ファミリーバイク特約はバイク保険より保険料がお得?

ファミリーバイクで事故のイメージ

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯することができる125cc以下のバイクや原付バイクに対する補償です。

ファミリーバイク特約は、主契約である自動車保険で補償を受けることになります。

具体的には、対人賠償保険や対物賠償保険で人身事故や物損事故の損害が補償されます。加えて、人身傷害型の場合は人身傷害保険からの補償、自損型の場合は自損事故保険からの補償を受けることができます。

詳しくみていきます。

ファミリーバイク特約で補償される人・補償されるバイクの種類

バイクの場合は、通常、バイク専用のバイク保険に入りますが、原付バイクやバイクの排気量が125cc以下の場合ならバイク保険に入るより、自動車保険にファミリーバイク特約を付帯した方が保険料は安くなります。

補償の対象となる人

ファミリーバイク特約で補償されるのは、記名被保険者や、記名被保険者の配偶者などの同居親族が補償の対象者になります。

補償される人

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居している親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居している未婚の子

ポイントは、「本人、配偶者、同居親族、別居の未婚の子ども」までが補償の対象となるところです。

よって、同居親族の中に自動車保険に加入している人がいれば、その人からみて上記の関係にある人が「ファミリーバイク特約」で補償を受けることができます。

なお、「記名被保険者または配偶者の別居している未婚の子」の場合は、別居の未婚の子どもが対象になるのですが、その子どもに婚姻歴があれば、現在、未婚であっても補償の対象となりませんので注意してください。

補償されるバイクの種類

ファミリーバイク特約の対象となる「バイク」は、上記の補償の対象となる方が所有・使用・管理する原動機付自転車で、道路運送車両法で定める原動機付自転車です。

道路運送車両法で定める原動機付自転車の種類

  • 総排気量125cc以下の二輪車
  • 総排気量50cc以下の三輪以上の車

なお、ファミリーバイク特約では、原付や125cc以下のバイクの台数に制限はありません。

例えば、母親が買い物などに原付バイクを所有、子どもが125ccのバイクを所有と、1世帯に2台以上のバイクがあっても問題なく補償を受けられるのです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

ファミリーバイク特約の種類

ファミリーバイク特約には、「人身傷害型」と「自損型」の2種類があります。

この種類によって、補償される事故などの範囲が異なりますので注意しましょう。

なお、どちらの種類でも、事故で他人にケガさせた場合には、対人賠償保険から保険金が支払われます。また、物損事故を起こした場合は、対物賠償保険で補償され保険金が支払われます。

人身傷害型とは

人身傷害型は、主契約に付帯している「人身傷害保険」によって補償を受けるタイプとなりますが、補償金額は主契約の人身傷害保険の契約内容によって決まります。

よって、主契約(任意保険)に人身傷害保険を付帯していなければ、「人身傷害型」のファミリーバイク特約は付帯できません。

人身傷害型の場合は、原付バイクなどを運転していての事故で本人がケガを負った場合に、人身傷害保険からの保険金が支払われます。

また、原付バイクで電柱に衝突するような自損事故を起こしてケガをした場合でも、補償の対象となりますので保険金が支払われます。

自損型とは

自損型の場合は、自損事故で運転者がケガをした場合には保険金が支払われますが、相手がある事故で運転者がケガをしても保険金は支払われません。

つまり、自損型は相手のいない単独事故の場合にだけ補償を受けられるタイプとなります。

なお、自損型の場合は人身傷害型とは異なり、主契約に人身傷害保険を付帯しているか否かは問われませんので、任意保険に加入していれば、誰でも付帯できます。

参考)自損事故とは、バイクで電柱に衝突した、ブロック塀にぶっかった、道路標識に擦ったなど、単独で起こした事故のことを指します。

人身傷害型と自損型の比較

人身傷害型と自損型を比較すると以下のようになりますが、人身傷害型の方が「相手のある事故で自分がケガ」をした場合でも補償されますので、補償範囲が広い分だけ保険料も高くなります(保険料については後述)。

事故の種類 補償の有無
人身傷害型 自損型
他人を傷つけた場合
他人の財産に損害を与えた場合
単独事故での自分のケガ
相手のある事故での自分のケガ ×

ファミリーバイク特約の保険料と加入率は

ファミリーバイク特約の保険料は、人身傷害型と自損型で大幅に異なります。

人身傷害型は、相手のいる事故で本人がケガをした場合でも補償されるなど、その補償範囲が広いことにより保険料も高くなっています。

参考までに、ファミリーバイク特約の保険料がどれくらいになるのか、通販型の保険会社のホームページで実際に見積もりした結果を載せておきます。

人身傷害型 20,690円
自損型 6,460円

人身傷害型と自損型では、人身傷害型の方が3倍程度保険料は高くなっています。

ファミリーバイク特約の保険料相場

通販型の保険会社各社のファミリーバイク特約の保険料は概ね以下の範囲となっています。

  • 自損型… 6,000円台~10,000円台
  • 人身傷害型… 20,000円台

ファミリーバイク特約の加入率

保険料が高くなるという理由もあってか、ファミリーバイク特約の種類(人身傷害型・自損型)ごとの加入率にも違いが出てきているようです。

ある保険会社のファミリーバイク特約の加入率をみてみますが、この保険会社は、40代50代の加入者が多いといわれている保険会社です。

40代50代ならば子どもの年齢が10代~20代で、原付バイクに乗っている可能性があるかもしれないと思われましたので、この保険会社で加入率を調べてみました。

ファミリーバイク特約の加入率

※ セゾン損保より

ファミリーバイク特約の加入率は、参考にした保険会社の場合で全体の7%程度です。

その中で、人身傷害型が2.7%、自損型が4.3%となり、人身傷害型の保険料が高いということもあるのでしょうが、倍くらい自損型の方が多くなっています。

バイク事故でファミリーバイク特約を使っても等級は下がらない

ここがポイント

事故を起こしてファミリーバイク特約で補償を受けても、主契約(自動車保険)の等級がダウンすることはありません。

ファミリーバイク特約のみを使った場合、保険会社は「ノーカウント事故(事故とカウントしない)」として処理しますので、他に等級に影響するような事故を起こしていなければ等級に影響することはないのです。

つまり、等級は下がらない&保険料は上がらない!ということになります。

まとめ-長期で加入するならバイク保険もあり

この記事のまとめ

  • 本人、配偶者、同居親族、別居の未婚の子どもまでを補償
  • 保険料はバイク保険よりも安くなる
  • ただし、長年入り続けるならバイク保険が安くなる場合も
  • ファミリーバイク特約を使っても等級は下がらない

ファミリーバイク特約は、一般的なバイク専門の保険に入るより保険料が安くなります。

自損型の場合なら、年間で6,000円~10,000円程度の保険料で、一応の安心を付帯することができます。

これが、バイク専門の保険の場合は、年間の保険料が40,000円以上(新規の6等級で加入する場合)することも珍しくありませんので、保険料を節約するという意味でいえばファミリーバイク特約はお得といえるかもしれません。

ただし、バイク保険も長期で加入するのなら年々等級も上がって行くことでしょうから、それに伴って保険料も安くなっていきますので、長く加入し続けるのであればバイク保険という手もあります。

例えば、バイク保険に加入し4年経過すれば10等級(事故で保険を使わなければ)となり、保険料は15,000円前後まで下がってきます。

こうなれば、ファミリーバイク特約の人身傷害型よりも保険料は安いことになりますので(原則、特約の保険料は安くならない)、どの程度の期間、バイクに対する補償が必要かなども考慮して、ファミリーバイク特約が良いのかバイク保険が良いのか判断する必要がありそうです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

特約
自動車保険の匠