個人の車を営業で使っていた場合の事故は会社にも責任があるの

追突事故のイメージ

個人の車を日頃から通勤や営業に使っている状況の場合、自分の車で営業に出かけたときに事故を起こしたら、会社にも損害賠償の責任はあるのでしょうか?

通常であれば会社の社用車で営業に出向くのでしょうが、社用車の台数が少なかったり、たまたまその日に社用車の空きがなかったなどの理由で、自分の車を営業に使わなければならないこともあるでしょう。

こういう状況の中で、会社に被害者の治療費や車の修理代などの損害を賠償してもらえるのか?について考えていきます。

会社に運行供用者責任があるかどうかがポイント

このケースの車は、個人の所有物であって会社が所有する車ではありません。つまり、社用車ではないのです。また、会社がその車を借りているという関係でもありませんから、一見すれば会社には責任がないように思えます。

しかし、会社が個人の車を営業などの業務で使っていることを承知し、ガソリン代などを負担しているのであれば、会社にも運行供用者としての責任が発生することになります。

自動車損害賠償保障法(自賠法)で定義されている運行供用者の損害賠償責任の有無は、実質的に車がどういう使用状況なのかという事実関係から判断されるからです。

自動車損害賠償保障法(自賠法)3条には「運行供用者」について下記のように定められています。

自賠法3条(抜粋)

自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。

自己のために自動車を運行の用に供する者を「運行供用者」といいますが、運行供用者は自動車を実際に運転していた人だけではなく、下記に挙げた人も含みます。

  1. 自動車の運転及び走行をコントロールできる立場にある人
  2. 自動車の運行から利益を受けている人

したがって、これに該当している場合は、一定の範囲で損害賠償責任を負い、賠償金を支払わなければなりません。

さらに、会社は民法715条の「使用者責任」も問われることになります。

会社が明確に個人の車の使用を認めていなければ?

会社が明確に個人の車を営業などの業務で使うことを禁止していなければ、もしくは知っていて知らないふりをしているような(所謂、黙認している)場合は、どうなるのでしょうか?

この場合は、実際の車の使い方によって異なります。

個人の車を業務で使うなとも使って良いとも明確にしていない曖昧な状態の場合や、黙認しているような場合は、車の使用状況などを判断して、明らかに営業などの業務で使用していることが明らかになれば会社は責任を取らなければなりません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

こんな場合はどうなの
自動車保険の匠