臨時運転者特約は廃止された!何故廃止されたの?

保険契約のイメージ

最初に、「臨時運転者特約」は廃止され、現時点で提供する保険会社はありません。

このことを前提に、過去に提供されていた「臨時運転者特約」とはどんな特約だったのか、また、「臨時運転者特約」は何故廃止されたのかについてみていきます。

臨時運転者特約とはどんな特約なのか

自動車保険に入る場合、通常、運転者の年齢に応じた「年齢条件」をセットします。

適切に年齢条件をセットすれば保険料が安くなるため、加入する人は、自分や配偶者など契約した車を運転する可能性のある人の中で最も若い年齢の人に合わせてセットしていることでしょう。

しかし、セットした運転者年齢条件の範囲外の年齢の人が運転し事故を起こした場合、年齢条件の範囲外であることを理由に保険金が支払われないことになってしまいます。

例えば、友人など運転者年齢条件の範囲外の年齢の人が運転する機会が多ければ、その友人の年齢に合わせて年齢条件をセットすれば良いのかもしれませんが、臨時で運転する人の年齢に合わせることもできません。

こんな場合に役立つのが「臨時運転者特約」で、「臨時で運転する人に関しては運転者年齢条件の範囲外でも補償します」というものでした。

臨時運転者とは

臨時運転者特約でいう「臨時運転者」とは、どういう人のことをいうのでしょうか?

保険会社の「臨時運転者」ではない人の定義は下記のようになっていました。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
  3. 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  5. 上記1~4に該当する人の業務に従事中の人
  6. 自動車を取り扱うことを業務としている人

上記の人は、ほとんどが配偶者や親族などですから、常時その車を運転することができますので「臨時運転者」とはならないのです。

この「臨時運転者ではない人」の中に出てこない友人などは「臨時運転者」となりますので、その友人が運転する場合は「運転者年齢条件の範囲外でも補償します」というのが「臨時運転者特約」だったのです。

では、「臨時運転者特約」は何故廃止になったのでしょうか?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

臨時運転者特約が廃止された理由

「臨時運転者特約」が廃止されたのは、「運転者年齢条件」の適用範囲が変更されたからです。

つまり、臨時運転者特約の存在理由がなくなったからに他なりません。

では、「運転者年齢条件」の適用範囲はどう変わったのでしょうか?

運転者年齢条件の適用範囲の変更

以前 運転者年齢条件は親族の他にも適用される
現在 運転者年齢条件は親族の他には適用されない

以前の運転者年齢条件では、親族以外の人にも適用されるものでした。前述した友人の場合などが良い例です。

以前は友人が一時的に臨時で運転する場合でも、運転者年齢条件が適用されますので、それを一時的に解除するために「臨時運転者特約」が必要でした。

しかし、現在の運転者年齢条件では、運転者年齢条件が適用されるのが配偶者や同居親族までとなり、それ以外の人は年齢条件の適用範囲外となったのです。

運転者年齢条件の適用される範囲

現在の運転者年齢条件が適用される範囲が下記になります。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居親族

配偶者や同居の親族までが年齢条件の対象となりますので、年齢条件でセットした年齢以外の人は事故を起こしたとしても補償されません。

しかし、同居していない親族や友人などは運転者年齢条件適用の範囲外となっていますので、年齢条件のセット内容にかかわらず、事故の補償は受けられることになるのです。

ポイント! 運転者年齢条件をセットしていても、別居の親族、友人などの他人は年齢に関係なく補償の対象になる。

ということで、「臨時運転者特約」は必要なくなり廃止という結果になりました。

» 任意保険の年齢条件で補償される範囲や保険料が異なる

まとめ-運転者限定にも注意して

この記事のまとめ

  • 臨時運転者特約は廃止された
  • 理由は運転者年齢条件の適用範囲が変更されたから。つまり、運転者年齢条件が親族の他には適用されなくなったため、以前の「臨時で運転する人に関しては運転者年齢条件の範囲外でも補償します」という特約が不要となった

運転者年齢条件の適用範囲の変更で、運転者年齢条件は、記名被保険者や配偶者、同居の親族の他には適用されないことになりましたが、運転者年齢条件と同時に「運転者限定」をセットしている場合は、年齢に関係なく、運転者限定にセットした以外の人が運転した場合は、補償の対象外となりますので注意しましょう。

運転者限定は、通常、「本人限定」「夫婦限定」などとセットし、夫婦限定の場合なら「夫・妻」以外は補償の対象外となります。

運転者年齢条件は、あくまでも「年齢」に対する条件ですから、その車を誰が運転できるかは「運転者限定特約」のセット内容も考慮しなければいけないのです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

特約
自動車保険の匠