自動車事故の過失相殺をわかりやすく解説

事故を起こしそうな車両のイメージ

過失相殺を理解するためには、まず、過失割合について知らなければなりません。

ここでは、過失割合とは何か?過失相殺とは何か?について分かりやすく解説していきます。

過失割合ってなに?

自動車事故を起こした双方が、「どれだけ不注意であったかを割合で示したもの」が「過失割合」です。

では、過失割合はどのように決まるのでしょうか?

自動車事故を起こした当事者が、どれくらい不注意であったか(事故の責任の度合い)を過去の判例を参考に判断されます。そして、判断された責任の度合いを「過失割合」と言います。

自動車事故の「過失」には下記の種類があります。

  • 自分に一方的に責任のある事故:自分の過失割合が100%
  • 双方に責任のある事故:責任の度合いで過失割合が決まる
  • 相手に一方的に責任のある事故:相手の過失割合が100%

自分に一方的に責任のある事故や相手に一方的に責任のある事故の場合は、責任の所在がハッキリしていますので、あまり問題となることはありません。

このような場合の例は、信号待ちで停車中に追突されたような事故が考えられます。この事故の場合は、追突事故を起こした人に前方不注意という一方的な落ち度がありますから、追突した人の過失割合が100%となるのです。

しかし、双方に責任のある事故の場合は、事故の状況を基に過去に起きた類似した事故の判例を参考に過失割合が決められます。

たとえば、横断歩道ではない場所を横断していて車に衝突されケガをしたような場合では、ケガをした被害者にも横断歩道以外の場所を歩いていたと言う過失があると判断されます。歩行者優先であっても、横断歩道外を歩いていたという不注意があるからです。

なお、過失割合は通常、10:0や8:2、あるいは100:0や80:20と表現されますが、過失割合の大きい方が加害者と呼ばれ、少ない方が被害者と呼ばれます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

過失相殺ってなに?

過失相殺とは、自動車事故を起こした双方の過失割合に応じて損害賠償額を減額することをいいます。

たとえば、先ほどの横断歩道でない場所を横断していて車に衝突されケガをした場合の過失割合が、7(相手):3(自分)だったと仮定して、損害賠償額にどうような影響があるのかみてみましょう。このケースの場合、過失割合3の自分が被害者になります。

車に衝突された被害者がケガの治療費や休業補償など、事故により被った損害が100万円だったとします。しかし、このケースの場合は被害者にも過失があるので、その分が減額されて保険金は支払われます。

100万円×(1-0.3)=70万円

という計算になり、被害者の過失割合の30%が減額されて保険金が支払われます。

では、事故の当事者の加害者に対しての賠償額はどうなるのでしょうか?

相手(加害者)の損害額は、車を衝突させたときにできたバンパーの凹みとヘッドライトが割れたもので、修理費は30万円になったと仮定します。

そうすると、相手の過失割合は7(70%落ち度があった)なので、これを基に損害額を計算すると以下のようになります。

30万円×(1-0.7)=2.1万円

加害者の過失割合の70%が減額されて保険金が支払われます。

過失割合は保険会社との話し合いで決まる

被害者・加害者の過失がどの程度あったかを表す「過失割合」は、基本的に保険会社との話し合いの中で決められます。しかし、不服があるなどして順調に決まらない場合もありますので、そういう場合は、調停や裁判などで決めていく事になります。

裁判所が過失割合を適用する場合は、以下の3通りの方法のどれかで行います。

  1. すべての損害に対して過失相殺を適用
  2. 休業補償や逸失利益に対して過失相殺を適用
  3. 慰謝料に対して過失相殺を適用

2番目の方法は、治療費や通院のための交通費は全額認め、休業補償や逸失利益、慰謝料に対して過失相殺を適用します。3番目は、慰謝料に対してのみ過失相殺を適用することになります。

これらのどれを採用するかは裁判所の判断になりますが、保険会社が被害者にアドバイスする場合は、上記の1番目の方法によるのが一般的です。

自賠責保険でも過失割合によって過失相殺される

自賠責保険の場合も、被害者に過失がある場合は過失割合に応じて過失相殺されます。ただし、自賠責保険の基準は任意保険の基準ほど厳密に細かく設定されておらず、3段階に分けて減額されるようになっています。

自賠責保険では、被害者の過失が一定の範囲にある場合に、その範囲の減額率を適用し過失相殺する仕組みになっています。

下記は自賠責保険で過失相殺するための基準になる「過失相殺減額率」を表したものです。

死亡・後遺障害の場合 ケガの場合
被害者の過失割合 70%
未満
80%
未満
90%
未満
100%
未満
70%
未満
100%
未満
減額率 0% 20% 30% 50% 0% 20%

自賠責保険では、損害額の総額が自賠責保険の上限額(死亡:3,000万円、ケガ:120万円など)を超える場合、保険金から過失相殺分が減額されて支払われます。

また、自賠責保険の上限額に満たない場合は、損害額の総額から過失相殺分が減額されて保険金が支払われます。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

損害賠償の基礎
自動車保険の匠