自動車保険の契約内容が変更になるときの手続き方法

車の保険のイメージ

自動車保険の契約内容が契約をした当時から変更になる場合は、保険期間の途中であっても保険会社のホームページなどで変更手続をしなければならない場合があります。

ただ、変更になる事項が保険金を支払う上で問題とならない場合や、そもそも変更手続をする必要のないものに関しては、そのままの状態にしておくことも可能です。

変更手続きが必要なものには何があるの?

ここがポイント

自動車保険の保険料を算定するときの要素となっている項目に変更がある場合は、直ぐに変更の手続をしてください。変更手続きをしないままにしておくと、万一の事故のときに補償を受けられないことになりますので気をつけましょう。

例えば、運転者の範囲が変わったとか、車を入れ替えた場合などでは、変更手続きは必須となります。

契約内容の変更手続きが必要なものの一覧

下記が自動車保険の契約内容に変更があった場合に、手続が必要になる主なものです。

契約者の氏名や住所が変わったとき
… 引っ越しなどによって転居した場合は、新しい住所や連絡先の電話番号などを登録し直します。また、結婚、離婚、養子縁組などで契約者の氏名が変わる場合も手続きが必要です。
車を入れ替えたとき(車両入替)
… 契約している車を入れ替えた場合は「車両入替」の手続きが必要です。
記名被保険者(主に運転される方)が変わったとき
… 記名被保険者は補償を受ける際の基準となる人ですから、記名被保険者が変更になる場合も手続しなくてはなりません。このとき、運転者年齢条件なども変わるようであれば、「運転者年齢条件」も変更してください。
使用目的が変わったとき
… 使用目的によって保険料に差がでますので、変更があった場合は手続きが必要です。例えば、「通勤・通学」から「日常・レジャー」へ変更になれば、保険料が安くなりますので、返される保険料が発生します。
主な使用地(都道府県)が変わったとき
… 契約している車を主に使用する地域が変わった場合も、変更の手続をしてください(主な使用地によって、保険料が異なる場合がありますので)。
運転者の範囲が変わったとき
… 車を運転する人の範囲が変わった場合は、「運転者限定」の範囲を見直し、変更の手続をします。運転者の範囲によって保険料に差がでますので、なるべく早く手続してください。
運転者の年齢が変わったとき
… 運転者の年齢が変わったときに、手続きが必要になる場合があります。特に「運転者年齢条件」をセットしている場合は、セットされた年齢の範囲外の人が運転し事故を起こしても保険金が支払われないので要注意です。
タイミングとしては、21歳、26歳、30歳、35歳になった場合で、これは運転者年齢条件の年齢区分が変更になる可能性がある年齢となります。
ナンバー(登録番号)が変わったとき
… 契約している車のナンバーが転居などを理由に変更になった場合も手続きが必要です。
年間走行距離が変わる可能性のあるとき
… 年間走行距離によって保険料に違いの出る保険会社の場合は、契約時に告知した走行距離がオーバーしたときに契約変更が必要です。告知した距離数より走行距離数が多くなった場合は、オーバーした距離に相当する保険料を支払うことになります。
ただし、年間走行距離を「過去1年間で走った距離」で申告するタイプの保険会社の場合は、変更の手続は不要です。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

車を入れ替えたとき(車両入替)

車を入れ替えた場合は、車両入替の手続きが必要になります。

車種・型式が異なれば保険料も違ってきますので、車を買い替えた場合は手続きが必要となり、保険料に差がでた場合は、差額の保険料を支払うことになります(もしくは、差額の保険料が戻されます)。

手続をしないままにしておくと、万一の事故の場合に保険金が支払われない可能性がありますので注意しましょう。

» 車を乗り換えたときは車両入れ替え手続を忘れずに

運転者の範囲や運転者の年齢が変わったとき(運転者年齢条件や運転者限定)

保険契約に「運転者年齢条件」や「運転者限定」などをセットしているときに、運転者の年齢条件(例えば、26歳以上補償や30歳以上補償など)に変更がでれば、契約内容を変更する必要があります。

同様に、運転者の範囲(本人限定や家族限定など)に変更が生じた場合も、契約内容変更の手続が必要です。

これらの項目も、保険料を算定する項目の一つとなっていますので、変更したことによって保険料が変わる場合があります。もし、保険料が上がることになれば、追加の保険料を支払うことで補償は継続されます。

» 任意保険の年齢条件で補償される範囲や保険料が異なる
» 自動車保険の運転者家族限定特約の家族の範囲とは

年間走行距離

契約時に申告した年間走行距離がオーバーする場合は、保険料が変わる可能性がありますので、年間走行距離の変更手続が必要です。

ただし、年間走行距離は保険会社によって「過去1年間の走行距離」を告知する場合と、「これから1年間の走行距離」を告知する場合に分かれます。

したがって、「これから1年間の走行距離」を申告する保険会社の場合にだけ、年間走行距離の変更手続きが必要で、「過去1年間の走行距離」を告知する保険会社の場合は手続きが不要となります。

» 保険契約時の年間走行距離をオーバーしたらどうなるの

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠