任意保険の入り方と手順や必要な書類

自動車保険の契約のイメージ

車を購入したら、まず、万一の場合を補償してくれる任意保険に入らなければなりません。もし、事故でも起こしたら大変なことになってしまいますから、車を運転するのなら任意保険は必須です。

任意保険に入るための方法はいくつかありますのが、それぞれの方法について順を負って説明していきますので参考にしてください。

任意保険に入る方法は2通り

任意保険に入る方法は、大きく分けて下記の2種類があります。

  • ディーラーや中古車販売店などで加入する
  • インターネットから加入する

まず、一番簡単なのは、車を購入したディーラーや中古車販売店で加入することです。

ディーラーや中古車販売店の担当者(営業の人)に、任意保険にも入りたいと伝えるだけで、そのディーラーなどが取り扱っている損害保険会社の自動車保険で手続を行ってくれます。

ディーラーや中古車販売店で入れるのは代理店型の保険

ディーラーや中古車販売店などで取り扱っているのは、代理店型という任意保険で、インターネットから加入できるのが通販型の任意保険となります。

どちらの任意保険も車の保険としては同じものですが、保険の販売形態が異なります。店舗(代理店という店舗)を構えて保険を販売するのか、ネットで販売するかの違いです。

店舗を構えて販売する代理店型の任意保険は、ネットで販売する保険と比べ、店舗(代理店)を維持・運営していくための経費が必要になるため、契約者が負担しなければならない保険料はネット保険と比べ高くなる傾向にあります。

しかし、直接、代理店の担当者から保険の説明を受けながら加入することができますので、任意保険に詳しくなくても、ある程度理解して入ることができます。

また、事故の時でも代理店の担当者に連絡すれば、その後の保険会社とのやり取りも代行してくれるという安心感もあります。

なお、代理店型の保険会社は、損保ジャパン日本興亜、東京海上、共栄火災、AIG損保などの昔からある保険会社のことです。

インターネットから加入する

もう一つの方法は、インターネットから加入する方法です。

ネットから加入できる主なものが、通販型の任意保険です。

ネットから加入する場合は、見積もりから契約までを利用者自身が内容を理解し判断して行わなければなりません。

何故なら、代理店という店舗をネット保険は持たないため、見積もり、契約、解約、契約内容変更、継続手続などはすべてネットで行わなければならないのです。もしくは、電話で手続を行う(※)こともできます。

※ 電話で加入手続を行う場合、多くの通販型保険会社で「インターネット割引(ネットから加入手続きを行うだけで保険料が割引される割引制度)」が適用されなくなりますので注意しましょう。

加入するための手順は難しいものではなく、保険会社のホームページ上の説明をよく読んで進めていけば迷うこともなく作業することができます。

また、入力時に不明な点がでてきても、保険会社のオペレーターとチャットでやり取りしながら進めることもできます。ただ、保険の内容については、ある程度理解して手続きを進める必要がありますので、任意保険は全く分からないという人は、内容を理解している人の助けが必要かもしれません。

通販型の保険会社の場合は、代理店という店舗を持たないため、当然のこと店舗の維持や管理などのコストは必要なく、その分、契約者が負担すべき保険料も安くなるという特徴を持っています。

通販型の保険会社とは、ソニー損保、イーデザイン損保、アクサダイレクト、SBI損保などの保険会社のことです。

その他の加入方法

自宅の近くや職場の近くの損害保険代理店(看板が出ているので見つけやすかもしれません)でも任意保険の加入手続きができます。

また、近年では郵便局でも自動車保険の取次を行っています。

筆者の近所の郵便局では取り扱っていました。取り扱う任意保険は代理店型の保険会社のものでしたが、通販型は不安という方は、郵便局で局員に聞いてみると良いかもしれません。

郵便局の自動車保険は損害保険会社5社の共同保険

  • 東京海上日動火災保険(幹事保険会社)
  • あいおいニッセイ同和損保
  • AIG損害保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災保険

郵便局で取り扱っている任意保険は、上記の代理店型の損害保険会社5社の共同保険ですが、東京海上日動火災保険が幹事会社となっている関係上、契約者は東京海上日動火災保険と契約します。

契約後の補償は、上記の5社で分担して行います。

郵便局の自動車保険

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

事前に準備しておく書類

任意保険に入るときは、以下の書類を事前に準備しておいてください。

  • 車検証(コピーでもOK)
  • 免許証
  • 保険証券(前契約がある場合)
  • 印鑑(代理店型の場合)

車検証からは、車の初度登録年月、車種、型式、オドメーターの数値、陸運局の所在地、ナンバー(登録番号)、所有者や使用者の氏名(その車が契約者の所有かローン中かなどを判断するため)などが必要になります。

なお、車検証が納車前で手元にない場合は、車を購入したディーラーや販売店に問い合わせてみてください。場合によっては、ディーラーなどに車検証が届いていることがありますので。

免許証は、免許証の色(ゴールド、ブルー、グリーン)が確認できればいいだけですから、免許を持っていればOKです。

保険証券は最初から発行されていない場合もありますから、前の任意保険契約で保険証券を発行するようにしていたか確認してください(前契約がある人の場合)。

印鑑は、代理店型の任意保険を契約する場合に必要になりますが、通販型の場合は印鑑を押印することがありませんので不要です。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

賢い選び方
自動車保険の匠