人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いはどこか?

車の保険のイメージ

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は共に、事故で死傷した「運転者本人や同乗者」の補償をするための傷害保険です。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の補償内容には重複する部分もありますが、保険金の支払われ方などに違いがありますので、それぞれの違いを理解した上で付帯するか否かを決めると良いでしょう。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いを理解して

人身傷害保険の概要

人身傷害保険は、自動車保険を契約している車に搭乗中の事故で死傷したときに、過失割合に関係なく搭乗中の人1名につき、保険金としてセットしている額を限度として実際の損害額に対して保険金が支払われます。

実際の損害額が補償される点です。

人身傷害保険は、他人の車に乗っていて事故でケガをした場合や、歩行中の事故でも補償されるなど補償範囲が広いのも特徴の一つです。

ただし、人身傷害保険のタイプによって補償範囲が異なりますので、その点は注意が必要です。(人身傷害保険のタイプについては後述します)

人身傷害保険の特徴

  • 過失割合に関係なく保険金が支払われる
  • 治療費、休業補償、慰謝料が全額補償される
  • 他人の車や歩行中の事故も補償される(タイプによる)
  • 単独事故、当て逃げなども補償される
  • 示談成立前に保険金を受け取ることが可能
  • 保険を使っても等級はダウンしない

人身傷害保険のタイプで補償範囲が異なる

人身傷害保険には、契約している車に搭乗中の場合のみ補償する「車内のみ補償」と、契約している車に搭乗中および他の車に搭乗中・歩行中でも補償する「車内・車外とも補償」の2種類のタイプがあります。

車内のみ補償と車内・車外とも補償では、補償される範囲が違いますので、それぞれの補償範囲を理解しておく必要があります。

  • 車内のみ補償… 搭乗中にゲガや死亡した場合に搭乗者全員が補償される
  • 車内・車外とも補償… 車内のみ補償にプラスして、他の車に搭乗中や歩行中でも記名被保険者とその家族が補償される

なお、家族の範囲は「記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子(婚姻歴がある場合は不可)」となっていますので、この範囲を外れる方は補償の対象外となります。

人身傷害保険の保険金

人身傷害保険は、実際の損害額に対する補償となりますので、入院や通院などの治療費が実際にかかった額で補償されます。

また、ケガをしたことにより働けなくなった期間の「休業損害」や、精神的・肉体的な苦痛を味わったことによる「慰謝料」も人身傷害保険の補償範囲です。

これらの保険金は、保険契約時に人身傷害保険の保険金としてセットした額の範囲内で補償されることになります。

なお、人身傷害保険の保険金を受け取ると、事故の相手側に対する損害賠償請求権は保険会社に移ることになります。また、既に事故の相手側からの損害賠償金などを受け取っている場合は、その金額が差し引かれて保険金が支払われます。

» 人身傷害保険の必要性

搭乗者傷害保険の概要

搭乗者傷害保険は、契約している車に同乗中の人が事故で死傷した場合に、「死亡保険金、後遺障害保険金、入院・通院の費用」などの保険金が、契約金額の中で同乗している人それぞれに支払われます。

また、事故の過失割合に関係なく補償される点は人身傷害保険と同様です。

保険金は、あらかじめ決められている部位や症状に応じて、定額の金額が支払われます(「部位症状別の定額払い」が一般的」。

以前は、「保険金額×入院・通院にかかった日数」分の金額が支払われる「日数払い」もありましたが、現在は、定額で支払われる「部位症状別の定額払い」が主流です。

定額の保険金で損害額が補償される点です。

搭乗者傷害保険の特徴

  • 運転者本人や同乗者が死傷したときの補償
  • 同乗者の全員が補償される(運転席・助手席・後部座席の場所を問わず)
  • 過失割合に関係なく補償される
  • 単独事故の場合も補償される
  • 損害額の確定前でも保険金が支払われる
  • 保険を使っても等級はダウンしない

保険金は損害額が確定する前でも受け取れますので、受け取った保険金をケガの治療費などに使うことができます。

また、搭乗者傷害保険を使っても等級に影響しない(下がらない)ので、翌年からの保険料を気にすることなく治療に専念することができます。

なお、人身傷害保険からの保険金や自損事故保険からの保険金、相手側からの賠償金が支払われる場合であっても、搭乗者傷害保険の保険金は受け取れます。

搭乗者傷害保険の保険金

搭乗者傷害保険の保険金は「定額」での支払いとなる点は前述の通りですが、具体的には下記のように「ケガを負った部位」によって保険金の額が決められています。

例えば、頸部の骨折または脱臼の場合は60万円、頭部の神経・筋または腱の損傷・断裂の場合は110万円という医療保険金が支払われます(保険会社によって支払われる保険金の額が異なる場合があります)。

死亡の場合は、事故発生の日から、その日を含めて180日以内に死亡した場合に、1名につき保険金額の全額が死亡保険金として支払われます。

また、事故当日から180日以内に後遺障害となった場合、後遺障害等級に応じ保険金額の4%~100%が支払われます。つまり、後遺障害などの保険金(後遺障害保険金)は医療保険金とは別枠で支払われるのです。

» 搭乗者傷害保険は必要なのか?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いをまとめると

人身傷害保険
… 保険金は実際の損害額によって支払われる
… 他の車に乗っているときや歩行中の事故でも補償される(タイプによる)
… 示談が確定する前でも損害額が確定していれば保険金が受け取れる
… 過失割合に関係なく保険金が支払われる
… 保険を使っても等級はダウンしない(ノーカウント事故扱い)
搭乗者傷害保険
… 保険金は定額で「部位・症状別払い」が一般的
… ケガの程度が確定すれば保険金が受け取れる
… 人身傷害保険などの保険や相手から賠償金を受け取っていても保険金を受け取れる
… 過失割合に関係なく保険金が支払われる
… 保険を使っても等級はダウンしない(ノーカウント事故扱い)

最も大きな違いは、「実際の損害額が補償される」か「定額の保険金で補償される」か、車外での補償があるかないかとい点でしょう。

また、セットできる保険金の額にも違いがあります。人身傷害保険の場合は無制限まで保険金をセットすることが可能ですが、搭乗者傷害保険の場合は1,000万円や2,000万円程度の保険金しかセットできませんので、補償の大きさという点では人身傷害保険が有利となります。

なお、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の保険料は、補償の範囲や補償金額が大きい分だけ人身傷害保険の方が高くなります。

また、どちらの保険の場合でも、保険料は契約する人の年齢や等級などの諸条件によって異なるのですが、その差は数百円から大きくても千数百円程度で収まるようです。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険:どちらが良いの

実際に任意保険に付帯する場合、人身傷害保険と搭乗者傷害保険のどちらが良いのでしょうか?

まず、補償の範囲や補償金額の大きさという点では、人身傷害保険の方が優れています。

見てきたように、補償の範囲は

  • 車内のみ補償(搭乗中の事故のみ補償)
  • 車内・車外とも補償(搭乗中、他の車に搭乗中、歩行中の事故を補償)

の2タイプから選べますので、ご自身の生活スタイルに合わせて補償をを選ぶことができます。

また、補償の大きさという点でも、多くの人が付帯している3,000万円の補償から億の単位の補償まで幅広く提供されていますので、その中から必要と思われる保険金額をセットすることができます。

参考)人身傷害保険の付帯率に関する図(ソニー損保の場合)

人身傷害保険の保険金セット状況

一方、搭乗者傷害保険の場合は、契約車両に搭乗中の事故でしか補償されない点、保険金としてセットできる金額が1,000万円や2,000万円と人身傷害保険と比べ低くなっている点など、補償範囲や補償の充実度という点で人身傷害保険に見劣りします。

ただ、その分保険料は搭乗者傷害保険を付帯した場合の方が数千円程度安くなります。

よって、補償範囲や補償金額を重視して付帯するのなら「人身傷害保険」、数千円でも保険料を安くしたいのなら「搭乗者傷害保険」ということになるでしょう。

なお、搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの加入率は以下の記事で確認できます。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠