対物全損時修理差額費用特約は必要なのか?

車同士の事故のイメージ

自動車保険の対物全損時修理差額費用特約は、事故で相手側の車が損傷し、修理代がその車の時価額を超えてしまった場合に、その超過分を補償限度額内で補償してくれる特約です。

つまり、「修理費用 > 車の時価」の関係になる場合、対物賠償責任保険では時価額までが補償され、時価額を超える分は補償の対象外となり、自己負担で損害賠償するか、超過分は賠償しないかのどちらかになります。

対物全損時修理差額費用特約は、このような場合をカバーするために設けられた特約です。

対物超過修理費用特約はこんな場合に役立つ

事故で相手の車に損害を与えた場合、こちらの対物賠償保険で車の修理代などが補償されますが、補償される額は、あくまでもその車の時価によって補償額が算出されます。

車の修理費がその車の時価を超えたとしても、超過した修理費については法律上の損害賠償責任が発生しません。そのため、対物賠償責任保険で補償しなければならない義務も生じないので保険金が支払われないのです。

ここがポイント

こういう場合に役立つのが「対物超過修理費用特約」なのです。

ケーススタディで「対物超過修理費用特約」がどんな場合に役立つのか確認していきます。

ケース1(自分の過失割合が100%の場合)

例えば、損害を与えた相手の車の修理に150万円かかるとします。

過失割合100%の場合

※ セゾン損保より

しかし、その車の時価は100万円にしかなりませんでした。

この場合、対物賠償保険からは時価額である100万円の保険金しか支払われません。150万円の修理代に対して100万円の保険金ですから、差し引き50万円も不足してしまうことになります。

この差額を埋めるのが「対物全損時修理差額費用特約」で、このケースの場合なら、不足分の50万円が対物全損時修理差額費用特約で補償されることになります。

過失割合に応じて減額される

自分に過失がある場合は、その過失割合に応じて減額されて保険金が支払われます。

ケース2(自分の過失割合が90%の場合)

例えば、損害を与えた相手の車の修理に50万円かかるとします。

過失割合90%の場合

※ イーデザイン損保より

しかし、その車の時価は30万円にしかなりませんでした。

この場合、対物賠償保険からは時価額である30万円の保険金が支払われますが、自分にも過失があるため、その過失割合に応じて減額され対物賠償保険からは30万円×90%の27万円が支払われます。

また、対物超過修理費用特約にも過失割合が適用され、不足する分の賠償額として対物超過修理費用特約から支払われるのは20万円×90%の18万円となります。

対物超過修理費用特約を付帯していなければ

相手側の車の修理費が時価を超えても、超えた分は法律上の損害賠償責任がありませんから、本来であれば損害賠償をする責任はありません。

しかし、時価額までの補償で相手が納得しなければ、示談交渉が長引くなど、なかなか和解に至らないという事態に発展しかねません。そうなれば、お互いにとって良いことはありませんから、どちらかが譲歩し和解するということになります。

例えば、「時価額を超えた分を自腹を切って補償すると約束」などと譲歩し和解するというようなことが考えられます。

このように、相手が納得しない場合で相手の車の時価を超えた分の損害を補償するために、自腹を切らなければならないこともあります。

こういう自腹を切るような事態にならないためにも、保険料が年間500円前後と安いこともありますので「対物超過修理費用特約」は付帯して損のない特約ではないでしょうか?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

対物超過修理費用特約でいくらまで補償してくれるの

対物超過修理費用特約で補償される額は、多くの保険会社が50万円までとしていますが、なかには補償額を無制限にできる保険会社もあります。

補償額の上限が50万円とする保険会社

  • セゾン損保
  • イーデザイン損保
  • アクサダイレクト
  • ソニー損保
  • SBI損保
  • 三井ダイレクト
  • セコム損保
  • そんぽ24

注意する点もあります。

アクサダイレクト損保やソニー損保などの保険会社では、「対物超過修理費用は、相手の車が事故日の翌日から起算して6ヵ月以内に修理を行った場合に補償します」となっていますので、この期間を超えての修理では対物超過修理費用特約からの保険金は支払われません。

補償額の上限が50万円と無制限から選べる保険会社

チューリッヒの場合は、対物超過修理費用特約の保険金支払限度額は50万円と無制限から選べます。無制限の補償を設けているのはチューリッヒのみです。

  • チューリッヒ

チューリッヒの場合も、対物超過修理費用特約からの保険金が支払われるのは、「事故日の翌日から起算して6ヵ月以内に相手自動車が実際に修理されたときに限ります」と明記されていますので注意しましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 対物全損時修理差額費用特約の補償額上限は50万円が大方を占める
  • 中には、チューリッヒのように無制限の補償をしてくれる保険会社もある
  • 対物全損時修理差額費用特約の保険金にも過失割合が適用される。つまり、自分の過失割合に応じて保険金は減額されて支払われる
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

特約
自動車保険の匠