自動車保険の福祉車両割引のある保険会社と割引率

福祉車両のイメージ

デイサービスの送迎車や介護タクシーに見られる、リフト機能やスロープ機能などが装備されているのが福祉車両で、厚生労働省の資料「身体障害者用物品及びその修理(平成3年6月7日厚生省告示第130号)」に規定された消費税が非課税となる自動車のことを福祉車両といいます。

福祉車両は消費税が非課税となる、自動車取得税や自動車税が減免されるなど、さまざまな優遇制度が設けられていますが、それに加え、自治体による購入の助成制度も用意されています。

福祉車両割引が設けられている保険会社

ここでは、福祉車両に適用される「福祉車両割引」が設けられている保険会社や、割引率などについてみて行きますが、福祉車両割引が設けられている保険会社は、さほど多くはないのが現状です。

ここがポイント

割引率は3%程度が大半を占める

福祉車両で自動車保険に入る場合に適用されるのが「福祉車両割引」で、割引率は保険会社によって異なるものの、概ね3%程度となっています。

確認できたものは下記の通りですが、割引率が不明(ホームページ上に明記されていないため)な保険会社もありました。

福祉車両割引の割引率を3%としている保険会社が大半を占めますが(割引率を確認できなかった保険会社は除く)、中にはマイカー共済ように7%と高い割引率を設けている保険会社もあります。

福祉車両割引の割引率

保険会社各社の福祉車両割引率は以下のようになっています。

保険会社 割引率
共栄火災海上保険 3%
あいおいニッセイ同和損保 3%
三井住友海上
損保ジャパン日本興亜 3%
東京海上火災保険 3%
朝日火災海上保険 3%
富士火災海上保険
JA共済
全労災マイカー共済 7%

※ 2017年11月時点

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

福祉車両割引とエコカー割引は併用できない

福祉車両割引と他の割引を併用できない場合がありますので要注意です。

あいおいニッセイ同和損保の場合は、先進環境対策車割引(ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車、CNG車「圧縮天然ガス車」などの車両に対する割引)と福祉車両割引は併用できません。重複した場合は、福祉車両割引が優先されます。

損保ジャパン日本興亜の場合は、エコカー割引と併用することはできません。福祉車両割引とエコカー割引の適用条件をいずれも満たす場合は福祉車両割引が適用されます。

東京海上火災保険の場合は、ECO割引(ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車、CNG車「圧縮天然ガス車」などの車両に対する割引)と福祉車両割引は併用できません。重複した場合は、福祉車両割引が優先されます。

福祉車両割引は、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などを対象とした「エコカー割引」と併用できないとしている保険会社が多くみられましたので、福祉車両割引を設けている保険会社を利用する場合は注意が必要です。

なお、福祉車両割引を提供しているのは、代理店型の保険会社と共済のみとなり、通販型の保険会社で福祉車両割引を設けている会社は現在のところありません。

どんな車が福祉車両になるの

冒頭の、厚生労働省の資料「身体障害者用物品及びその修理」によれば、下記に該当する車両が福祉車両となり福祉車両割引が適用されます。

福祉車両に該当する条件

身体に障害を有する者による運転に支障がないよう、当該身体に障害を有する者の身体の状態に応じた、次に掲げる補助手段が講じられている自動車

イ 手動装置
車両本体に設けられたアクセルペダルとブレーキペダルを直接下肢で操作できない場合、下肢に替えて上肢で操作できるように設置されるもの

ロ 左足用アクセル
右下肢に障害があり既存のアクセルペダルが操作できない場合、左下肢で操作できるように設置されるもの

ハ 足踏式方向指示器
右上肢に障害がありステアリングホイルの右側に設けられている既存の方向指示器が操作できない場合、下肢で操作できるように設置されるもの

ニ 右駐車ブレーキレバー
左上肢に障害があり運転座席の左側に設けられている既存の駐車ブレーキレバーが操作できない場合、右上肢で操作できるよう運転者席の右側に設置されるもの

ホ 足動装置
両上肢に障害があり既存の車では運転操作できない場合、上肢に替えて両下肢で運転操作できるようにするもの

ヘ 運転用改造座席
身体に障害があり、安定した運転姿勢が確保できない場合、サイドボードを付加した座席に交換することにより、安定した運転姿勢を確保できるよう設置されるもの

車いす及び電動車いすを使用する者を車いすとともに搬送できるよう、車いす等昇降装置を装備し、かつ、車いすの固定等に必要な手段を施した自動車

※ 厚生労働省の資料「身体障害者用物品及びその修理」より

厚生労働省の資料を、分かりやすくまとめると

  • 車いす等昇降装置(リフトやスロープ)」及び「車いす等固定装置」などが装備されていること
  • アクセルペダルとブレーキペダル用の手動装置があること
  • 左足用アクセルがあること
  • 足踏式方向指示器があること
  • 右手で操作できる駐車ブレーキレバーがあること
  • 両足で運転ができる足動装置があること
  • 安定した運転姿勢を確保できるよう改造した座席があること
  • 車いすのまま乗降できるリフトやスロープが設けられていること

ということになります。

したがって、これらに該当する車は福祉車両となり「福祉車両割引」の対象となります。

まとめ

この記事のまとめ

  • リフト機能やスロープ機能などが装備されているのが福祉車両
  • 福祉車両割引の割引率は3%程度
  • 通販型の保険会社には福祉車両割引はない

保険料の安い通販型の自動車保険で「福祉車両割引」を設けている会社はありませんので、福祉車両で自動車保険に入る場合は、優先的に代理店型の保険会社を検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

割引制度
自動車保険の匠