年齢条件で補償される人の範囲や保険料が異なる

車の保険のイメージ

任意保険では、運転者の年齢によって事故のリスクが変化するとして、年齢による条件を設けて保険料に差をつけています。これを「年齢条件」といい、保険に加入するときに告知することになっています。

運転する人の年齢が若ければ、事故を超すリスクが高くなるので保険料が高くなる、運転者の年齢が上がっていけば、事故リスクも減るので保険料を安くするという仕組みです。

では、年齢条件によって、どれくらい保険料が違うのか、また、年齢条件をセットした場合に補償される人の範囲がどうなるのか確認していきます。

運転者年齢条件とは

運転者年齢条件(年齢条件と略すこともありますが、正確には「運転者年齢条件」といいます)とは、運転する人の年齢によって、補償する人の範囲を限定することを言います。

補償される人の範囲が狭くなれば事故のリスクが減りますので、それだけ保険料は安くなりますし、逆に、年齢条件「21歳以上補償」のように、年齢が21歳以上の人の全てを補償するようにセットすると、補償される人の範囲が広くなることから保険料は高くなります。

では、年齢条件の種類や補償される人の範囲などについてみて行きましょう。

年齢条件の種類と補償される人の範囲

年齢条件は、大半の保険会社でも見積もりや契約時に告知する項目となっていますので、記名被保険者(主な運転者)の年齢に合わせて適切な「年齢条件」をセットする必要があります。

年齢条件の種類

年齢条件の区分(種類)

  • 年齢を問わず補償 … 補償対象者の年齢は何歳でもよい
  • 21歳以上補償 … 21歳以上の人が補償の対象者
  • 26歳以上補償 … 26歳以上の人が補償の対象者
  • 30歳以上補償 … 30歳以上の人が補償の対象者
  • 35歳以上補償 … 35歳以上の人が補償の対象者

この5種類がセットできる年齢条件の種類です。

ただし、30歳以上補償と35歳以上補償は、保険会社の「年齢による事故リスク」の考え方の違いから、どちらか一方のみが選択できるようになっています。

つまり、A保険会社は「30歳以上補償」までで「35歳以上補償」は存在しない、B保険会社は「35歳以上補償」はあるが「30歳以上補償」は存在しないというように分かれています。

また、セットできる年齢条件は「26歳以上補償」までで、「30歳以上補償」も「35歳以上補償」も設けていない保険会社もあります(SBI損保)。

年齢条件は自分の年齢に近い年齢条件区分を選んでセットするのですが、自身の年齢よりも下の年齢条件でもセットするこは可能です。

例えば、21歳以上補償は、年齢が21歳以上であれば何歳の人でもセットすることができます。たとえ年齢が30歳の人でも「21歳以上補償」をセットできますが、その分保険料は高くなりますので、特別な事情がない限り自分の年齢に合わせて適切な「年齢条件」を選ぶと良いでしょう。

年齢を問わず補償は、運転する人の年齢を限定しないという意味で、免許さえあれば何歳の人が運転しても補償の対象になります。

ただし、任意保険に年齢条件と同時に「運転者限定特約」を付帯している場合は、特約で限定している範囲内の人であれば年齢は自由ということです。

ちなみに、上記の「年齢条件の区分」を設けていない保険会社もあります。

例えば、セゾン損保(おとなの自動車保険)のように、契約者の実際の年齢によって1歳刻みで保険料を算出する保険会社もありますので、全ての保険会社で「年齢条件」があるわけではないのです。

年齢条件の適用対象となる人

年齢条件をセットすると、記名被保険者(通常、保険の契約者である場合が多い)はもちろんですが、その他にも配偶者や同居親族まで年齢条件の対象となります。

年齢条件の適用となる人

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居親族

配偶者や同居の親族までが年齢条件の対象となりますので、年齢条件でセットした年齢以外の人は補償されません。しかし、同居していない親族や友人などは年齢条件適用の範囲外となり、年齢条件から外れていたとしても補償の対象となります。

つまり、年齢条件から外れる年齢であっても、同居していない子どもや友人には年齢条件は適用されませんので補償の対象になるということです。

自動車保険の申し込みをするときに、「契約車両を主に運転する人」に契約者以外の人を指定すると、その人が「記名被保険者」となり、その指定した人の年齢によって年齢条件(年齢条件の区分)を選択することになります。また、補償の範囲や保険料も指定した人を基準として決められます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

年齢条件で保険料はどれくらい変わる

ここがポイント

では、年齢条件によって保険料にどれくらいの開きがでるか確認してみます。

保険料の開きを確認するために、実際の保険会社で見積もりし結果を載せておきます。

今回、見積もりをした保険会社は、通販型の保険会社で比較的保険料が安いといわれている「三井ダイレクト損保」で行いました。

車両:ホンダNBOX、型式:JF2、免許証の色:ブルー、運転者限定:本人限定、人身傷害保険:3,000万円付帯、車両保険:付帯せず、弁護士費用特約:付帯

年齢 年齢条件 保険料
21歳 21歳以上補償 68,080円
26歳 26歳以上補償 53,270円
30歳 26歳以上補償 46,060円
35歳 35歳以上補償 43,440円

21歳(21歳以上補償)と26歳(26歳以上補償)では、実に15,000円程度の開きが保険料にでてきます。

また、興味深いのは、実年齢によっても保険料に違いがでることです(同じ年齢条件であっても)。

26歳(26歳以上補償)と30歳(26歳以上補償)の場合は、ともに26歳以上補償をセットしているのですが、約7,000円程度30歳の人の方が保険料は安くなっています。

つまり、保険料を算出する場合、年齢条件だけではなく契約者の年齢も考慮して保険料が決められていることになるのです。したがって、同じ年齢条件を適用しても年齢が若ければ、それだけ保険料は高くなる傾向にあるということになります。

年齢条件の変更は保険期間中でもできる

年齢条件は、契約時にセットしたら終わりではありません。年齢にあわせて見直しが必要になる項目なのです。

見直しのタイミングは、21歳になったとき、26歳になったとき、30歳や35歳になったときです。つまり、21歳や26歳などの誕生日を迎えたときが、年齢条件を見直すタイミングとなりますので、忘れないようにしておきたいものです。

年齢や年齢条件によって、保険料は上記で確認したように大きな開きとなってきますので、見直しをせず放置していれば、放置している間の保険料は無駄な出費となってしまいます。

年齢条件の変更は、契約期間の途中でも可能で、次回の契約更新のときを待つ必要はありません。よって、気がついた時点で、年齢条件の変更手続きをすることを”おすすめ”します。

また、保険期間の途中で21歳や26歳などの誕生日を迎えれば、その時点で年齢条件を変更すれば、変更した時点からの保険料が安くなります。

契約期間の中途で年齢条件を変更すると保険料が返還されることも

年齢条件の変更は、契約期間の途中でも行えますので、例えば、保険期間の残り期間が3か月の時点で、26歳の誕生日を迎えた場合で考えてみましょう。

上記の年齢条件別の見積もりで、21歳以上補償の保険料は68,080円で、1つ上の年齢条件である26歳以上補償の保険料は53,270円でした。

そうすると、この両者の差額は68,080-53,270=14,810円となります。

しかし、26歳以上補償が適用される期間は、契約期間の残存期間である3か月だけとなりますので、この3カ月に相当する期間の保険料が返還されることになります。

つまり、(14,810円×3ヶ月)÷12ヶ月=約3,702円が返還される保険料となります。

よって、21歳、26歳、30歳などになったら、保険の満期日を待つことなく保険期間の途中であっても、直ぐに年齢条件を変更することで、保険料を節約することが可能になるのです。

年齢条件をセットすることができない21歳未満の人(年齢を問わず補償しかセットできない)が、21歳の誕生日を迎えるだけで、大幅に保険料を節約することができますから、普段から自動車保険の年齢条件は意識しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠