ノーカウント事故は保険金を請求しても等級が下がらない

等級が下がるイメージ

自動車事故を起こし自動車保険の保険金を請求すると、請求された保険の種類や保険金を請求することとなった事故の種類に応じて等級が下がります。

そうでなければ、事故も起こさず安全運転を心掛け保険金も請求しない契約者との公平性が保たれないからです。

ノーカウント事故の種類

等級はノンフリート等級制度によって管理されていますので、事故で保険を使ったことにより、一種のペナルティが課せられ等級がダウンしてしまうのです(現在では、事故あり等級制度の導入により厳しさは増しています)。

ただ、保険金を請求しても等級が下がらない保険も存在しています。保険金を請求したとしても、事故として扱わない、つまり、ノーカウント事故として扱われることで等級に影響を及ぼさないのです。

そのため、他に等級が下がるような事故が無ければ、翌年には通常通り1等級上がることになります。

なお、ノーカウント事故の他にも、1等級ダウン事故や3等級ダウン事故という等級が下がる事故もあります。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

» 1等級ダウン事故とは:保険料への影響はどうなるの?
» 3等級ダウン事故の種類と保険料への影響

ノーカウント事故となり等級が下がらない保険や特約

保険契約のイメージ

事故で保険を使えば必ず等級が下がると考えている人も多いかと思いますが、保険を請求しても等級が下がらない保険や特約が数多くあります。何故なら、保険会社が事故としてカウントしない(ノーカウント)ために他なりません。

ここでは、保険金を請求しても等級がダウンしない、所謂、ノーカウント事故として扱われる保険と特約の主なものを挙げておきます。

一般的にノーカウントとして扱われる保険や特約

  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • ファミリーバイク特約
  • 個人賠償責任特約
  • 弁護士費用特約
  • ロードアシスタント

※ 保険会社によって、ノーカウントとなる保険や特約は異なる場合もありますので、保険会社のホームページや約款などで確認しておく必要があります。

意外と多くの保険や特約がノーカウントとなっているのに驚かされますが、これらの保険などは事故の場合に使われる可能性のあるものばかりです。

特に、傷害保険の人身傷害保険や搭乗者傷害保険、個人賠償責任特約、弁護士費用特約などは、事故の場合に使用する機会が多い保険ではないでしょうか。

これらの保険や特約が「ノーカウント」扱いとなることで、相手側との示談交渉や、等級がダウンし保険料が上がるかもしれないと心配することなく、ケガの治療に専念することができるのです。

では、何故、搭乗者傷害保険や人身傷害保険、弁護士費用特約などを使ってもノーカウント事故となり等級が下がらない(保険料も上がらない)のでしょうか?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

ノーカウント事故で等級が下がらないのは何故か

保険金が支払われるような事故を起こせば、等級が下がり翌年からの保険料が上がるというのが、任意保険の本来の姿(運用)なのでしょう。

保険会社からすれば、できるだけ事故は起こしてほしくない(=保険金は支払いたくない)というのが本音です。

保険会社も営利企業ですから、保険金の支払いが多くなれば、それだけ損益に影響し「損害率」が悪化してしまうからです。

それなのに何故、ノーカウント事故なる制度を作り、保険金を請求しても等級が下がらず保険料も上がらないのでしょうか?

保険商品の特性に関係する

任意保険のどのような保険にもノーカウント事故扱いがある訳ではありません。

事実、車両保険にはノーカウント事故はありません(車両無過失事故特約によってノーカウントとなる場合はあります※)。また、対人賠償保険や対物賠償保険などの賠償保険にもノーカウント事故はありません。

これらの保険を使えば、1等級ダウン事故や3等級ダウン事故として扱われ、等級が1等級もしくは3等級ダウンし保険料も翌年からアップすることになります。

※ 車両無過失事故特約は、交差点や右折待ちでの追突事故のように、契約者に過失がない場合(過失割合0%の場合)に車両保険の保険金を請求してもノーカウント事故となります。

ノーカウント事故となるのは、上記で挙げたような傷害保険や一部の特約のみなのです。

例えば、人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの傷害保険では、「契約者の過失の有無に関係なく保険金が支払われる」ことになっています。

つまり、契約者に落ち度(過失)があっても、「その責任を問うことなく保険金を支払う」というのが、保険会社が人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの保険商品を設計したときの趣旨なのです。

よって、「契約者の落ち度は問わない(過失があっても良い)=ノーカウント事故」という関係が成立し、その結果として保険金を請求したとしても、他に等級が下がるような事故が無ければ、通常通り翌年には1等級上がることになるのです。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

任意保険の基礎
自動車保険の匠