6Fや7Sなど等級にアルファベットが付くのは何故なのか

車の保険のイメージ

自動車保険の等級に「6Fや7S」などと数字以外のアルファベットが付いていることがありますが、このアルファベットは何のためについているのでしょうか?

例えば、新規で保険を契約した場合なら等級は6等級からスタートしますが、等級6の後ろに「SやF」などのアルファベットがついていることがあります。新規で契約したのですから6等級に変わりはないのに、人によって「SやF」が付くことがあります。

しかし、これにはちゃんとした理由があるのです。

等級にアルファベットがつく理由は

自動車保険に新規で加入する場合、等級は6等級から開始されます。なにか中途半端な気もしますが、6等級からスタートすることに決まっています。

しかし、新規で加入する場合であっても、「純粋な新規(初めて自動車保険に入る)」なのか「前契約がある新規(以前に自動車保険に加入していた)」なのかを6という数字だけで区別することはできませんので、アルファベットをつけて両者を区別しています。

つまり、同じ6等級であっても前契約がある人の場合は、前契約で事故を起こしている可能性もありますので、リスク管理の観点からしても「純新規」と区別しなければいけないのです。

例えば、「前契約で10等級だった人が3等級ダウン事故を起こして6等級になっている」という可能性もありますので、6の後にFをつけて前契約のない純粋な新規の人と区別しているのです。

等級にアルファベットがつく場合

新規で加入する場合の6等級をサンプルとして、等級とアルファベットの関係をみて行きます。

6F等級
… 前契約がある場合
6S等級
… 純新規である場合
6A等級
… 運転者年齢条件が「年齢を問わず補償」の場合
6B等級
… 運転者年齢条件が「21歳以上補償」の場合
6C等級
… 運転者年齢条件が「26歳以上補償」の場合
6E等級
… 運転者年齢条件が「30歳以上補償」の場合
6G等級
… 運転者年齢条件が「35歳以上補償」の場合

このように、運転者年齢条件、純新規・継続新規の別ごとにアルファベットをつけて区分しているのです。さらに、「区分けされた等級数字+アルファベット」によって、細かく保険料に差をつけているのです。

なお、セゾン損保(おとなの自動車保険)の場合は、A~Gのアルファベットを使用せず、さらには運転者年齢条件に関係することもなく、純新規の場合は常に「S(AやBなどは使わない)」を使用する保険会社もありますので、アルファベットの部分は保険会社によって異なる部分だと理解すると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

アルファベットがつくのは6等級と7等級だけ

アルファベットが付くのは保険開始等級のみ

等級は1~20まであります(一部の共済では22等級まである)。

この中で、数字の後にアルファベットが付くのは6等級と7等級だけです。残りの、等級1~5までと8~20までは後ろにアルファベットが付くことはありません。

何故なら、6等級と7等級は保険を開始する出発点となる等級だからです。

通常、新規で保険をスタートする場合の等級は6等級ですが、契約の仕方によっては7等級からスタートする場合があります。その代表例が「セカンドカー割引」を使っての加入です。

セカンドカー割引については下記の記事を参照してください。

» 2台目以降の車の自動車保険はセカンドカー割引で安く

セカンドカー割引を利用して自動車保険に加入すれば、通常、6等級からスタートする等級が7等級からスタートすることができるので、6等級の場合と同様に「純新規」「前契約ありの新規」かを区別する必要があるのです。

そのため、6等級と7等級だけは後ろにアルファベットがつくようになっています。

自動車保険の等級制度とは

そもそも等級って何?等級制度って何?という方のために等級制度について簡単におさらいします。

自動車保険には等級制度(ノンフリート等級制度)というものがあります。

自動車保険に初めて加入すると、この等級制度の下で6等級が付与されます。このときに、前述してきた「純新規」「前契約ありの新規」「運転者年齢条件」などによって「SやFなど」のアルファベットがふられます。

6等級で保険に加入し、1年間事故を起こさず保険も使わず過ごせば翌年は1等級アップし7等級となっていき、それに従い保険料も等級による割引率が上がるので安くなっていきます。

この繰り返しで、20等級まで進んでいけば保険料の割引率が63%となりますので、保険料は相当に安くなっていきます。

つまり、「無事故を継続していけば保険料が安くなりますよ!」というリスク管理上の制度が等級制度なのです。

一方、事故を起こして保険を使えば、原則として3等級下がります(これを、3等級ダウン事故という)。

さらに、事故で等級がダウンすれば、等級が元の等級に回復するまでの期間(これを、事故あり係数適用期間という)、事故あり等級の割引率が適用され続けますので、通常の等級の保険料よりも高くなってしまうのです。

例えば、14等級の人が3等級ダウン事故を起こせば等級は11等級になりますが、これを「事故なし11等級」と「事故あり11等級(事故あり係数適用)」で割引率を比較すると下記のようになります。

  • 事故なし11等級… 45%割引
  • 事故あり11等級… 25%割引

実に、20%も割引率が低下することになります。

よって、なるべく事故を起こさないような安全運転に徹することが、等級を下げ保険料を上げないために重要になってくるのです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠