洪水や冠水による車の損害は車両保険で補償されるの

冠水した車のイメージ

近年では、台風または豪雨による洪水や冠水で被害が発生しているというニュースをよく見るようになりました。

特に、ゲリラ豪雨により道路が冠水している模様をテレビなどで放映している様子も見るにつれ、これも異常気象の影響かと感じてしまうのは筆者だけではないでしょう。

ここでは、洪水や冠水によって車が損害を被った場合に、車両保険で補償されるのか否かについて解説していきます。

車両保険に加入していれば補償される場合も

ゲリラ豪雨や台風によって道路が冠水し損害を被ったとか、河川が氾濫して洪水が発生し車が水に浸かってしまったという場合でも、車両保険に加入していれば補償される可能性があります。

ここがポイント

車両保険には、車の損害のほとんど全てに対応している「一般車両」と、一般車両から「当て逃げや単独事故など」の補償を除いた「エコノミー+限定A」、車対車の事故のみに対応した「車対車」などの種類がありますが、このうち「車対車」以外の車両保険タイプであれば、「洪水や冠水」の被害も補償されます。

よって、「一般車両」か「エコノミー+限定A」に加入していれば、車両保険から保険金を受け取れるとなります。

ここで、「一般車両」と「エコノミー+限定A」の補償範囲を確認しておきましょう。

一般とエコノミーの補償範囲

車両保険の「一般車両を①」とし、「エコノミー+限定Aを②」として、それぞれの補償範囲を確認してみます。

事故の種類
他の自動車との衝突・接触
飛来物・落下物との衝突
火災・爆発
盗難
台風・竜巻・洪水・高潮
落書・いたずら
あて逃げ(相手不明) ×
転覆・墜落 ×
塀や電柱等との衝突・接触 ×
自転車との衝突・接触 ×

黄色で色を付けた部分を見ていただきたいのですが、どちらのタイプの車両保険でも「台風・竜巻・洪水・高潮」による損害が補償対象となっているが分かると思います。

洪水や冠水の被害で車両保険が使えるケース

  • 洪水により河川が氾濫し水没した
  • 洪水で機械式駐車場ごと水没した
  • 走行中にガード下などの低い場所で冠水(水に浸かった)した
  • 洪水に伴う土砂崩れに巻き込まれた

このような場合に、車両保険で補償され保険金が支払われます。

なお、洪水や冠水によって車が損害を受けた場合は、上記のケースでなくても補償される場合がありますので、被害に遭ったら保険会社に連絡し相談すると良いでしょう。

保険金はどれくらい支払われるの

洪水や冠水の被害にあった場合は、損害が大きくなる可能性があります。

車が水に浸かる高さにもよりますが、屋根まで水に浸かつてしまえば「全損」となる可能性もあります。

もし、全損となれば、車両保険の保険金にセットしている額の全額が保険金として支払われます。車両保険に免責金額をセットしている場合であっても、免責金額を控除することなく全額が支払われることになります。

一部損壊の場合は、車両保険にセットした金額内で、修理に要する金額が保険金として支払われます。

ただし、一部損壊の場合は、免責金額が控除されて支払われます。全損となった場合とは異なりますので注意してください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

洪水や冠水で車両保険を使うと等級が下がる

洪水や冠水による損害の修理のために車両保険を使うと等級は1等級ダウンします。さらに、「事故あり係数適用期間」が1年加算されます。

1等級ダウンしたことにより翌年の保険料は高くなります。

しかし、冠水や洪水などの水による損害は、被害の程度が大きくなる傾向にあるので、翌年の保険料が高くなるというデメリットはあるものの、この場合は、車両保険を使うというのが正解ではないでしょうか。

ただし、損害が軽微なものであれば、保険を使わず自己負担で修理した方が得をすることもありますので、保険を使う前に保険会社に保険を使った場合の保険料を試算してもらい、車の修理代と比較し、出費の少ない方を選択すると良いでしょう。

地震に伴う洪水や冠水は補償の範囲外

豪雨によって河川が氾濫してガード下などで冠水した場合や、大雨による洪水の場合は車両保険で補償されるのですが、洪水や冠水の原因が地震による場合は、車両保険で補償されません。

上記の車両保険の補償範囲にあるように、「台風・竜巻・洪水・高潮」などの自然災害は補償の対象となるのですが、見ての通り「地震・津波・噴火」などの記述が無いことからも分かる通り、地震によって引き起こされた「洪水や冠水」では車両保険は使えません。

ただし、一部の保険会社が設けている「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」や、「車両地震特約」を付帯していれば、契約車両が地震などによって損害を被っても、一定額の保険金が支払われます。

よって、これらの特約を付帯していれば「地震に起因する洪水や冠水でも補償される」となります。

なお、「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」や「車両地震特約」については、下記の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 洪水や冠水で車が被害を受けても車両保険が使える。一般車両、エコノミーのどちらでも洪水や冠水の損害は補償対象になる
  • ただし、地震に伴う洪水や冠水の場合は車両保険は使えない
  • 車両地震特約などを付帯してあれば地震に伴う洪水や冠水でも補償される。ただし、この特約を設けている保険会社は少ない。通販型なら、チューリッヒとアクサダイレクトの2社のみ
  • 洪水・冠水の被害で車両保険を使えば1等級下がる。さらに、ダウン後の等級は「事故あり等級」となるため、保険料は予想以上に上がる可能性がある
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠