友人の車で事故を起こしたとき自動車保険は使えるの

車のイメージ(友人に車を貸す)

友人の車を運転していて事故を起こしたときに、自分の加入している自動車保険は使えるのかという疑問が出てきます。

友人や知り合いなど他人の車を運転する機会は、そう多くはないと思いますが、それでも絶対にないとも言えませんので、友人など他人の車を運転して事故を起こした場合の自動車保険について知っておいても良いでしょう。

まず、結論からいえば「友人などの他人の車を運転しての事故でも自分の自動車保険は使える」ということです。

他車運転危険担保特約が付帯されていれば補償される

レッカーサービス

他車運転危険担保特約は、友人など他人の車を運転して事故を起こした場合でも、他人の保険を使うのではなく、自分の保険を優先して使うことができる特約です。

通常、自動車保険に加入すれば自動で付帯されることが多くなっている特約ですが、念のために自分の自動車保険に付帯されているか確認しておくと良いでしょう。

他車運転危険担保特約が付帯されていれば、自分の自動車保険の対人賠償保険と対物賠償保険が使えるようになります。

では、車の損害はどうなるのでしょうか?修理費用は支払われるの?

車の損害の補償はどうなるの

自分の保険に車両保険が付帯されている場合にだけ、友人など他人の車の修理費用などに対物賠償保険が使えます。

ただし、自分の車両保険でカバーできる範囲の損害のみです。

車両保険には、フルカバー型の一般車両や、限定カバー型のエコノミーなどのタイプがあるため、その補償範囲でカバーできる車両損害だけとなります。

自分の自動車保険に車両保険が付いていなければ、友人などの車の損害は運転していた当事者が自己負担するか、もしくは、友人が車両保険に入っていれば、友人の車両保険で修理代を賄うことになります。

ただ、友人の車両保険を使えば、友人の自動車保険の等級がダウン(通常、3等級下がります)することになり、翌年からの保険料が上がってしまうため、運転していた当事者と友人とでよく話し合い対応を決めてください。

他車運転危険担保特約を使う上での条件

他車運転危険担保特約を使う場合には、いくつかの条件があります。

他車運転危険担保特約を使うための条件

  1. 記名被保険者、配偶者、同居の親族が所有の車で事故を起こした場合は対象外
  2. 他人の車でも自由に使う事ができる場合は対象外

「車両の条件」は以下の車両であること。

他車運転危険担保特約を使うための車両条件

  1. 自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車
  2. 自家用小型貨物車
  3. 自家用軽四輪貨物車
  4. 自家用普通貨物車(最大積載量2トン以下)
  5. 特種用途自動車(キャンピングカー)

車両は上記のどれかであること。

家族の持ち物である車を運転して事故を起こした場合や、他人名義の車であっても、自分が自由に使うことができる車で事故を起こしても、「他車運転危険担保特約」では補償されませんので注意してください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

事故を起こした車に同乗者がいた場合はどうなる

事故を起こした友人の車に同乗者がいた場合はどうなるのでしょうか?

これは少し複雑になります。

つまり、補償される人と補償されない人がでてくるのです。

同乗者が他人の場合

同乗者が他人の場合は、他車運転危険担保特約で補償されます。

この場合、同乗者がケガをしても、最悪のケースとして死亡したとしても、他車運転危険担保特約により自分の対人賠償保険から保険金が支払われます。

同乗者が運転者の家族の場合

同乗者が運転者の家族の場合(運転者本人も含む)は、他車運転危険担保特約の対象外となりますので補償されません。

この場合は、自分の自動車保険に「人身傷害保険」が付帯されていれば、他人の車(友人などの車)に同乗している人のケガも補償されますが、人身傷害保険のタイプが「車内・車外とも補償」である必要があります。

人身傷害保険の「車内・車外とも補償」は、他人の車に乗っているときの事故や、歩行中の事故なども補償されますが、「車内のみ補償」タイプであれば、自動車保険を契約している車に乗っているときの事故しか補償されないという違いがあります。

よって、人身傷害保険のタイプが「車内のみ補償」であれば、人身傷害保険からの補償を受けることができませんので、友人の保険が使えないか検討するしかありません。

ただし、友人の保険に運転者限定特約の「家族限定、本人限定、夫婦限定」のどれかがセットされている場合は、友人の保険を使うことができませんので注意してください(一般的には、運転者限定を設定している場合が多いので、友人の保険を使える可能性は低いかもしれません)。

なお、人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険を使っても、等級はダウンしません。これらの保険を使っても、ノーカウント事故(事故としてカウントしない=等級が下がらない)として扱われるので、等級には影響しないのです。

まとめ

この記事のまとめ

  • 「他車運転危険担保特約」が付帯されていれば自分の保険が使える
  • 友人の車の損害も、「車両保険」に加入していれば、自分の任意保険の対物賠償保険で補償される。ただし、車両保険の補償範囲内で
  • 事故を起こしたときに同乗者がいれば、補償される人と補償されない人がでてくる

友人や知人の車を借りて運転しているときに事故を起こし、その車に同乗者がいた場合、他人の場合は「他車運転危険担保特約」で補償されますが、同乗者が運転している人の家族である場合は、補償の対象外となってしまいます。

友人や知人の車を借りて運転することが全くないのなら別ですが、そうとも言い切れないのなら自身の保険に人身傷害保険を付帯しておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

よくある質問
自動車保険の匠