車を乗り換えたときは車両入れ替え手続を忘れずに

新車を買ったイメージ

車を乗り換えた場合、自動車保険の「車両入替」手続きを忘れずに行う必要があります。

自動車保険では契約時に登録した車両に対して補償を行いますので、車を買い替えたり他人に車を譲った場合は、新しい車で登録し直さなければならないのです。

車両入替の手続きは納車前がベスト

もし、車両入替の手続きをしないままにしておけば、事故で保険が必要になったときに「車両入替」の手続きをしていないことを理由に、保険金が支払われない可能性がありますので、車を乗り換えたのなら、できるだけ早く手続きを終わらせてください。

筆者も先日「車両入替」をしましたが、ネットで保険会社のマイページ(契約者専用ページ)にログインし、新しい車の情報を入力するだけで、時間もかかりませんし、わりと簡単に車両入替の手続きをすることができました。

車両入替の手続きのタイミング

ここがポイント

車両入替の手続きをするのは、納車前がベストです。

もちろん、既に納車された状態でも手続きはできますが、新しい車の納車日が決まっているのなら早めに手続きを済ませておく方が良いでしょう。

車両入替の手続きでは、新しい車が納車される日をセットすることができますので、予定の納車日には自動的に「旧の車から新の車へ」補償対象が移動します。

通販型の自動車保険であれば、手続きは全てネット上でできますので、時間の空いた時にでも手続すると良いでしょう。また、代理店型の自動車保険であれば、代理店の担当者に納車日を伝え手続してもらってください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

車両入替の手続きに必要なものは

準備する書類

車両入替の手続きをする場合は、新しい車の車検証が必要になります。

納車日の前で車検証がまだ手元にない場合は、ディーラーや中古車販売などに連絡し事前に入手しておいてください。ディーラーなどには、納車日の数日前に車検証が届いていますので、届いた時点で連絡をくれるよう頼んでおくと良いでしょう。

車検証で必要になる情報は、「ナンバー、初度登録年月、型式、車台番号、所有者や使用者の氏名」などです。

あと必要になるのは、旧と新の車の走行距離です。

今の車を売却、下取りに入れる、廃車にする、他人に譲るなどの場合は、旧の車の累積走行距離を控えておいてください。車両入替の手続きをする場合に必要になることがあります。

また、新車、中古車の別を問わず新しい車の走行距離もメモなどしておいてください。新車の場合は、走行距離0kmでもかまわないようですが、中古車の場合は販売店で確認してください。

車両入替の手続きの流れ

  1. 納車日を決める
  2. 新しい車の車検証か車検証のコピーを入手(ディーラーなどから)
  3. 保険会社のマイページ(契約者専用ページ)か電話で車両入替手続きをする
  4. 契約車両の変更による保険料の差額分を精算して手続き完了
  5. 新しい車で補償が始まる

保険料が変更になる場合も

なお、車両入替をすると、場合によっては保険料が変更になることがあります。

車両入替後の車種によっては、保険料が高くなったり、反対に安くなったりします。

これは、普通車の場合の「車両料率」に関係してくるのですが、入替後の車両の車両料率が高く設定されていれば保険料は高くなりますし、逆に、低く設定されていれば保険料は安くなります。

※ 車両料率とは、車種・型式ごとに「その車の危険度」を数値化したもので、前年の車種・型式別の事故発生率から割り出されている指数です。

なお、軽自動車には現時点で「車両料率」はありませんので、保険料は同じになるハズです。ただ、軽自動車にも車両料率クラスが導入される予定となっていますので、導入後は車種・型式によって保険料が違ってくるかもしれません。

» 自動車保険の車両料率クラスは車種・型式ごとの危険度

車両入替の手続きを忘れた場合はどうなるの

車両入替をしないまま、新しい車を運転し事故を起こしても補償を受けられない可能性が高くなります。

このような事態になるのを防止する意味でも、車両入替のタイミングは「納車日の前」がベストなのですが、車を入れ替えた人の全てが納車日前に手続きしているわけではありません。

そこで、保険会社は、「新しい車を取得された日の翌日から30日以内に車両入替の手続きを済ませば、手続をするまでの間の事故を契約時の条件で補償します」という対応をとっているのです。

逆にいえば、30日を超えた場合は補償しないということですので注意しましょう。

また、「旧の車に車両保険をセットしている場合は、新たに取得された車の市場販売価格相当額にて補償します」としています。

これを、「契約自動車の入替自動補償特約」または「ご契約のお車の入替における自動補償特約」といいます。

保険会社によって呼び方が違いますが、どちらも「車両入替の手続きを忘れた場合」での事故による損害を補償する特約です。

このように、新しい車を取得した日の翌日から30日以内あれば、「契約自動車の入替自動補償特約」により対応してもらえますが、30日以内という期限が付いていますので、いつまでも放置しておかないように気をつけてください。

なお、「契約自動車の入替自動補償特約」の30日以内というのは、納車日からではなく「新しい車を取得した日の翌日から」ということですので注意してください。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠