事故で自動車保険を使うと等級は下がるの

自動車保険を使って車を修理するイメージ

自動車事故で損害を被れば自動車保険を使うのが一般的です。

事故の種類が人身事故の場合や物損事故の場合なら、損害額が個人ではどうしようもない額となることから、多くの人が迷わず自動車保険を使うことでしょう。

しかし、これが自分の車を修理するために保険を使うかとなれば、保険を使えば等級が下がることもあって、車両保険を使うのに慎重にならざるを得ないというのが本当のところではないでしょうか?

ここでは、主に車両保険を使った場合に、どのくらい等級が下がるのか?どの程度の損害なら車両保険を使ったほうが良いのかを考えてみます。

事故で自動車保険を使うと3等級下がるのか

レッカーサービス

まず、事故を起こし自動車保険を使った場合、どのくらい等級が下がるのか確認します。

  • 対人賠償保険・対物賠償保険・車両保険を使うと:3等級下がる
  • 車両保険(盗難・水没・落書きなど)を使うと:1等級下がる
  • 人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険などを使うと:等級が下がらない

保険を使ったとしても、使った保険の種類によって下がる等級に違いがあります。

3等級下がるのは、人身事故や物損事故で保険を使った場合や、当て逃げや単独事故などで車両保険を使った場合で、同じ車両保険を使っても、盗難・水没・落書き・飛び石などの場合は、1等級のみダウンすることになります。

また、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険などのように、運転者も含め車に同乗している人に対する保険を使っても、「ノーカウント事故(事故としてカウントしないので等級も下がらない)」扱いとなり、等級には一切の影響がありません。

その他、ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、個人賠償責任保険、無保険車傷害保険を使っても、ノーカウント扱いとなり等級は下がりません。

ロードサービスの利用も同様の扱いです。

なお、3等級下がる事故の場合を「3等級ダウン事故」、1等級下がる場合を「1等級ダウン事故」、等級が下がらない場合を「ノーカウント事故」と呼んで区別しています。

1等級下がる事故の種類

1等級下がる1等級ダウン事故は車両保険に関するもので、以下の原因で車両保険を使った場合に1等級ダウンします。

  • 火災または爆発(他物―飛来中または落下中の物を除く―との衝突もしくは接触または転覆もしくは墜落によって生じた火災または爆発を除く)
  • 盗難
  • 騒擾または労働争議に伴う暴力行為または破壊行為
  • 台風、竜巻、洪水、高潮
  • 落書または窓ガラス破損(他物―飛来中または落下中の物を除く―との衝突もしくは接触または転覆もしくは墜落によって生じた窓ガラス破損を除く)
  • いたずら(契約自動車の運行によるものおよび契約自動車と他の自動車(原動機付自転車を含む)との衝突または接触によるものを除く)
  • 飛来中または落下中の他物との衝突
  • 上記の他の偶然な事故(契約自動車と他物との衝突もしくは接触または契約自動車の転覆もしくは墜落によるものを除く)

※ SBI損保の場合

ノーカウント事故の種類

保険金が支払われても等級が下がらない事故をノーカウント事故(事故としてカウントしない)と言い、以下のものがノーカウント事故に該当します。

  • 人身傷害補償保険事故
  • 人身傷害の契約自動車搭乗中のみ補償特約事故
  • 搭乗者傷害保険事故
  • 無保険車傷害保険事故
  • 弁護士費用等補償特約事故
  • ファミリーバイク特約事故
  • 自転車事故補償特約事故
  • 車内外身の回り品補償特約事故
  • 車両損害に関するレンタカー費用補償特約事故
  • 被害者救済費用等補償特約事故
  • 個人賠償責任危険補償特約事故

※ SBI損保の場合

3等級下がる事故の種類

3等級下がる事故の3等級ダウン事故は、「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の両方に該当しない事故がすべて該当します。

1等級ダウン事故の場合も同様ですが、3等級ダウン事故を起こすと、等級が3下がるだけではなく、同時に「事故あり係数適用期間」が3年に設定され(1等級ダウン事故の場合は1年)、かつ、3年間は事故あり等級の事故あり割引率が適用されますので、保険料は事故前と比べ大幅に高くなってしまいます。

事故あり等級は、一種のペナルティのようなもので、事故を起こしたことへの罰則的なものですが、「事故あり係数適用期間」が経過すれば元の事故なし等級に戻ることができます。

  • 1等級ダウン事故→事故を起こした年を含め2年後
  • 3等級ダウン事故→事故を起こした年を含め4年後

この期間が終了するまでは、繰り返し事故を起こすことは避けなければなりません。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

等級が下がることで保険料はいくら上がるの

では、等級が下がることによって保険料がいくら上がるのか、実際に見積もりしてみましょう。

ここでは、単独事故を起こし車の修理のために車両保険を使って、3等級ダウンした場合を想定し保険料を見積もりました。

  • 車種・型式:トヨタ・プリウス 1800 4WD A (ZVW55)
  • ナンバー:5ナンバー
  • 初度登録:平成28年(2016年)5月
  • 性別:男性
  • 等級:13
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内のみ補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:付帯せず
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:280万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

等級が3等級下がるといくら保険料が上がる

等級 保険料
13(事故の前) 39,940円
10(事故の翌年) 93,390円

事故で保険を使ったときの等級が13等級だった人が、保険を使ったことにより翌年の等級が10等級となった結果、保険料は一挙に53,450円も上がってしまいました

保険料が極端に高くなった印象ですが、これは、ダウン後の10等級に「事故あり等級」という一種のペナルティ的な等級が割り当てられることによります。

事故あり等級は、事故を起こさない10等級の人と、事故を起こした結果として10等級になった人を区別するもので、事故あり等級が適用されれば等級による保険料割引率が低下することになっています。

割引率
事故なし10等級 45%
事故あり10等級 23%

つまり、事故あり等級が適用されたことにより、保険料が一挙に上がってしまったのです。

また、事故あり等級は、一定期間継続して適用され続けることになります。

3等級ダウン事故なら、事故を起こして保険を請求した翌年から3年、1等級ダウン事故なら、事故を起こして保険を請求した翌年から1年は事故あり等級が適用され続けます。

なお、事故あり等級が適用されている期間のことを「事故あり係数適用期間」といいます。

車両保険を使うか否かの判断は

保険を使うかどうか一番悩むのは、車両保険ではないかと思います。

何故なら、損害額がわりと身近なところにあるからではないでしょうか?

少し頑張れば修理代がなんとかなる場合が多いので、保険を使うことに躊躇するようです。

車両保険を使い保険金が支払われると、基本、3等級ダウンすることは説明しましたが、ここで問題となるのが、翌年の保険料がダウン後の等級(事故あり等級)で算定されるため、今までと比べかなり高くなってしまうことです。

例えば、現在の等級が9等級だとして、それが車両保険を使ったことにより6等級に下がったとします。(3等級ダウンです)

そうすると、等級による保険料の割引率が9等級の割引率43%から、6等級の割引率19%までダウンしてしまうことになります。実に、24%もダウンしてしまいますから、保険料もかなりアップすると想像できます。

つまり、安易に車両保険を使ってしまえば、翌年からの保険料負担が厳しいものとなりますので、よく検討してから車両保険を使うか否かの判断をしなければならないということなのです。

損害額と翌年からの保険料を比べる

車両保険を使う場合は、車両保険を使うことで翌年からの保険料がどれくらいになるか、保険会社に依頼して試算してもらうことができます。

また、等級がもとに戻るまでの期間、どの程度、余分に保険料を支払うことになるのかも試算してください。

次に、車の損害を修理する場合の修理費用を、ディーラーや自動車修理工場などで見積もりしてもらいます。

この両者がそろった段階で、双方の金額を比較してみれば、車両保険を使えば良いのか使わない方が良いのかがハッキリします。

なお、車両保険で免責金額(自己負担する金額)をセットしている場合は、そのセットされた額以上にならなければ車両保険の保険金は支払われませんので、両者の金額を比較する場合は、免責金額の額も考慮に入れてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 事故の種類によってダウンする等級は違う
  • 等級が下がった場合は、事故あり等級が割り当てられるので、保険料は一定期間(事故あり係数適用期間)高い状態が続く
  • 保険を使ってもノーカウント事故の場合は等級が下がらない。主な保険は、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、弁護士費用等補償特約、個人賠償責任特約など
  • 車両保険を使う場合は翌年からの保険料を試算してもらう方がよい
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠