友人に貸した車で自動車事故!所有者にも責任はあるの?

人身事故のイメージ

友人に頼まれて車を貸したのですが、その友人が自動車事故(人身事故)を起こしてしまった!というようなケースの場合、友人に車を貸した所有者の責任はどうなるのでしょうか?

このケースのように、友人や知り合いに頼まれて車を貸してしまうことはあることです。何事もなく無事に貸した車を返してもらえれば良いのですが、万一事故を起こした場合は、貸した方も車の所有者としての責任が問われます。

ここでは、友人に車を貸した車の所有者の責任について考えて行きます。

所有者は運行供用者としての責任が問われる

友人に車を貸した車の所有者は、「自動車損害賠償保障法」で定められている「運行供用者」としての責任を問われることになりますので、自分で起こした事故ではないから関係ないということにはなりません。

自動車損害賠償保障法3条には下記のように定められています。

自賠法3条 「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。」

自己のために自動車を運行の用に供する者を「運行供用者」といいますが、運行供用者は自動車を実際に運転していた人だけではなく、下記に挙げた人も含みます。

  1. 自動車の運転及び走行をコントロールできる立場にある人
  2. 自動車の運行から利益を受けている人

したがって、今回のケースの場合なら、上記1番目の「自動車の運転及び走行をコントロールできる立場にある人」に当たりますので、他人が起こした事故(人身事故の場合)についても、一定の範囲で損害賠償責任を負い、賠償金を支払わなければなりません。

注)人身事故の場合は運行供用者にも責任があるため賠償金を支払わなければならないのですが、当然、事故を実際に起こした運転者にも責任がありますので、実際の賠償金の支払いは「運転者」か「運行供用者」のいずれかが行うことになります。

運行供用者の責任を回避するためには

車の所有者が運行供用者としての責任を免れる(まぬかれる)ためには、以下に挙げた点をすべて証明する必要があります。

  1. 自己または運転者が十分な注意義務を尽くしたこと
  2. 被害者に故意や過失があったこと
  3. 自動車に構造上の欠陥や機能上の障害がなかったこと

自己または運転者が十分な注意義務を尽くしたことを証明する場合は、いくら「十分な注意義務をしていた」と主張しても、落ち度はどこかにあるものですから、これらの全てを証明するのは困難と言わざるを得ないでしょう。

このことからも、「運行供用者としての責任を免れることはできない」と理解した方が良いでしょう。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

運転者の責任は

では、実際に車を運転していた人の責任はどうなるのでしょうか?

友人から借りた車を運転していた運転者は、被害に遭った車の損害や、ケガを負った事故相手の運転者の人身損害を賠償しなければなりません。

さらに、運転者が故意または過失により他人を傷つけた場合は、民法709条の不法行為責任を問われることになります。つまり、わざと事故を起こしたり、不注意によって事故となった場合は、民法でも責任が問われるのです。

また、運転者には違反点数の加算や罰金・反則金の支払いなども科されます。

運行共用者になる場合・ならない場合

下記が「運行共用者となる場合ならない場合」の主なものです。

車の所有者 なる
レンタカー会社 なる
代車を提供した会社 なる
盗難にあった車の所有者 原則として、ならない
無断使用された車の所有者 原則として、なる
代行運転の依頼者 なる
リース会社 ならない
車の修理業者 原則として、なる
雇われ運転手 ならない

車が盗難にあうことも考えられますが、これについては「盗難に遭うことを事前に予測したり防ぐことは困難」なため、所有者の運行共用者責任は原則として問われません。

しかし、車のキーをつけたまま駐車しておいて盗難にあったような場合では、所有者の運行共用者責任が問われる可能性がありますので、車の保管については注意が必要です。

一番最後にある「雇われ運転手」は運行供用者には該当しませんので、とうぜん「運行供用者としての責任」を問われることはありません。その運転手を雇っている会社が「運行供用者責任」を負うことになります。

自動車保険での扱いはどうなる

今回のケースの場合は人身事故ですから、自賠責保険と任意保険で補償されます。

運転者が任意保険に入っていれば、被害者のケガなどは対人賠償保険で補償されます。ただし、自賠責保険の補償限度額を超えた額が対人賠償保険から支払われます。

次に、物損(車の修理費用など)については、運転者の任意保険(対物賠償保険)で補償されます。自賠責保険は対人事故の場合にだけ補償される保険ですから、物損の場合は自賠責は使えません。

自動車保険を使う場合は、まず運転者の保険を使うことになりますが、保険契約の関係で運転者の保険が使えなければ所有者の保険を使うと言うのが一般的です。

自動車保険での扱いについては下記の記事も参考にしてください。

友人の車で事故を起こしたとき自動車保険は使えるの
友人の車を運転していて事故を起こしたときに、自分の加入している自動車保険は使えるのかという疑問が出てきます。 友人や知り合いなど他人の車を運転する機会は、そう多くはないと思いますが、それでも絶対にないとも言えませんので、友人な...
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

こんな場合はどうなの
自動車保険の匠