津波による車の損害は車両保険で補償されるの

住宅に押し寄せる津波のイメージ

津波は地震に伴って発生する場合が多いのですが、ある意味、地震より怖いのが津波かもしれません。

筆者が経験した東日本大震災のときの津波は想像を絶するもので、すべての建物や車が凄まじい津波によって流されてしまいました。筆者同様、今もその光景が瞼に焼き付いている人は多いことでしょう。

そんな恐ろしい津波なのですが、もし、自分の車が津波によって流されたり壊れたりした場合に、車両保険で補償されるのか確認していきましょう。

どのタイプの車両保険でも津波は補償の対象外

ここがポイント

車両保険には、大きく分けて「一般車両」「エコノミー+限定A」などのタイプというか種類があるのですが、これらのどのタイプの車両保険でも津波による車の損害は補償の対象外となっています。

よって、「車両保険で津波の損害はカバーできない」となります。

何故なら、津波は一度にきわめて巨大な損害を発生させる可能性があるものですから、これを自動車保険の車両保険で全て補償していたら保険会社の財務基盤を揺るがすことにもなります。

そのため、どこの保険会社でも津波による車の損害は補償されないのです。

ただし、別途に特約を付帯することで補償される場合もあります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

津波で車が損害を被っても特約で補償される場合も

唯一、自動車保険で補償される可能性があるのは、車両保険に「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」を付帯している場合です。

ただし、この特約を設けているのは、通販型の保険会社なら「チューリッヒ」と「アクサダイレクト」のみです。代理店型の保険会社であれば、東日本大震災以降に、この特約を設ける保険会社が増えていますが、通販型では2社でしか提供されていないのが現状です。

通販型の保険会社では以下の2社のみで提供されています。

  • チューリッヒ
    … (名称: 地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約)
  • アクサダイレクト
    … (名称: 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約)

※ 2018年1月現在

通常、津波や地震などの自然災害は車両保険では補償されませんが、一部の保険会社が設けている「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」を付帯していれば、契約車両が津波で損害を被っても、一定額の保険金が支払われます。

地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約は、地震で車が全損となるような損害を受けた場合に、一時金として50万円の保険金が支払われるというもので、特約を付帯する場合の保険料は年間で5,000円程度となっているのが一般的です。

なお、地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約による補償額が50万円となっている保険会社が大半を占める中、朝日火災の車両地震特約ように「全損の場合に車両保険金額の全額が補償」される保険会社もあります。

車両地震特約は津波で車が損害を受けても補償額が大きい

代理店型の保険会社である朝日火災の「車両地震特約」は、地震・噴火・津波で車が損害を受けた場合に車両保険金額の全額を補償するなど、補償額が大きいのが特徴です。

具体的には、次のような場合に補償されます。

  • 地震の影響による建物の損壊に伴い自動車が被災した
  • 津波の影響により自動車が被災した
  • 地震に起因する火災により自動車が被災した

車両地震特約は、上記のような場合に保険金が支払われますが、その補償額が多くの保険会社で設けられている「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」とは異なり、車両保険の保険金額が保険金として支払われます。

具体的な補償額は

津波や地震などで車が「全損」となった場合は、車両保険金額の全額が補償されます。この点は、他社で販売している「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」と大きく異なる部分です。

例えば、車両保険の保険金を150万円でセットしている場合で、津波により車が「全損」と判定されれば、保険金額の全額の150万円が保険金として支払われるということです。

また、全損時以外の一部損壊でも車両保険にセットした保険金額の範囲内で補償されます。他社の特約の場合は「全損」となった場合にだけ補償され保険金が支払われるのですが、車両地震特約の場合は「一部損壊」であっても保険金が支払われるのです。

このように、車両地震特約は補償が大きいので、地震や津波に見舞われる確率の高い地域に住んでいる方で比較的車が新しい方は、車両地震特約を検討しても良いかもしれません。

ただし、朝日火災は代理店型の保険会社ですので、全体的な保険料は高くなる可能性があるということは忘れずにいてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 津波による車の損害は車両保険での補償は難しい
  • 車両地震特約などの特約を付帯してあれば津波の損害も補償される。なお、特約を設けているのは通販型ならチューリッヒとアクサダイレクトのみで、特約の補償内容で選ぶなら代理店型の朝日火災の車両地震特約の補償が大きい
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠