自動車保険の車両料率クラスは車種・型式ごとの危険度

車の保険のイメージ

自動車保険には車種・型式ごとに、その車の危険度(リスク度)を表す「車両料率クラス」というものがあります。

車両料率クラスは、対人、対物、傷害(人身傷害保険・搭乗者傷害保険)、車両の4つの保険に適用される率で、保険料の算出に大きく影響を与える要素の一つとなります。

ここでは、保険料に影響を及ぼす「車両料率クラス」についてみていきます。

車両料率クラスは9段階

車両料率クラスは毎年「損害保険料率算出機構」という組織によって見直しされて新しくなりますので、全国的に事故や盗難が多かった車種・型式は車両料率が上がり、逆に、事故や盗難が少なかった車種・型式は車両料率が下がります。

車両料率の変動は保険料に影響を与えますので、車両料率が上がれば保険料が上がる可能性が高くなりますし、車両料率が下がれば保険料も下がる可能性が高くなるのです。

型式別車両料率クラスは車の危険度を表す

車両料率クラスは、「1~9」までの9段階で構成されています。

1が最も危険度(リスク)が小さく、9が最も危険度(リスク)が高くなります。

車両料率クラスは保険料に影響を与えますので、危険度が小さいほど保険料は安く、危険度が高いほど保険料が高くなるという仕組みになっています。

型式別の車両料率クラスのイメージ

※ ソニー損保より

事故や盗難などで保険金の支払い実績が多かった車種・型式は、車両料率クラスが上がる可能性が大きくなりますので、これに伴って保険料も上がる可能性があるのです。

つまり、自分で保険を使ってもいないのに保険料が安くならない、または前年より保険料が上がったという場合は、「車両料率クラス」に変動があった可能性があるのです。

では、車種によって「車両料率クラス」がどの程度違うのかを確認してみましょう。

コンパクトカーの車両料率クラス

コンパクトカーの車両料率クラス

※ ソニー損保より

上記は一般的なコンパクトカーの車両料率クラスですが、全体的に車両料率クラスは低めの値となっています。

コンパクトカーといえば、フィットやヴィッツなどをイメージしますが、これらのコンパクトカーによる事故は少ない傾向にあるようで、そのため車両料率クラスの値も低くなっています。

コンパクトカーの場合は、家族で乗る車というイメージもありますし、もし事故で車が壊れたとしても、修理代が高額になりにくいという特徴もありますので、車のリスク度は低いと判断されているのでしょう。

そのため、車両料率クラスも「3~4」の設定となっています。

高級車・スポーツカーの車両料率クラス

高級車・スポーツカーの車両料率クラス

※ ソニー損保より

一方、盗難に遭いやすい、もしくは修理代などが高額になりやすい高級車やスポーツカーなどは、車両料率クラスも高めの値となっています。

高級車やスポーツカーの場合は、車両そのものの価格も高いので、万一盗難ともなれば高額な保険金を支払わなければなりません。また、修理代にしても、高級車のパーツは高額なものが多いので、必然的に支払う保険金の額は大きくなってしまいます。

そのために、車の危険度(リスク)は高く、それに伴って保険料も高くなるのです。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

軽自動車には車両料率クラスがない

なお、軽自動車には現在のところ車両料率クラスがありません。

よって、どの軽自動車で任意保険に入っても、契約する車の車種・型式によって保険料が大きく違うことはないのです。

ただ、今後、軽自動車にも車両料率クラスが導入される予定となっていますので、そうなった場合、軽自動車でも車種・型式によって保険料に開きがでることが予想されます。

軽自動車の「型式別車両料率クラス」については下記の記事を参考にしてください。

» 軽自動車に型式別料率クラスが導入されると保険料は上がるの

車両料率クラスでどのくらい保険料が違うの

車両料率クラスは「1~9」までの9段階であることは既にお話した通りですが、車両料率クラスが「1」違うとどのくらい保険料に開きが出るのかを下記の表にまとめました。

ベースとなる保険料(仮の保険料として30,000円)が、車両料率クラスの値が大きくなるに従って変化していく様子を示したのが下記の表です。

車両料率クラス 倍率 保険料の目安
1 1.0 30,000円
2 1.2 36,000円
3 1.4 42,000円
4 1.6 48,000円
5 1.9 57,000円
6 2.4 72,000円
7 3.0 90,000円
8 3.6 108,000円
9 4.0 120,000円

車両料率クラスの値が「1」上がるごとに倍率が高くなっていき、車両料率クラスが「9」になると「1」のときの4倍まで保険料は高くなっていきます(仮の保険料の30,000円が120,000円まで跳ね上がってしまいます)。

前述の高級車やスポーツカーの場合では、車両(車両保険)が「9」に該当していましたので、それだけ危険度が高い車種ということになり、その危険度が保険料に反映して行くのです。

※ 保険料は「車両料率クラス」のみで決まるものではなく、その他にも等級や運転者年齢条件、運転者限定、年間走行距離などの諸条件できまります。したがって、上記の保険料の目安は、車両料率クラスごとの保険料を分かりやすくしたものであって、実際の保険料と異なります。

車両料率クラスを調べる方法

自分の車の車両料率クラスを調べる方法としては、「損害保険料率算出機構」の「型式別料率クラス検索」を使うのが手っ取り早く確認する方法でしょう。

その他にも「自動車保険料率クラスデータベース」というサイトを利用する方法もありますが、データが少し古いなどの難点がありますので、最新の情報を確認できる「型式別料率クラス検索」が良いようです。

型式別料率クラス検索では、「メーカー・車名」もしくは「 型式 」から車の 型式別の料率クラス が検索できます。検索結果は、損害保険料率算出機構で算出した参考純率上の料率クラスになりますので、実際に保険会社が使用している「車両料率クラス」と異なる場合があります。

ですが、自分の車の「車両料率クラス」を知るうえではベストな方法となりますので、興味のある方は検索してみると良いでしょう。

損害保険料率算出機構(型式別料率クラス検索)

ちなみに、上記の「型式別料率クラス検索」を使って、前述のコンパクトカーと高級車の車両料率クラスを検索した結果を載せておきます。

ホンダ フィット
… 対人・4、対物・4、傷害・5、車両・3
ニッサン ノート
… 対人・4、対物・4、傷害・5、車両・3
トヨタ クラウン
… 対人・4、対物・4、傷害・5、車両・5
スバル インプレッサ
… 対人・6、対物・5、傷害・5、車両・9

この中では、スバルのインプレッサの車両料率クラスが高い値を示しています。車両(車両保険)に関して、車両料率クラスが「9」となっていますので、車のリスク度としては最も高い値となっています。

保険会社の中には、「車両料率クラス」が9の場合は、車両保険を付帯できないなどの対応となることがありますので、保険に加入する前に自分の車の車両料率クラスを確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠