無保険車傷害保険は任意保険に未加入の車との事故を補償

車の保険のイメージ

無保険車傷害保険は、自動車事故で契約車両に同乗している人が「死亡・後遺障害」になった場合で、かつ、相手側から十分な補償を受けられないときに保険金が支払われるという保険です。

相手側からの十分な補償が受けられない場合とは、「事故の相手が任意保険に加入していない(無保険)」、「任意保険に加入しているもののセットしている保険金の額が賠償額に満たない」場合です。

その中でも、「事故の相手が任意保険に加入していない無保険車」との事故を強く意識した保険で、保険の名称「無保険車傷害保険」にも、そのことが表れています。

無保険車傷害保険の特徴

現在、任意保険に加入していない、所謂、無保険車は12%程度あると言われています。10台の車が走っていれば、その中の1台以上は任意保険に未加入の「無保険車」ということになりますので、ここに無保険車傷害保険の存在理由があるのでしょう。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

なお、無保険車傷害保険は自動車保険(対人賠償保険)に加入すると自動で付帯される保険ですので、任意で付帯する性格の保険ではありませんが、保険の内容は正しく理解しておく必要があるでしょう。

では、ここでいう「無保険車」とはどういう場合をいうのか確認してみましょう。

ここがポイント

無保険車の定義

  • 自動車保険(任意保険)に加入していない場合
  • 対人賠償保険に加入しているが「告知義務違反」などで保険金が支払われない場合
  • 対人賠償保険に加入しているが保険金の額が無保険車傷害保険の保険金より低い場合
  • あて逃げなどで相手の車が不明の場合

自動車保険に加入していない場合

冒頭でも説明しましたが、自動車保険(任意保険)に加入していない人の割合は12%程度あります。したがって、運悪くこのような自動車保険に加入していない「無保険車」と事故を起こす可能性もあるわけです。

そんな場合に、無保険車傷害保険から保険金が支払われます。

ただし、任意保険には加入していなくても、強制保険である自賠責保険には加入しているハズですから、その場合は、自賠責保険からの保険金を差し引いた分が無保険車傷害保険から支払われることになります。

もし、相手が自賠責保険にも加入していない場合は、最終手段として「政府保障事業(ひき逃げ・無保険事故の被害者の救済)」制度の利用を考えてみてください。

» 事故の加害者が任意保険未加入で支払能力がない場合の対応

保険金支払の対象外となる場合

告知義務違反などで保険金が支払われない場合というのは、運転者年齢条件や運転者限定などの契約条件に違反した場合です。

運転者の年齢や範囲などが契約時にセットした内容と異なる場合は、契約内容の変更手続きが必要になるのですが、この手続きをしないままでいると万一の事故の場合に保険金が支払われなくなるのです。

対人賠償保険の補償額が低い場合

対人賠償保険は、保険金を「無制限」でセットすることが多いと思いますが、契約者の中には保険金を1億円などと限度額を設定している人もいます。

一方、無保険車傷害保険の保険金は「無制限」や「2億円」としている保険会社が大半を占めますので、このどちらかで無保険車傷害保険の保険金を設定しているのが一般的となります。

このような状態の保険契約の場合、つまり、対人賠償保険よりも無保険車傷害保険の保険金の方が多い場合も「無保険車傷害保険」から保険金が支払われます。

あて逃げなどで相手の車が不明の場合

あて逃げやひき逃げに遭った場合は、そもそも相手の車が不明なので損害賠償の請求をすることすらできません。

近年では、ドライブレコーダーなどの装着車が増えてきていますので、ドライブレコーダーに相手の車などが記録されていれば話は別ですが、そうでなければ加害者から損害賠償金を受け取ることができません。

こういう場合にも、無保険車傷害保険から保険金が支払われます。

補償の対象になる人は

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者もしくは記名被保険者の配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者もしくは記名被保険者の配偶者の別居の未婚の子(婚姻歴があると不可)
  • その他、契約車両に同乗していた人

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

無保険車との事故で使える保険は

無保険車と事故を起こしてしまう確率は低いとは思いますが、それでも任意保険に加入していないドライバーが12%程度いることから考えれば、まったく無いとは言い切れません。

そこで、無保険車と事故を起こした場合に使える保険を理解しておくことで、万一の場合に備えてください。

人身傷害保険
… 自分や同乗者が死傷した場合に保険金が支払われます。人身傷害保険には「車内のみ補償」と「車内・車外とも補償」の2タイプがあって、「車内・車外とも補償」であれば、歩行中の事故や他の車に同乗しているときの事故も補償されます。
無保険車傷害保険
… 無保険車との事故を補償するための保険ですが、「死亡・後遺障害」が生じてしまった場合にのみ保険金が支払われる点に注意が必要です。つまり、ケガをしたという場合は保険金は支払われません。

無保険車と事故を起こした場合は、人身傷害保険が付帯されていれば「人身傷害保険」で補償され、人身傷害保険を付帯していなければ「無保険車傷害保険」で補償されることになるのが一般的です。

また、冒頭でも説明した通り、無保険車傷害保険は「死亡・後遺障害」が生じてしまった場合にのみ保険金が支払われる保険ですので、ケガの治療費や入院費などの医療費は支払われません。

まとめ

この記事のまとめ

  • 無保険車傷害保険は対人賠償保険に自動セットされる
  • 無保険車傷害保険は死亡・後遺障害の場合のみ補償
  • ケガの補償はないので要注意
  • 無保険車の割合は1割を超えるくらい
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠