治療費を賄わなければなりません。

ただ、運転者のケガや死亡に対しては、自賠責保険も任意保険の対人賠償保険も使えません。

自賠責保険は、事故により死傷した被害者を救済することを目的としていますが、運転者は被害者となりませんので、自賠責保険からの補償は受けられず、したがって、保険金も支払われません。

同様に、任意保険の対人賠償保険も、自賠責と同様に事故の被害者を救済する目的をもった保険ですので、たとえ運転者が死亡したとしても保険金が支払われることはありません。

単独事故で運転者が死傷した場合に使える保険

単独事故において、運転者自身のケガの治療費などの損害を補償してくれるのは、「自損事故保険」「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」の3種類の保険です。

この中で、自損事故保険は、通常、対人賠償保険に自動付帯となる保険ですので、ほとんどの保険契約に付帯されているハズです。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、保険を契約するときに任意で付帯する保険なので、人によっては契約に付帯していない場合もあるようです。

自損事故保険の補償は必要にして最低限

自損事故保険でケガをした運転者を救済することはできますが、補償額は低く設定されているのが一般的です。

自損事故保険では、単独事故で死亡した場合の保険金は1,500万円と、自賠責保険の死亡保険金3,000万円よりも低い補償額となっています。

よって、自損事故保険では、最低限の補償しかされないことになりますので、万一の事故で運転者や同乗者が死傷した場合に備えて、人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入しておくと良いでしょう。

搭乗者傷害保険は過失割合に無関係

搭乗者傷害保険は、事故を起こした車に乗っていた人が死傷した場合に、過失の有無に関係なく保険金が支払われる傷害保険で、保険を使っても等級がダウンしないという特徴があります

搭乗者傷害保険の主な特徴

  • 保険契約車両で事故を起こし「死傷」をした場合に補償
  • 搭乗者全員を補償(運転席・助手席・後部座席の場所を問わず)
  • 過失割合は無関係
  • 車対車だけではなく単独事故でも補償
  • 損害額の確定前でも保険金を受け取れる
  • 保険を使っても等級が下がらない

なお、支払われる保険金の額は、保険の契約金額によって異なります。

人身傷害保険は実質の損害で補償

人身傷害保険は、事故を起こした車に乗っていた人が死傷した場合に、過失割合に関係なく治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。

また、人身傷害保険の種類(タイプ)にもよりますが、契約車両以外の車に乗っているときの事故や、歩行中に自動車事故で死傷した場合でも補償の対象になります。

人身傷害保険の種類は、契約車両に乗っている場合だけ補償される「車内のみ補償」と、契約車両以外の車に乗っているときや歩行中でも補償される「車内・車外とも補償」の2種類です。

人身傷害保険の特徴

  • 過失割合とは無関係に保険金が支払われる
  • 治療費、休業補償、慰謝料を補償
  • 契約車両のほか、他人の車や歩行中の事故も補償(タイプによる)
  • 単独事故、当て逃げなども補償
  • 示談交渉の結果とは無関係に保険金を受け取れる
  • 保険を使っても等級がダウンしない

支払われる保険金の額は、搭乗者傷害保険と同様に保険の契約金額によって異なります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

同乗者に対する補償は

同乗者がケガや死亡した場合は、単独事故であっても通常の事故の被害者と同じで、自賠責保険、任意保険の対人賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険で補償されます。

ただし、同乗者が運転者の家族の場合は、対人賠償保険の対象外となりますので、対人賠償保険以外の保険で補償されます。

なお、人身傷害保険を付帯している場合、単独事故の保険金は「自損事故保険」の保険金よりも「人身傷害保険」の保険金が優先して支払われるため、自損事故保険の保険金は支払われないのが普通です。

傷害保険は必要かもしれない

単独事故の場合、運転者が使うことのできる保険が限られています。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険を付帯していなければ、自損事故保険でしか補償されません。

そのため、万一の備えとして、人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入しておくことをおすすめします。この両方に加入しなくても、どちらか一方でも構いません。

保険会社の加入保険の統計では、人身傷害保険を付帯している人の方が多くなっています。人身傷害保険の方が、補償範囲が広いことなどがその主な理由のようです。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの直近の加入率は、以下の記事を参考にしてください。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

車を運転したり、または同乗していて事故でケガをする可能性もゼロではありませんから、そういう事態の備えとして、人身傷害保険などの傷害保険を付帯しておいても良いのではないでしょうか?

気になる保険料も「車内・車外とも補償」タイプで3,000円前後が一般的な金額となりますので、加入するか否か検討すると良いでしょう。

なお、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方を付帯してあれば、単独事故の場合も両方の保険から保険金が受け取れます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 単独事故の場合でも、任意保険に自動で付帯される「自損事故保険」で補償されるが、補償は限定的
  • 万一の備えとして、人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険に加入するとよい。近年の加入率を見ると補償範囲や補償内容の充実した人身傷害保険に加入する人が多い
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠