人身傷害保険の必要性

自動車保険の契約のイメージ

人身傷害保険は自動車保険を契約している車に乗っている人が、事故でケガをしたり死亡した場合に、実際に被った損害額に対して補償を受けられる傷害保険です。

事故の場合には、お互いに過失があるのが普通で、どちらかが一方的に悪い「過失割合100:0」という事故は、それほど多くはありません。つまり、事故の両者に過失があるのが一般的なのです。

そのため、自動車保険から保険金が支払われる場合は、この過失割合に応じて保険金が減額されるのですが、人身傷害保険の場合は、保険金の請求者に過失があっても、保険金が過失割合によって減額されることはありません。

人身傷害保険の特徴

人身傷害保険は、過失割合に関係なく保険金が支払われるという点は、冒頭でみてきた通りですが、その他にも下記のような特徴を備えています。

  • 過失割合に関係なく保険金が支払われる
  • 治療費、休業補償、慰謝料が全額補償される
  • 他人の車や歩行中の事故も補償される(タイプによる)
  • 単独事故、当て逃げなども補償される
  • 示談成立前に保険金を受け取ることが可能

人身傷害保険は、実際に被った損害額に対して補償してもらえますので、入院や通院でかかった費用(治療費)なども実費での補償となります。

ケガをしたことにより働けなくなった期間の「休業損害」も補償の対象となります。

精神的・肉体的な苦痛を味わったことによる「慰謝料」も人身傷害保険の補償範囲です。

また、人身傷害保険の「車内・車外とも補償」タイプの場合は、契約の車に乗っているときの事故ばかりではなく、記名被保険者やその家族が歩行中の場合や他の車に乗っているときの事故についても、保険金が支払われます。

こんなときにも補償される

ここがポイント

  • 他の車に搭乗中に事故でケガをした
  • 歩行中に他の車にはねられてケガをした
  • 自転車に乗っていて車にひかれてケガをした
  • 乗っていたタクシーが他の車と衝突してケガをした

人身傷害保険の「車内・車外とも補償」タイプの場合は、上記の事故でも補償され保険金が支払われますが、「車内のみ補償」タイプの場合は、契約している車に乗っている場合にのみ補償を受けられますので、上記の場合は補償の対象外となります。

人身傷害保険の2つのタイプ、「車内のみ補償」と「車内・車外とも補償」で補償される範囲をまとめると下記の通りとなります。

車内のみ補償
… 契約している車に搭乗中の場合
車内・車外とも補償
… 契約している車に搭乗中の場合
… タクシー、バス、友人の車など契約の車以外の「他の自動車」に搭乗中の場合
… 歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故

示談成立前に保険金を受け取ることができる

自動車保険から保険金が支払われるのは事故の示談が成立し、それぞれの当事者の責任関係がハッキリしてからとなりますが、示談が成立するまでには長い時間がかかることもあります。

示談交渉の間もケガの治療などはしなければいけませんし、それに伴う治療費などの支払いもしなくてはなりません。

こういうときのために、人身傷害保険の保険金は、示談が成立する前であっても請求することができます。つまり、示談交渉の最中であっても、人身傷害保険の保険金は先払いして支払われることになります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

人身傷害保険の保険料はどれくらい

人身傷害保険を付帯する場合の保険料を、実際にネット見積もりで試算してみます。

年齢:40歳、年齢条件:30歳以上補償、運転者限定:夫婦限定、車種・型式:ホンダNBOX・JF2、等級:15等級、人身傷害保険:付帯

※ 下記の保険料は、人身傷害保険のみの保険料です。

タイプ 保険金 保険料
車内・車外とも補償 3,000万円 3,230円
5,000万円 3,710円
無制限 4,800円
車内のみ補償 3,000万円 2,310円
5,000万円 2,660円
無制限 3,440円

※ 保険料に関しては、見積もりする人の年齢や等級などの諸条件で異なってきますので、一応の目安にとどめておいてください。

保険料は、「車内のみ補償」と「車内・車外とも補償」で、1,000円程度の差となりました。この程度の開きであれば、より補償範囲の広い「車内・車外とも補償」タイプの方が良いのかもしれません。

また、セットできる保険金の額は上限が「無制限」までありますが、人身傷害保険をケガの場合の補償と考えれば、ここまでの高額な保険金は必要ないのではないでしょうか?

おそらく、死亡保険金のある生命保険などにも加入していると思いますので、死亡の際の補償は生命保険で、ケガの場合の補償は人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険でと切り分ければ、3,000万円や5,000万円程度の保険金で十分と言えるのではないでしょうか。

他の人はどれくらいの補償をつけているの

人身傷害保険の保険金を選択する上で、他の人がどの程度の保険金をセットしているのかを参考にすると良いでしょう。

人身傷害保険の保険金セット状況

※ ソニー損保より

ソニー損保の場合の人身傷害保険の加入率は99.1%と、ソニー損保に加入している人の実に99%以上が人身傷害保険にも加入しています。

その中で、保険金を3,000万円でセットしている人が64.1%、保険金を3,000万円超1億円以下でセットしている人が32.6%と、両者を合わせると96.7%となりますので、大半の人が1億円以下、なかでも3,000万円でセットしている状況が伺えます。

この結果からすれば、人身傷害保険の保険金は3,000万円程度、もしくは、よりケガの補償を充実させたいのであれば5,000万円程度の保険金がベストな選択ではないでしょうか。

また、「車内のみ補償」と「車内・車外とも補償」のどちらを選択すれば良いのかは、加入する人がどこまでの補償を必要とするか、車を降りてからの補償も必要なのか、などによって異なりますので、自分ならどこまでの補償が必要かを考えて選択しなければなりません。

ちなみに、他の人の場合は、下記のような選択をしているようです。

人身傷害保険の加入率とその内訳

※ イーデザイン損保より

人身傷害保険の加入率は98%で、その中で、搭乗中のみを補償する「「車内のみ補償」が58%、歩行中などの事故も補償する「車内・車外とも補償」が40%となっています。

これらを参考に、自分に必要な人身傷害保険のタイプを決めると良いでしょう。

» 搭乗者傷害保険は必要なのか?

まとめ

この記事のまとめ

  • 運転者・同乗者のケガなどを実損害額(実費)で補償
  • 車を降りているときの事故も補償される(タイプによる)
  • 損害額が確定する前でも保険金が受け取れる
  • 過失割合の影響を受けることなく保険金が受け取れる
  • 保険料は保険金3,000万円で年間2,300円くらい
  • 人身傷害保険のみを使っても等級は下がらない
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠