被害者はどんな損害賠償を請求できるのか?

物損事故のイメージ

自動車事故に遭って被害者となった場合、事故の加害者(事故の相手側)に対して損害賠償を請求することができます。

自動車事故には人身事故や物損事故などの種類がありますが、この両者とも積極損害、消極損害、慰謝料(人身事故の場合)などの損害に分類され、これらの損害を加害者側に対して請求していくことになります。

まず、人身事故の場合を確認して行きましょう。

人身事故の場合の損害賠償

人身事故の場合は、積極損害、消極損害、慰謝料(精神的・肉体的な慰謝料)などの損害賠償を請求することができます。

ここで、聞きなれない言葉として「積極損害」や「消極損害」というものがありますが、これはそれぞれに下記のような意味を持ちます。

また、慰謝料についても再確認しておきましょう。

人身事故の積極損害とは

積極損害とは、事故によるケガの治療のための治療費や入院費、通院するために支払った交通費、歩行が困難となったときの車いすや松葉づえ、各種の手続きのための雑費など、被害者が事故でケガを負ったために必要となった金銭のことをいいます。

具体的には

  • 治療費やリハビリのためのマッサージ費用
  • 通院のための交通費
  • 入院費用
  • 付添看護費用
  • 装具などの購入費用
  • 手術費用
  • 葬儀などの費用
  • 障害を負ったことによる住宅の改造費用

これらのものを「積極損害」と区分し、損害賠償請求をしていきます。

人身事故の消極損害とは

消極損害として区分されるのが、「休業損害」や「逸失利益」などです。

休業損害や逸失利益は、被害者が事故に遭っていなければ手にしていたであろうと予想できる利益のことで、事故によって失われてしまった金銭のことをいいます。

  • 逸失利益(死亡や後遺障害による)
  • 休業損害(働けない期間の金銭的な損害)

人身事故の慰謝料とは

人身事故の被害者が被った精神的・肉体的苦痛という損害を賠償するための金銭です。

  • 死亡した場合の慰謝料
  • 後遺障害となった場合の慰謝料
  • ケガをした場合の慰謝料

これらの場合に、加害者に対して慰謝料を請求することができます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

物損事故の場合の損害賠償

物損事故の場合は、被害に遭った車などの損害を賠償することになります。

物損事故で全損となった場合は、損害を受けた車の買い替え費用、一部破損の場合は、損害を受けた個所の修理費用と評価損(格落ち損)の合計が賠償対象となります。

さらに、代車費用、休車損害、営業損害なども賠償請求することができます。

物損事故の場合も損害の種類が「積極損害」と「消極損害」に分かれていますので、人身事故の場合と同様に分類しておきます。

積極損害の種類

  • 車両が全損となった場合の買い替え費用(時価で評価)
  • 登録費用や車庫証明費用などの買い替え費用
  • 一部破損の場合の修理費や評価損(格落ち損)

なお、格落ち損というのは、一部破損箇所を修理しても完全に現状回復できないことによって生じる損害です。

通常、破損箇所を修理すれば、外観的にも機能的にも元の状態に戻るように思われますが、事故で衝撃を受けたことにより目に見えない部分に歪が生じているかもしれません。

つまり、修理したとしても完全に元の状態に戻るとは言い切れないのです。

また、事故で車のフレーム部分などに損害を受ければ、事故歴がある車・修復歴のある車、所謂、事故車として扱われることになりますので、車を手放す際にも査定で安い価格を付けられてしまうなど、金銭的に損をしてしまうことにもなります。

このように、車の評価額が下落した分を「格落ち損」といいます。

例えば、事故前に100万円の時価であった車だったが、事故後、この時の車の時価が80万円にまで下がったとすると、この下落分の20万円が「格落ち損」ということになります。

消極損害の種類

  • 休業損害
  • 営業損害

物損事故の場合も、事故で仕事ができないことによる収入の低下などを賠償するための「休業損害」や「営業損害」を賠償請求することができます。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

損害賠償の基礎
自動車保険の匠