大雪・雪害の損害は車両保険で補償されるの

大雪のイメージ

近年では雪国ばかりではなく、普段、雪のあまり降らない地域でも大雪が降っています。

ニュースなどで報道されているように、特に日本海側の各都市の大雪による被害が多いようです。まさに雪害と言えるような降雪量なのですが、もし、屋根などに積もった雪が車の上に落ちて車が凹んだり、キズがついてしまったら、車両保険を使って直せるのでしょうか?

雪による損害は車両保険で補償される

ここがポイント

結論からすれば「大雪などによる損害は車両保険で補償」されます。

車両保険には、車に対する損害のほとんどをカバーする「一般車両」と、補償範囲が限定された「エコノミー+限定A」があります。

なお、上記以外にも、車対車の事故のみを補償する「エコノミー」や、台風や水害などの自然災害のみを補償する「限定A」などの種類がありますが、大半の保険会社が上記の「一般車両」と「エコノミー+限定A」という分類で提供しています。

よって、「一般車両」と「エコノミー+限定A」のどちらかのタイプの車両保険に加入していれば、雪により被害を受けても保険金を受け取ることができます。

詳しく補償の範囲を見てみましょう。

雪による損害の補償

ここでは、車両保険の「一般車両を①」とし、「エコノミー+限定Aを②」として、それぞれの補償範囲を確認していきましょう。

なお、下記の例としてあげたのは、筆者が加入しているSBI損保の場合です。補償の範囲などは、大半の保険会社で同一だと思いますが、念のために自分の加入している保険会社で確認しておいた方が良いでしょう。

事故の例
落ちてきた雪と雪の重みで車の屋根やボンネットが凹んだ
雪に衝突したり雪でスリップしてガードレールに衝突した ×
雪でスリップして他人の車に衝突した

雪に衝突したり雪でスリップしてガードレールなどの他の物に衝突した場合(所謂、単独事故の場合)は、加入している車両保険が「エコノミー+限定A」であれば車両保険の補償対象外となるため、保険を使うことはできません。

また、雪でスリップして他人の車に衝突した場合は、「相手方の車の登録番号および、運転者または所有者が確認できたとき」にのみ「エコノミー+限定A」でも補償されることになります。

雪の重みで車庫が倒壊した場合などは、車両保険の補償対象外となります。つまり、車両保険を契約している車が雪で被害を受ければ車両保険で修理することは可能ですが、車庫そのものが壊れた損害は補償されないのです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

雪の被害で車両保険を使うと等級が下がる

落ちてきた雪や雪の重みで車の屋根やボンネットが凹んだ場合、保険を使い車を修理すると等級は1等級下がります(保険金が支払われれば等級はダウンします)。

等級がダウンしたことにより、翌年からの1年間は「事故あり等級の事故あり割引率」が適用されますので、それに伴って保険料もアップします。今まで通りの「事故なし等級」に戻るのは、保険を請求した年から数えて2年目となります。

事故あり等級については後半で説明します。

雪に衝突したり雪でスリップしてガードレールに衝突した場合や、雪でスリップして他人の車に衝突した場合で保険を使うと、等級は3等級ダウンします

保険料については、翌年からの3年間は「事故あり等級」が適用されますので、その間は保険料が高くなってしまいます。なお、「事故あり等級」が適用されている期間のことを「事故有係数適用期間」といいます。

このように、保険を使うことになった事故の種類によってダウンする等級が決まってきます。

事故あり等級って何か

事故あり等級は、事故を起こしたことへの一種のペナルティと理解して差し支えないでしょう(事故を起こしても保険を使わなければ、事故あり等級にはなりません)。

事故あり等級は、事故を起こし保険を使った場合に適用される等級のことで、事故がなかった場合の「事故なし等級(通常の等級)」と比べ、保険料の割引率が低くなっています。

例えば、事故なし等級15等級の保険料割引率は51%ですが、これが事故あり等級の15等級となれば割引率は33%にまで低下してしまうのです。その差は18%ですが、保険料に適用されれば大きな開きとなってしまいます。

よって、雪による車への損害が軽微なものであれば、車両保険は使わず自腹で修理するという選択肢も視野に入れておく必要があるのです。

なお、車両保険を使うか否かで迷った場合は、保険会社に連絡し車両保険を使った場合の保険料を試算してもらうと良いでしょう。その結果で、自腹を切るか車両保険で直すか判断してください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 大雪などの雪害の損害は車両保険で補償される。一般車両、エコノミーのどちらでも大雪や雪害の損害は補償対象になる
  • 雪害で車両保険を使うと事故の種類に応じて1~3等級ダウンする。さらに、ダウン後の等級は「事故あり等級」となるため、保険料は予想以上に上がる可能性がある
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠