自動車保険はクーリングオフできるの?何か条件はあるの?

自動車保険の契約のイメージ

自動車保険の契約をしてしまった場合、クーリングオフは可能なのでしょうか?

例えば、契約した後になってから「急に車を手放すことになった」場合、車を手放してしまうので自動車保険も必要なくなります。こういう場合に、クーリングオフで契約を解除することは可能なのでしょうか?

また、クーリングオフする場合に、何か条件のようなものはあるのでしょうか?

一定期間内ならクーリングオフできる場合も

自動車保険を申し込んでしまっても、一定の期間内ならクーリングオフすることが可能です。

保険業法309条には「申込者等が、内閣府令で定めるところにより、保険契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合において、その交付をされた日と申込みをした日とのいずれか遅い日から起算して8日を経過したとき」はクーリングオフできないと規定されています。

※ 保険業法309条より

これは、「クーリングオフに関する書面を交付された日」と「申込みをした日」のいずれか遅い日から起算して8日が経過するとクーリングオフはできないということです。

逆に言えば、「クーリングオフに関する書面を交付された日」と「申込みをした日」のいずれか遅い日から起算して8日以内であればクーリングオフが可能ということになりますので、自動車保険の申し込みをしても8日以内であればクーリングオフができます。

ただし、クーリングオフするには条件があります。

それは、自動車保険の契約が1年を超える契約の場合にだけ「クーリングオフ制度」を活用できる点です。つまり、2年以上の長期契約でなければ「クーリングオフ制度」を活用することができないのです。

自動車保険の契約には2年以上の長期契約もありますが、契約を結ぶ大半の人が1年契約で保険に加入している現実からすると、実質的に申し込みが完了してからのクーリングオフは難しいと言わざるを得ません。

しかし、保険会社によっては独自にクーリングオフ制度を設けている場合がありますので、設けられている保険会社で申し込みをしたのなら、保険会社独自のクーリングオフ制度を利用することで申し込みを解除することが可能です。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

保険会社のクーリングオフ制度を活用できる場合もある

自動車保険を解約する人のイメージ

保険会社の中には独自のクーリングオフ制度を設けている会社があります。

例えば、通販型の保険会社のチューリッヒの場合のクーリングオフは下記のようになっています。

インターネットでのご契約には「クーリングオフ制度」を設けております。ご契約者は下記の手続き方法にしたがい、「クーリングオフ」のお申出を行うことにより、お申込み(ご契約)の撤回、解除を行うことができます。「クーリングオフ」の申出があった場合には、すでにお支払いいただいた保険料を速やかに返戻させていただきます。

※ チューリッヒより

チューリッヒのクーリングオフも通常のクーリングオフ制度と同様に保険証券を受け取ってから8日以内(消印有効)に書面で申し込む必要があります。

また、支払い済みの保険料が返還されますので、振込先となる銀行など金融機関の口座番号なども指定する必要があります。

クーリングオフをする場合に書面(ハガキ)に記入する内容

  • 自動車保険契約をクーリングオフします(明記する)
  • 契約者の郵便番号・住所・電話番号
  • 契約者フルネーム署名・捺印
  • 証券番号・証券受取日
  • 保険料返戻口座(銀行名・支店名・預金種類・口座番号・口座名義)

これらの内容をハガキに記入し、保険会社のカスタマーサービスなどに郵送すればクーリングオフに対応してもらえます。

なお、クーリングオフをする場合は、保険会社に確認してから実際の手続きを進めてください。

ソニー損保などもクーリングオフに対応している

上記の例はチューリッヒのものでしたが、その他、通販型の保険会社ではソニー損保、三井ダイレクト損保、セゾン損保(おとなの自動車保険)、そんぽ24、イーデザイン損保などでもクーリングオフに対応しています。

逆にクーリングオフに対応していないのは、SBI損保やアクサダイレクトなどです。

自動車保険の申し込みをした場合でもクーリングオフは可能ですが、2年以上の長期契約の場合だけとなりますので、長期契約以外の1年契約の場合は、保険業法のクーリングオフの対象外となってしまい、契約をしてしまうと原則としてクーリングオフはできません。

しかし、それでは困る契約者も出てくるのではないかということで、保険会社では保険契約者の救済という意味から、上記のような独自のクーリングオフ制度を設けている場合があります。

しかし、独自のクーリングオフ制度を設けている保険会社ばかりではありませんので、どうしてもクーリングオフする必要がある場合は、保険会社で詳細を確認しながら手続きを行ってください。

クーリングオフは、「保険証券や保険引き受けの案内が届いてから8日以内に手続すること」「必ず書面で手続すること」となりますので、メールや電話などで手続することはできません。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠