同居親族とは?範囲はどこまで?

家族・親族のイメージ

自動車保険の補償範囲などをみていると、よく「同居親族」という表現を見ることがありますが、そもそも自動車保険でいう「同居」とは、どういう状態のことで、「同居親族」とは、どこまでの範囲の人を指すのでしょうか?

例えば、運転者年齢条件をセットする場合や、運転者限定をセットする場合などに「同居親族」までは補償しますという表現がされています。これらの場合での「同居親族」というのは、補償を受ける上での重要なキーワードとなってきますので、曖昧にせずしっかり理解しておくべき内容なのです。

同居の意味と同居親族の範囲

まず、同居の意味ですが、筆者の契約しているSBI損保の場合でみていきます。

「同居」とは、同一家屋内に居住していることです。同居の親族とは、記名被保険者またはその配偶者と同居されている親族の方をいいます。「親族」とは「6親等以内の血族」および「3親等以内の姻族」をいいます。

なお、血族と姻族の意味は下記の通りです。

  • 血族(けつぞく)とは、血縁関係にある人のことで、一般的にいわれる「血縁者」のことです。
  • 姻族(いんぞく)とは、一方の配偶者と他方の配偶者の血族との間の関係のことをいいます。例えば、配偶者の親など血のつながりのない人は姻族となります。

同居親族の範囲

同居親族の範囲を図で表すと下記のようになります。

これはSBI損保のものですが、どこの保険会社でも「同居親族の範囲」は同じように定義されています。

親族の関係のイメージ図

※ SBI損保より

同居親族の範囲となるのは、「6親等以内の血族」および「3親等以内の姻族」となります。上図を参考にして考えると分かりやすかもしれません。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

同居とはどんな状態を指すのか

2世帯住宅のイメージ

まず、同居と言えるのは、どんな状態なのかを確認して行きましょう。

通販型保険会社のソニー損保の場合で「同居」とはどういう状態を指すのか見ていきます。

  • 建物内部で行き来できる場合を「同居」といいます
  • 同一敷地内であっても、別々の建物に居住している場合は「別居」となります

では、2世帯住宅の場合はどうなるのでしょうか?

  • 同一敷地内の別々の建物に居住している場合は別居となります
  • 同一家屋に居住しているが建物の内部が完全に仕切られている場合は別居となります

つまり、建物の中が「ろうか」などによって、双方が自由に行き来できる状態にあれば「同居」となります。

しかし、同じ敷地の中にあっても建物が別々になっている場合や、同じ建物の中でも壁などによって完全に仕切りが施され、自由に行き来できる状態にない場合は、同一の建物内で暮らしていても「別居」となります。

また、イーデザイン損保の場合は、「同居」について下記のように定義しています。

同居とは、「同一家屋に居住している状態」をいい、生計の同一性や扶養関係の有無または住民票記載の有無は問いません」となっています。

同一家屋に居住している状態というのは、建物の主要構造部のうち、外壁、柱、小屋組、はり、屋根のいずれをも独立して具備したものを1単位とします。

ただし、台所などの生活用設備を有さない「はなれ」「勉強部屋」などは、同一家屋として取り扱います。また、構造上は同一家屋であっても、二世帯住宅などで、寝室以外の生活用設備が独立している場合は、同一家屋に居住している状態とはいえないため、別居として取り扱います。

イーデザイン損保の場合はより詳しく説明されていますが、台所などの生活用設備を有さない「はなれ」「勉強部屋」などは、同一家屋、つまり、同居とみなされることになります。

ここでいう生活用設備には、台所の他、トイレや風呂なども含まれるでしょう。つまり、「はなれ」と「母屋」の関係で考えれば、「はなれ」から「母屋」に行かなくとも一応の生活ができるのであれば、同一家屋(同居)とはならないのです。

住民票記載の有無は関係ない

また、「生計の同一性や扶養関係の有無または住民票記載の有無は問いません」ということに注目してください。これはソニー損保やイーデザイン損保だけではなく、全ての保険会社で同じだと考えて良いでしょう。

つまり、家族が同じ収入の中で暮らしている(生計の同一性)かどうかは無関係、扶養されている扶養していることとは無関係(扶養関係の有無)、暮らしている場所が住民票に記載されているかどうかは無関係(住民票記載の有無は問いません)ということになっています。

特に、住民票の記載が全員同一でなければいけないと考えている方も多いと思いますが、自動車保険では住民票の記載がどうであっても、同じ住居で暮らしていれば同居親族となりますので勘違いしないようにしましょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠