他車運転危険担保特約は他人の車で事故を起こした場合の補償

車の保険のイメージ

他人の車を運転する機会の多い人に役立つのが「他車運転危険担保特約」です。

他車運転危険担保特約は、他人の車で事故を起こしたときに、その車の所有者の自動車保険を使うのではなく、自分の自動車保険を優先して使うための特約です。

通常、自動車保険に入ると自動セットとなる特約です(法人契約を除く)。

どんな補償が受けられるのか

ここがポイント

他車運転危険担保特約では、基本的な補償である「対人・対物賠償保険」や、運転者と同乗者のための「人身傷害保険」、単独事故の場合の「自損事故保険」、車の損害をカバーする「車両保険」などで補償を受けることができます。

ただし、基本的な補償である「対人・対物賠償保険」や「自損事故保険」以外は、付帯が任意となる保険ですので、人身傷害保険や車両保険を付帯していなければ、補償されることはありません。この場合なら、対人・対物賠償保険、自損事故保険からのみ補償され保険金が支払われます。

また、補償される保険金の額についても、自分の保険でセットしている保険金の額に応じた補償となります。なお、借りた車の損害については、自分の車両保険にセットしている保険金の範囲内で、かつ、その車の時価を基準に保険金が支払われます。

なお、特約の名称は「他車運転危険担保特約」となっていたり、あるいは「他車運転危険補償特約」となっている場合がありますが、すべて「他人の車を運転しての事故を補償」するためのものです。

補償の対象となる車種は

補償の対象となる車種は「自家用8車種」となります。

下記の車種が対象となり補償されます。

  • 自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車、
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量2トン以下のもの)
  • 特種用途自動車(キャンピング車)

一般的に使用されている車は、すべて上記の車種に入りますので心配する必要はないでしょう。

補償の対象になる人は

補償の対象になる人の範囲は下記の通りです。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

記名被保険者は、契約車両を主に運転する人のことで、通常、保険の契約者である場合が一般的です。

この記名被保険者を中心に、その配偶者・同居の親族・別居の未婚の子(婚姻歴があると不可)までが、他車運転危険担保特約の適用される範囲となりますので、勘違いしないように注意しましょう。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

他車運転危険担保特約の対象外となる場合に注意

他車運転危険担保特約の適用となるのは、「一時的に借りた車」であることが条件です。

例えば、通販型の保険会社ソニー損保の場合、他車運転危険担保特約の適用対象内となるのは「臨時に借りた車」であるとしています。

他車運転危険補償特約は、他の自動車を「臨時に」借りて使用するときのリスクに備えるもので、臨時に友人の車を借りて運転しているときの事故や、修理工場から修理期間に限って代車を借りて運転しているときの事故などが一般的に補償の対象となります。

※ ソニー損保より

したがって、借りた車の使用に期限がない場合は「臨時に借りた」とはなりませんので、他車運転危険担保特約の補償対象外となります。

また、記名被保険者や配偶者、または同居の親族が所有していたり、常に使用したりする車は「臨時に借りた車」とはいえませんので、この場合も、他車運転危険担保特約の補償対象外となります。

他車運転危険補償特約で補償されない場合

他車運転危険補償特約で補償されない主なケースとして下記のものがあります。

  • 駐車中や停車中などの運転していないとき
  • 無免許運転、酒気帯び運転などによるとき
  • 補償の対象となる人が役員となっている法人の車を運転しているとき
  • 正当な権利のある人の承諾を得ないで他の車を運転したとき

上記に該当する場合、他車運転危険補償特約では補償されませんので注意しましょう。

無免許運転、酒気帯び運転などは論外ですが、意外と間違いやすいのが「駐車中や停車中などの運転していないとき」ではないでしょうか。

駐車中や停車中は、人の乗り降りや荷物の積み下ろしなどで駐停車している場合で、信号待ちや右折や左折待ち、踏切での一時停止などは運転中の一連の動作になりますので、「運転していないとき」には含まれません。

また、他人の車を所有者の承諾を得ず勝手に乗り回した場合も、他車運転危険補償特約では補償されません。

他車運転危険補償特約を使うと等級がダウンする

他車運転危険補償特約は、友人などの他人の保険に優先して自分の保険を使うことになりますので、保険を使うことによって等級は原則として3等級ダウンします。

対人・対物賠償保険や車両保険を使えば、原則として3等級下がりますが、人身傷害保険だけの使用であれば等級は下がりません。

人身傷害保険を使っても、保険会社は「ノーカウント事故(事故としてカウントしない)」として取り扱うため、等級はダウンしないのです。

まとめ

この記事のまとめ

  • 他車運転危険補償特約は「記名被保険者・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子」までが補償を受けることができる
  • 友人や知人などから一時的に借りた車での事故であることが補償の条件
  • 他車運転危険補償特約で補償されない場合もあるので要注意(駐車中や停車中などの運転していないときなど)
  • 他車運転危険補償特約で補償を受けると等級が下がる場合がある。使う保険の種類によっては等級ダウンとなることがある
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

特約
自動車保険の匠