自動車保険の名義変更と必要な書類:等級はどうなる?

車の保険のイメージ

自動車保険の名義を変更したい場合があると思いますが、実際問題として自動車保険の名義変更は可能なのでしょうか?また、可能だとすれば、手続きに必要な書類には何があるのでしょうか?

また、名義変更をした場合、等級はどうなるのでしょうか?

詳しくみて行きましょう。

そもそも自動車保険の名義とは

自動車保険の名義変更の疑問について詳しくみていく前に、結論からいえば「自動車保険の名義変更」自体は可能です。ただし、一定の条件はあります。

名義というのは、書類上に所有者や責任者として記載されたもので、記載された人を「名義人」といいますが、自動車保険の場合は、その保険契約が誰のものか(誰の名義なのか=保険契約者は誰なのか)を表していると言えます。

従って、自動車保険の名義を変更するというのは、保険契約者の名前を変更するという意味になるのです。

なお、自動車保険の場合には、契約者と記名被保険者という2つの名義の考え方がありますので、参考までにその違いを確認しておきましょう。

保険契約者は契約し保険料を払う人

保険契約者は、自動車保険を契約し保険料を支払う人で、自動車保険でいうところの名義人にあたります。

つまり、保険の補償内容を決め保険料を支払っている人なので、所謂、保険の所有者なので、この人以外の人が名義変更を行う場合であっても、必ず保険契約者の承諾が必要になります。

また、通常の場合は、保険契約者が自動車保険の補償の対象となる「記名被保険者」となります。保険を契約しお金を払う人と、補償を受ける人は同じというのが普通です。

ただ、この契約者と記名被保険者が同一人でない場合もあります。

記名被保険者は補償の対象となる人

記名被保険者は、自動車保険の補償対象となる人のことを指します。

通常、契約者と記名被保険者は同じ人になるのですが、親が子供の保険を契約したという場合のように、親が保険の「契約者」で、子供が自動車保険の補償対象となる「記名被保険者」になることがあります。

自動車保険を契約する場合に、「契約する車を主に運転する人」を指定するのですが、このときに指定した人が「記名被保険者=主に運転する人」となります。

そして、この記名被保険者の年齢や等級などを基に、補償範囲が決められたり、保険料が算出されたりします。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

自動車保険の名義変更ができる条件

ここがポイント

自動車保険の名義変更ができることは冒頭で説明した通りです。

ただし、名義変更には一定の条件もあります。

名義を変更できるのは「同居親族間でのみ可能」という条件があります。

つまり、同居してる配偶者、子供、兄弟、姉妹などであれば、それらの人を指名して名義変更は可能ですが、たとえ、現在の契約者の子供であっても別居していれば対象外となってしまうのです。

また、友人や知人などは親族ではありませんので、これらに人へ名義を変更することはできません。

自動車保険の名義変更手続に必要な書類

名義変更手続に必要な書類は、名義変更をすることになった理由によって用意しなければならない書類は違ってきます。

ここでは、結婚や離婚の場合、親子や同居親族に保険を譲る場合、契約者や記名被保険者が死亡した場合などに、準備する書類についてみて行きます。

結婚や離婚の場合

結婚や離婚を機に苗字が変わる場合は、苗字が変わったことを証明する書類が必要です。

  • 住民票や戸籍謄本
  • 名義変更申請書

住民票や戸籍謄本で旧姓から新しい苗字に変わったことを証明する必要があります。また、保険会社から取り寄せた「名義変更申請書」も必要となりますので、名義変更が必要になった時点で取り寄せておくと良いでしょう。

親子や同居親族に保険を譲る場合

  • 名義変更申請書
  • 車検証

親子間や同居親族に名義変更する場合も、保険会社から取り寄せた「名義変更申請書」が必要となります。

その他として、保険の名義変更と同時に車の所有者が変わる場合は、車検証が必要です。車の所有者(名義)が契約者の名義になっているか確認するために必要になります。

契約者や記名被保険者が死亡した場合

  • 住民票や戸籍謄本
  • 名義変更申請書

契約者や記名被保険者が死亡した場合は、死亡したことを証明するために戸籍謄本や住民票などの書類と、保険会社から取り寄せた「名義変更申請書」が必要となります

ただし、契約者が死亡したことにより自動車保険を解約する場合は、名義変更の手続ではなく解約の手続となりますので、保険会社に連絡を入れ解約の手続きを進めてください。

注意点:自動車保険の名義変更で等級は引き継げる?

通常の場合は、名義変更をしても等級は引き継ぐことができます。

しかし、離婚を理由として名義変更する場合や、親族間で名義変更をする場合には注意することもあります。

離婚が原因で名義変更するときの等級の扱い

まず、離婚をする場合や、離婚を前提として別居などに踏み出す場合は、夫から妻へ(この逆も)名義変更するときに上手く等級が引き継げないことがあります。

等級を引き継ぐための条件には「同居している親族間でのみ可能」という項目があります。つまり、同居親族でなければ等級を引き継ぐことができませんから、離婚などで別居している状態になれば、残念ながら等級は引き継げないのです。

よって、離婚や離婚を前提として別居する場合は、事前に名義変更の手続を済ませておく必要があるのです。

もし、この手続きを後回しにして離婚後などの同居していない時期に行えば、自動車保険の等級を引き継ぐことができず、また6等級からのスタートとなってしまいますので注意しましょう。

親族間で名義変更するときの等級の扱い

親から子へなどと親族間で名義変更する場合も、上記の離婚の場合と同様に「同居」していることが条件となりますので、近いうちに別居する予定があるのなら、同居している間に名義変更をしておくと良いでしょう。

また、契約者の名義が変わるのに伴って、記名被保険者も変更になるという場合は、場合によっては保険料が上がる、もしくは下がる可能性がありますので要注意です。

例えば、記名被保険者が若い人に変更になれば、年齢条件を変更しなければならなくなりますので、そうなれば保険料は上がることになります。年齢条件は記名被保険者の年齢に応じてセットするものですから、若い人に変更すれば保険料は上がり、年齢の高い人に変更すれば保険料は下がります(年齢条件の年齢区分によります)。

» 年齢条件で補償される人の範囲や保険料が異なる

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠