地震で車が壊れたら車両保険で補償されるの

地震に見舞われる都市のイメージ

日本は地震大国ですから、いつ大きな地震が起きてもおかしくはありません。

以前、筆者が宮城県に住んでいたころに起きた東日本大震災で大きな地震を経験していますが、そのときの経験から地震ほど恐ろしいものはないと思っています。

では、日本で頻繁に起きている地震で車が損害を受けたら、自動車保険の車両保険で補償されるのかについてみていきます。

車両保険で地震の被害は補償されない

ここがポイント

結論から先に言えば「車両保険で地震の損害は補償されない」ということです。

車両保険には、車に対する損害のほとんどをカバーする「一般車両」と、補償範囲が限定された「エコノミー+限定A(単独事故や当て逃げのなどの補償を除いたもの)」などの種類がありますが、どちらのタイプの車両保険でも、地震による車の損害は補償の対象外となっています。

地震は一度にきわめて巨大な損害を発生させる可能性があるものですから、これを自動車保険で補償していたら保険会社の財務基盤を揺るがすことにもつながるのでしょう。

そのため、どこの保険会社でも地震による車の損害は補償されないのです。

ただ、保険会社によっては特約で地震の損害をカバーできる場合があります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

地震で車が被害を受けても特約で補償される場合も

通常、地震や津波などの自然災害は車両保険では補償されませんが、一部の保険会社が設けている「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」を付帯していれば、契約車両が地震などで損害を被っても、一定額の保険金が支払われます。

ただ、保険金の額は大きなものではありませんので、車を買い替えるための諸費用分程度の保険金が支払われると理解すれば良いかもしれません。

通販型の保険会社で「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」を設けている、もしくは同種の補償を設けている保険会社は少ないのが現状で、主に損保ジャパンなどの代理店型の保険会社を中心に提供されています。

参考)通販型の保険会社で、この特約が設けられているのは下記の保険会社のみです。

  • チューリッヒ(名称: 地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約)
  • アクサダイレクト(名称: 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約)

※ 2018年1月現在

この特約は、地震で車が全損となるような損害を受けた場合に、一時金として50万円の保険金が支払われるというもので、特約を付帯する場合の保険料は年間で5,000円程度となっているのが一般的です。

なお、「地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」で言うところの「全損」とは下記の状態になった場合です。(代理店型の保険会社 損保ジャパンの場合)

  • 「ルーフの著しい損傷」「3本以上のピラーの折損・断裂またはこれと同程度の損傷」「前面・ 後面ガラスおよび左右いずれかのドアガラスの損傷」のすべてが生じた場合
  • 津波等により流失・埋没し発見されなかった場合
  • 地震・津波等による火災により全焼した場合

※ 損保ジャパンより

車が全損となって保険金が50万円ですから、特約を付帯する意味があるのかは疑問ですが、地震の多い地域や今後に地震が発生するであろうと予測されている地域に居住しているのであれば、車を買い替える際の諸費用くらいにはなりますので、付帯するか否か検討しても良いかもしれません。

なお、今後起こりうる地震に関しては「政府地震調査研究推進本部」で公表している「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」を表した分布図が参考となるでしょう。

政府地震調査研究推進本部(文部科学省研究開発局地震・防災研究課)

政府地震調査研究推進本部から発表されているデータと自分が住んでいる地域を照らし合わせて、地震の発生する確率が高い地域に住んでいると分かれば、上記の特約を付帯し地震の損害に備えることはできます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 地震による車の損害に車両保険は使えない
  • 地震で車が全損となれば一部の保険会社の特約付帯で補償される。通販型の保険会社なら「チューリッヒ」と「アクサダイレクト」のみ
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠