当て逃げされたら車両保険は使えるの

当て逃げのイメージ

車が当て逃げされたのだけど保険は使えるのだろうかと心配になることはありませんか?

当て逃げも車に対する損害なのですから、車両保険で補償されるハズですが、どの種類の車両保険でも補償されるのかを理解しておかないと、いざ保険を使おうとしたときに補償の対象外だったということになってしまいます。

ここでは、車が当て逃げされたときに使える保険について説明します。

当て逃げの補償は車両保険で

当て逃げされた場合は、本来であれば当て逃げした本人が車の修理費用などを負担するのですが、当て逃げした本人が特定できないような場合は、自分の車両保険を使うしかありません。

この場合、当て逃げの補償がある「一般車両」型の車両保険に加入しているときのみ、自分の車両保険で損害を受けた車を修理することができます。

車両保険に加入していても使えない場合も

車両保険には、いくつかの種類があります。

補償範囲が車の損害のほとんどをカバーする「一般車両」、補償範囲が限定された「エコノミー+限定A」、車対車の事故のみを補償する「エコノミー」、落書きや水害などの自然災害のみを補償する「限定A」などですが、「一般車両」以外のものは「当て逃げ」の補償は対象外となっていますので注意が必要です。

ここがポイント

つまり、車両保険に入っていても、その種類が「一般車両」でなければ、当て逃げに遭っても保険は使えないのです。

当て逃げで車両保険を使う等級が下がる

当て逃げに遭って車両保険を使うと等級は3等級ダウンします。

相手が勝手にぶつけて逃げたのに等級が3等級も下がるのは納得いかないこともあるでしょうが、原則、保険を使うと等級はダウンしてしまいます。

ただし、「車両無過失事故に関する特約」が付帯されていて、相手が特定できれば車両保険を使っても「ノーカウント事故」という扱いになりますので、等級が下がることはありません。(車両無過失事故に関する特約については後述します)

等級が3等級下がると、翌年から3年間は「事故あり等級」という保険料の割引率の低い等級が適用されますので、保険料は上がることになります。なお、この3年間を「事故有係数適用期間」と言います。

では、等級が下がったことにより保険料にどのくらい影響があるのでしょうか?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

当て逃げで3等級下がると保険料はこうなる

等級が3等級下がることで保険料にどのくらい影響がでるのか実際に見積もりしてみました。

年齢:40歳、年齢条件:35歳以上補償、免許:ゴールド、等級:20等級、車種:フィット、人身傷害保険:あり、車両保険:一般車両、車両保険金:135万円、免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円

保険料の見積もりは、保険料が安いと言われる通販型の保険会社で行いました。

等級 保険料 事故係数
20等級 41,220円
17等級 73,120円 3年
18等級 70,570円 2年
19等級 68,010円 1年

※ 事故係数は「事故有係数適用期間」のことです。

当て逃げされたときの等級は20等級でしたが、保険を使ったことにより、翌年は17等級の事故あり等級にダウンしますので、保険料は当て逃げ前と比べ31,900円もアップしてしまいました。

この保険料の高い状態が3年間続き4年目に元の20等級に戻ることになりますが、保険料の上昇分は3年間のトータルで「88,040円」もの額となってしまいます。

このことから、当て逃げされた車の修理代が8万円程度までなら自己負担で修理した方が得になりそうです。ただし、保険料は、契約している個人個人で異なるものですから、一応の目安としてください。

また、車両保険の保険金は、免責金額分が差し引かれて支払われますので、今回のケースのように免責金額をセットしている場合は、その免責分を考慮に入れなければなりません。

なお、保険を使うか否かの判断に迷ったら、保険会社に連絡を入れ保険を使った場合の保険料を試算してもらうと良いでしょう。その結果で、保険で修理するか自腹を切るかの判断をしても良いと思います。

車両無過失事故に関する特約で等級が下がらない

車両無過失事故に関する特約は、車両保険に加入するとセットできる特約です。

車両無過失事故に関する特約がセットされていれば、当て逃げなどのもらい事故で車両保険を使っても、ノーカウント事故として取り扱うため、翌年からの等級が下がらないのがポイントです。

本来、「車両無過失事故に関する特約」は、相手による一方的な追突や自分に過失のない被害事故で、一定の条件を満たす場合に保険金の支払いを受けても、事故を無かったことにできる特約ですが、特約が適用されるためには「相手が特定」できるという条件があります。

車両無過失事故に関する特約の条件

  • 相手車両との接触または衝突事故(車対車事故)であること
  • 事故に関する過失がないこと
  • 相手登録番号と相手の住所・氏名が確認できること

そのため、当て逃げの場合は相手の「ナンバー」などが特定できる場合に限られます。

当て逃げした相手が判明すれば、「車両無過失事故に関する特約」によって「ノーカウント事故」にできる可能性があるのです。

ただ、当て逃げの場合は、当て逃げした相手を特定できないことが多いようですから、当て逃げの補償のためにだけ付帯するのであれば「車両無過失事故に関する特約」を付帯する意味はあまりないかもしれません。

車両無過失事故に関する特約は、車両保険に加入すると自動で付帯する保険会社と、任意でセットする保険会社に分かれています。

車両無過失事故に関する特約は、セゾン損保(おとなの自動車保険)や損保ジャパン日本興亜、イーデザイン損保(車両無過失事故の特則)、セコム損保、そんぽ24、日新火災などの保険会社では自動でセットされますが、あいおいニッセイ同和損保、共栄火災、東京海上日動、マイカー共済のように任意で付帯しなければならない保険会社もありますので注意が必要です。

まとめ

この記事のまとめ

  • 当て逃げも車両保険で補償されるが、車両保険のタイプによる。一般車両タイプのでのみ補償される
  • 車両保険の保険金を請求すると等級は3つ下がり保険料が上がる。事故あり等級が割り当てられるため保険料は相当上がることに。さらに、事故あり係数適用期間(3等級ダウン事故なら3年)は保険料の高い状態が続く
  • 車両無過失事故に関する特約を付帯してあれば等級が下がらない
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠