車両無過失事故に関する特約は車両保険を使っても等級が下がらない特約

車の保険のイメージ

車を運転していれば、もらい事故に遭い車が損害を受けることもあります。

こういう場合に、契約している自動車保険の車両保険に「車両無過失事故に関する特約」が付帯されていれば、自分の車両保険を使って車を修理しても等級が下がらないので、安心して車を修理することができるのです。

車両無過失事故に関する特約とは

車両無過失事故に関する特約は保険を使っても等級が下がらない

例えば、信号待ちで停車しているときに後ろから追突されたり、センターラインをオーバーした車に衝突されたりと、こちらが気をつけていても事故をもらってしまうことはあります。

相手が自動車保険に加入していれば、自分の車の修理費は相手の対物賠償保険で補償してもらうことができますが、もし、相手が任意保険に入っていなければ、自分の車は自分の保険の車両保険で修理するか、もしくは自腹で修理するしかありません。

車の損害が軽微なものなら、自腹を切って修理しても良いでしょうが、損害が大きければそうもいきません。

車の修理費を車両保険に頼れば、翌年の等級が3等級ダウンし保険料も一挙に上がることになりますので、車両保険の使用は躊躇することでしょう。

ここがポイント

こういう場合でも車両無過失事故に関する特約を付帯していれば、信号待ちで後ろから追突された事故やセンターラインをオーバーした車に衝突された事故などで、車両保険を使い車を修理しても等級が下がらないのです。

通常、事故で車両保険を使えば、等級は3等級ダウンします。

等級が3等級もダウンすれば、翌年以降3年間の保険料は一挙に上昇します。

さらに、事故で保険を使ったことにより、「事故あり係数」が3年間(3等級下がった場合)は適用されるので、等級による保険料割引率も通常よりも低くなり、保険料のアップ感は一層大きく感じることになるでしょう。

しかし、車両保険に車両無過失事故に関する特約が付帯されていれば、「契約車両の運転者に過失がなかったことが確定している」場合に限って、つまり、こちらに過失のない「もらい事故」の場合に限って「ノーカウント事故」となり、等級が下がらないのです。当然、保険料も上がりませんし「事故あり係数」も適用されません。

車両無過失事故に関する特約の適用条件

保険会社によって、多少のニュアンスに違いはあるものの、一貫しているのは「こちらに過失がないこと」が、「車両無過失事故に関する特約」が適用される条件となります。

主な保険会社で、車両無過失事故に関する特約の適用となる事故の条件は下記のものです。

イーデザイン損保の場合

  • 契約されている車の所有者および使用または管理していた方に過失がないこと
  • 相手方の車の所有者が、契約されている車の所有者と異なること
  • 相手方の車の登録番号およびその運転者または所有者が確認できること

あいおいニッセイ同和の場合

  • 契約の車を使用、または管理していた方に過失がなかったことが確定した事故
  • 契約の車を使用、または管理していた方の過失が確定していない場合でも、下記の1~4のいずれかのケースに該当し、かつ客観的事実に照らして過失がなかったことが認められる事故
  1. 契約の車が追突された事故
  2. 相手自動車のセンターラインオーバーによる事故
  3. 相手自動車の赤信号無視による事故
  4. 契約の車が駐停車中に衝突・接触された事故

なお、適用の条件は、車同士の事故に限られていますので、単独事故などの場合は適用の対象外です。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

車両無過失事故に関する特約を付帯できる保険会社

車両無過失事故に関する特約が設けられている保険会社は下記の通りです。

なお、表中の「自動付帯」は、車両保険に加入すると自動で付帯されるという意味です。

また、表中に「任意」とあるのは、車両保険を付帯しても「車両無過失事故に関する特約」は任意で付帯するという意味になります。

したがって、「任意」とある保険会社は、自身で「車両無過失事故に関する特約」を付帯するかどうか決めなければなりません。

保険会社 有無 自動付帯
イーデザイン損保
セゾン自動車火災保険
アクサダイレクト × ×
ソニー損保 × ×
SBI損保 × ×
チューリッヒ × ×
三井ダイレクト × ×
セコム損保
そんぽ24
損保ジャパン日本興亜
日新火災海上
富士火災海上
三井住友海上
三井住友海上 任意
東京海上日動火災 任意
共栄火災 任意
朝日火災 任意

※ 2018年6時点

通販型の保険会社で「車両無過失事故に関する特約」が設けられているのは、イーデザイン損保、セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)、セコム損保、そんぽ24の4社のみです。

一方、代理店型の保険会社の場合は、自動付帯または任意の別を問わず、ほとんどの保険会社で設けられています。

無保険車は10台に2台程度ある

自動車保険に加入していない、いわゆる「無保険車」と言われる車は2016年3月末時点で約12%となっています。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

加入率は少しずつ上がってきているようですが、それでも10台に2台程度は任意保険に入っていない車が走っています。もし、こういう車と事故を起こせば、自分の車は自分で修理するしかありません。

相手に損害賠償を求めることはできますが、もし、相手に経済的な余力がなければ損害賠償を請求しても仕方ない話です。

そうなれば、頼りになるのは自分の任意保険しかありませんし、車の修理代を保険で賄いたいのなら車両保険を付帯しておくしかありません。

自分の保険に車両保険を付帯する場合で、無保険車の事故の補償も備えておきたいのなら、「車両無過失事故に関する特約」が設けられている保険会社で契約するという方が良いかもしれません。

まとめ

この記事のまとめ

  • 車両無過失事故に関する特約で車両保険を使っても等級がダウンしない
  • ただし、こちらに過失がないことが適用条件
  • 通販型の保険会社では4社のみが提供している。イーデザイン損保、セゾン損保、セコム損保、そんぽ24の4社
  • 車両無過失事故に関する特約は自動付帯となる場合が大半
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

特約
自動車保険の匠