自賠責保険と任意保険の過失相殺の割合は同じなの

車と自転車の事故のイメージ

自賠責保険と任意保険とでは、過失相殺の適用基準が違っています。

自賠責保険は、被害者の損害を完全に補償しようとするものではなく、一定の金額を補償する制度で社会保障的な色彩が強い保険です。そのため、被害者の過失が大きなものでなければ過失相殺の対象とはならないのです。

よって、自賠責保険で被害者の過失が問われなかった場合でも、任意保険では過失ありと見なされ大幅に保険金が減額されてしまうケースがあります。

自賠責保険と任意保険の過失割合を比べる

そもそも過失相殺って何?という方は下記の記事を先にご覧ください。

自動車事故の過失相殺をわかりやすく解説
過失相殺を理解するためには、まず、過失割合について知らなければなりません。 ここでは、過失割合とは何か?過失相殺とは何か?について分かりやすく解説していきます。
事故の種類 減額率
自賠責保険 任意保険
傷害事故 20% 0~100%
死亡事故 20、30、50%の3段階 0~100%
後遺障害事故 20、30、50%の3段階 0~100%
物損事故 対象外 0~100%

自賠責保険は被害者を救済するのが目的

自賠責保険は被害者を救済することを第一の目的としていますので、被害者に重大な過失がない限り過失相殺されることはありません。

では、被害者の重大な過失とは、どのようなものなのでしょうか?

  1. 信号を無視して道路を横断した
  2. 横断が禁止されている場所を横断した
  3. 道路上に寝ていた
  4. 信号を無視して交差点内に侵入し衝突した
  5. センターラインをオーバーして衝突した

これらの場合に、被害者の過失が問われ過失相殺の対象となるのです。これらのどれを見ても、被害者の不注意を問われるものばかりです。

任意保険の過失相殺適用基準は厳しい

自賠責保険では過失相殺の対象とならなかった場合でも、任意保険では厳しく診査され過失と判定される事が多くなります。

つまり、過失の程度を問わず過失相殺の対象となります。

過失相殺によって減額される率は、「過失割合認定基準表」を基に過失割合を導き出し、それに従って減額されます。

任意保険は、実際の損害を補償する保険ですから、軽微な過失であってもち密に査定した上で相殺率が求められ過失相殺が行われるのです。

任意保険では軽微な過失の場合でも厳格に過失相殺が行われるのですが、実際に保険金が支払われる場合は、被害者の全ての損害額(総損害額)に過失割合を掛けて減額し、減額後の額から自賠責保険から支払われた保険金の額を差し引いて、残った金額が任意保険の保険金として支払われます

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

過失相殺で保険金が減額される例

例として、事故でケガをし病院の治療費や通院交通費、仕事を休んだ分の休業補償、事故で精神的な苦痛を被ったことによる慰謝料などの損害の総額が150万円だったとします。

このケースの被害者の損害賠償額を、自賠責保険と任意保険で、被害者の過失割合の程度ごとにみていきます。

過失割合が0(ゼロ)の場合

  • 自賠責保険からケガの治療費などとして120万円(限度額)が支払われます
  • 120万円を超えた分の30万円が任意保険から支払われます

過失割合が30%の場合

  • 自賠責保険からケガの治療費などとして120万円(限度額)が支払われます。自賠責保険では被害者の過失程度が70%未満であれば、過失相殺されることはありません
  • 任意保険では、被害者の過失割合30%が保険金から減額されます。この場合の支払保険金は以下のように計算します
  • (150万円×(1-0.3))-120万円=-15万円とマイナスになり、結果として任意保険からは保険金を受け取れない事になります(マイナスの場合は保険金はゼロになります)

過失割合が80%の場合

  • 自賠責保険の場合でも過失割合が80%にもなると、過失相殺分として30%が減額されます
  • 過失相殺を適用して計算すると、120万円×(1-0.3)=84万円となり、自賠責保険から84万円の保険金が支払われます。(ケガの保険金の上限は120万円なので、この金額を基に計算します)
  • 任意保険では被害者の過失割合80%が保険金から減額されます。この場合の支払保険金は以下のように計算します
  • (150万円×(1-0.8))-84万円=-54万円とマイナスになり、結果として任意保険からは保険金を受け取れない事になります(マイナスの場合は保険金はゼロになります)
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

損害賠償の基礎
自動車保険の匠