車にキズを付けられたら車両保険で直せるの

自動車保険を使って車を修理するイメージ

車に傷がつけられた場合に、車両保険で直せるのでしょうか?

事故などで車に傷がついた場合は、自分の車両保険で修理することもできますし、事故の相手が任意保険に加入しているのなら、相手の自動車保険で車の損害を賠償してもらう(過失割合で減額される場合があります)ことができますが、「いたずら」で傷をつけられた場合でも車両保険は使えるのか疑問になることもあるでしょう。

しかし、いたずらで車にキズをつけられた場合でも車両保険を使って直すことができるのです。

車両保険の種類によらず車のキズは車両保険が使える

いたずらなどで車にキズを付けられキズの修理のために車両保険を使うと等級が1等級ダウンしますので、軽微なキズであれば、車両保険を使わずに自腹で修理するという選択肢も検討してください。

車の損害の補償は、車両保険の種類によって異なります。

車両保険の種類は大きく分けて2つあります。

補償範囲が車の損害のほとんどをカバーする「一般車両」と、補償範囲が限定された「エコノミー+限定A」に分かれます。

これ以外にも、車対車の事故のみを補償する「エコノミー(車対車)」や、落書きや水害などの自然災害のみを補償する「限定A」などがありますが、大半の保険会社では上記の「一般車両」と「エコノミー+限定A(単にエコノミーとしている場合もある)」という種類で提供しています。

車両保険の種類ごとの補償範囲

車両保険の種類によって補償される範囲が異なってきますので、自分の車両保険の種類を理解しておく必要があります。

ここでは、車両保険の「一般車両を①」とし、「エコノミー+限定Aを②」として、それぞれの補償範囲を確認していきましょう。

事故の種類
他の自動車との衝突・接触
飛来物・落下物との衝突
火災・爆発
盗難
台風・竜巻・洪水・高潮
落書・いたずら
あて逃げ(相手不明) ×
転覆・墜落 ×
塀や電柱等との衝突・接触 ×
自転車との衝突・接触 ×

エコノミー+限定Aの場合は、「当て逃げ」「転覆・墜落」「塀や電柱等との衝突・接触」「自転車との衝突・接触」などの補償はありませんが、「落書・いたずら」による損害は補償の範囲に含まれています。

このことから、いたずらなどで車にキズをつけられた場合であっても、車両保険を使って修理することは可能ということになります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

車の修理に車両保険を使うと保険料が上がる

保険料がアップするイメージ

冒頭でも説明しましたが、車両保険を使うと等級が1等級ダウン(1等級ダウン事故)してしまい、翌年から1年間は保険料が高くなってしまいます。

保険料が高くなる理由は、「事故あり等級となることで保険料の割引率が低くなる」からで、事故で保険を使った年から数えて2年目に元の「事故なし等級」に戻ります。なお、事故あり等級が適用されている1年間を「事故有係数適用期間」といいます。

事故あり等級と事故有係数適用期間については下記を参考にしてください。

» 事故あり係数と事故有係数適用期間について

よって、数万円程度で修理できる程度のキズであれば、車両保険は使わず自腹で修理した方が得になることもあります。

さらに、車両保険を付帯する際に、免責金額(自己負担となる額)を設定しているのであれば、セットした免責金額を超える分しか保険金が支払われませんので、数万円単位の軽微なキズであれば自己負担で修理した方が良いかもしれません。

なお、車両保険を使った場合、翌年以降の保険料がどれくらいになるのかを、保険会社で見積もりしてもらうことができます。

傷の修理に車両保険を使うのなら、保険金を請求する前に、一度、翌年からの保険料を調べてもらって、実際の修理費用と比較してみてください。

その結果、トータルで出費が少なくなる方で車のキズを直すと良いでしょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 故意に車にキズを付けられても車両保険のタイプ(一般車両、エコノミー)に関係なく修理のために車両保険が使える
  • ただし、車両保険を使うと1等級ダウンする。さらにダウン後の等級が事故あり等級となることから保険料は上がる
  • 軽微なキズなら車両保険を使わない方が得をする場合も
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

車両保険
自動車保険の匠