搭乗者傷害保険は必要なのか?

車の保険が必要のイメージ

搭乗者傷害保険は運転者本人や同乗者が事故でケガを負ったり死亡した場合に、保険金が支払われるという傷害保険です。

運転者本人や同乗者が事故でケガを負ったり死亡した場合に使える傷害保険には、搭乗者傷害保険の他にも人身傷害保険がありますが、ここでは保険料の安い「搭乗者傷害保険」についてみていきましょう。

搭乗者傷害保険とはどんな保険

まず、搭乗者傷害保険の特徴から確認してみましょう。

  • 運転者本人や同乗者が死傷したときの補償
  • 同乗者の全員が補償される(運転席・助手席・後部座席の場所を問わず)
  • 過失割合に関係なく補償される
  • 単独事故の場合も補償される
  • 損害額の確定前でも保険金が支払われる
  • 保険を使っても等級はダウンしない

契約している車に同乗中の人が事故で死傷した場合に、「死亡保険金、後遺障害保険金、入院・通院の費用」などが、契約金額の範囲の中で同乗している人それぞれに支払われます。

また、事故の場合はお互い過失が存在するのが普通ですが、搭乗者傷害保険は、この過失割合に関係なく補償されるのも特徴の一つです。つまり、保険金を請求する人に過失があったとしても、それに関係なく、しかも過失割合によって保険金が減額されることもないのです。

冒頭の「人身傷害保険」と比較すれば、人身傷害保険は実損(実際の損害額)によって保険金が支払われる保険ですので、損害額が確定しなければ保険金は支払われませんが、搭乗者傷害保険はケガなどの損害額が確定する前であっても保険金を受け取ることができます。

つまり、搭乗者傷害保険はケガの治療中であっても、ケガの症状により保険金が直ぐに支払われるので、入院費や通院費などの当座の費用が必要となった場合でも、医療費のことを心配せずに治療に専念することができます。

どれくらいの補償を受けられるの

ここがポイント

あらかじめ決められている部位や症状に応じて、定額の金額が支払われます(これを「部位症状別の定額払い」といいます)。

以前は、「保険金額×入院・通院にかかった日数」分の金額が支払われる「日数払い」もありましたが、現在は、定額で支払われる「部位症状別の定額払い」が主流です。

たとえば、頸部の骨折または脱臼の場合は60万円、頭部の神経・筋または腱の損傷・断裂の場合は110万円という医療保険金が支払われます(保険会社によって支払われる保険金の額が異なる場合があります)。

死亡の場合は、事故発生の日から、その日を含めて180日以内に死亡した場合に、1名につき保険金額の全額が死亡保険金として支払われます

また、後遺障害などの保険金(後遺障害保険金)は医療保険金とは別枠で支払われます。

事故当日から180日以内に後遺障害となった場合、後遺障害等級に応じ保険金額の4%~100%が支払われます。

保険金の支払対象外になるケース

自動車保険のどの保険でも保険金が支払われないケースというのがありますが、搭乗者傷害保険も同様で下記に該当する場合は保険金が支払われない可能性があります。

  • 被保険者の故意または重大な過失によって生じた傷害
  • 無免許運転、麻薬等の影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転
  • 酒気を帯びた状態での運転の場合に生じた傷害
  • 地震、噴火、津波によって生じた傷害

これらのケースに該当する場合、搭乗者傷害保険の補償範囲外となります。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

搭乗者傷害保険を付帯すると保険料はどれくらい

実際の保険会社で搭乗者傷害保険を付帯した場合の保険料を見積もりすると、下記のようになりました。(搭乗者傷害保険のみの保険料です)

見積もり条件)
年齢:40歳、年齢条件:30歳以上補償、運転者限定:本人限定、車両・型式:ホンダNBOX・JF2、等級:6S等級、搭乗者傷害保険:1,000万円または500万円

自動車保険に初めて入る場合で見積もりした結果が下記ですが、加入する人の年齢や等級などの諸条件によって保険料が異なる場合がありますので、一応の目安としてください。

保険金1,000万円 1,540円
保険金500万円 1,250円

搭乗者傷害保険の保険金を1,000万円でセットすると、年間の保険料は1,540円でした。入院時の医療一時金100万円も自動でセットとなります。

また、搭乗者傷害保険の保険金を500万円にすると、年間の保険料は1,250円という結果です。

保険金を1,000万円にした場合と保険金を500万円にした場合の保険料の差は290円となりましたので、この程度の差であれば保険金を1,000万円とした方が何かの時に安心ではないでしょうか?

なお、見積もりした保険会社の場合、搭乗者傷害保険の付帯率は68.2%ということですので、6割以上の人が付帯していることになります。

近年では、人身傷害保険におされて、搭乗者傷害保険の加入率が落ちている中での6割ですから、意外に多くの人が付帯しているなという印象です。

搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの加入率は以下の記事で確認できます。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

搭乗者傷害保険は必要なの?

搭乗者傷害保険で補償される範囲は、前述した「人身傷害保険」でも補償されます。

さらに、人身傷害保険には「車を降りているときの事故も補償する」プランも用意されていますし、保険金額も5千万円や1億円までセットすることができますので、傷害保険としてみれば「人身傷害保険」の方が良いということになります。

事実、前述のリンク先の「任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?」の中でも、搭乗者傷害保険の加入率は減少してきていますし、同じような補償内容なら、より補償の充実している「人身傷害保険」の方がい良いという結果でしょう。

しかし、搭乗者傷害保険には、「保険金が損害が確定する前でも支払われる」という特徴がありますので、入院費や治療費の出費がかさんで大変だという人や、同乗者に対する補償を充実したいという人には付帯して損のない傷害保険ではないでしょうか。

保険料の負担もあまり気にならないレベルかと思いますので、人身傷害保険にプラスする形で搭乗者傷害保険を付帯すると良いかもしれません。

なお、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方に加入している場合は、万一の事故の場合は、両方の保険から保険金が支払われます。

» 人身傷害保険の必要性

まとめ

この記事のまとめ

  • 運転者・同乗者のケガなどを定額の保険金で補償
  • 過失割合の影響を受けることなく保険金が支払われる
  • 保険料は保険金1,000万円で年間1,500円程度
  • 人気の人身傷害保険におされ加入率は減少傾向
  • 搭乗者傷害保険のみの使用なら等級は下がらない

搭乗者傷害保険は保険料が人身傷害保険よりも安いので、初めて自動車保険に入る人や、年齢の若い世代の人には付帯しやすい保険かもしれません。

事故のときの補償も、人身傷害保険までとはならないものの、ある程度の補償は受けることができますから、「保険料を安くした人、自動車保険に加入したばかりで保険料が気になる人、年齢が若いくて保険料が高くなってしまう人」には、人身傷害保険よりも搭乗者傷害保険の方が良いかもしれません。

年数が経ち保険料も安くなった段階で、より補償の大きい人身傷害保険に切り替えることもできますので。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠