無保険車傷害保険の保険金が支払われない免責事由とは

自動車保険の契約のイメージ

無保険車傷害保険の保険金を請求しても、保険金が支払われないというケースがあります。

その理由は、任意保険に加入していない無保険車との事故であるにも関わらず、無保険車傷害保険の「免責事由」に該当するからというものです。ここでは、無保険車傷害保険の保険金が支払われない「免責事由」の詳細を確認していきます。

無保険車は案外と多いのかも

無保険車傷害保険は、任意保険に加入していない無保険車との事故で、事故の相手から十分な賠償を受けられない場合に、自賠責保険の保険金額を超える部分に対して保険金が支払われる保険です。

任意保険に加入していない車は無保険車となりますが、これ以外にも、任意保険に加入していても、保険金の設定額が低すぎる場合や、契約条件に違反しているために保険金の支払いがされない場合も無保険車となります。

このような場合に、自分の加入している自動車保険の無保険車傷害保険で補償されます。

» 無保険車傷害保険は任意保険に未加入の車との事故を補償

なお、任意保険に加入していない人の割合は、直近のデータで12%程度となっていることに加え、年齢条件などに違反している車や、対人賠償保険の保険金額を低く設定している場合があることを考慮すると、相当数の車が「無保険車」に該当する可能性があります。

無保険車の定義

無保険車とは下記のような場合をいいます。

  • 任意保険(対人賠償保険)に入っていない場合
  • 任意保険(対人賠償保険)に入っているが、年齢条件や運転者限定の条件に違反するため保険金が支払われない場合
  • 対人賠償保険の保険金額が被害者の損害額を下回る場合
  • ひき逃げなどで加害者が特定できない場合

こういう「無保険車」と事故を起こし十分な補償を得られなかった場合に役立つのが「無保険車傷害保険」なのですが、無保険車傷害保険の保険金が支払われない場合もあります。

保険金が支払われない理由のことを「免責事由」と言います。ここでは、無保険車傷害保険にどういう「免責事由」があるのか確認していきます。

なお、直近の自動車保険加入率についても「任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?」の中でで確認できますので役立ててください。

» 任意保険の都道府県別加入率はどれくらい?

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

無保険車傷害保険の保険金が支払われない:免責事由

保険金が支払われず困る人のイメージ

無保険車傷害保険は、無保険車との事故で、契約車両を運転している人が死亡または後遺障害となった場合に、本来であれば加害者(無保険車を運転している人)が負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険の保険金額を超える部分に対して保険金が支払われます。

保険金が支払われるのは「死亡及び後遺障害」の場合で、ケガをした場合は補償の対象外となります。

無保険車との事故の場合でも、「故意または重大な過失による損害」などの場合は、たとえ無保険車との事故であっても「無保険車傷害保険」から保険金が支払われることはありません。故意または重大な過失による損害は、免責事由に該当するからです。

では、上記以外の免責事由を確認しておきましょう。

無保険車傷害保険の免責事由の主なもの

下記の免責事由は、筆者が加入しているSBI損保のものです。

免責事由の主なもの

  • 被保険者の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 被保険者の無免許運転、酒酔い運転、麻薬・シンナーなどを使用して運転した場合
  • 被保険者が契約の車の使用について、正当な権利を有する者の承諾を得ないで契約の車に搭乗中に生じた損害
  • 被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為によって生じた損害
  • 被保険者がほかの車に競技、曲技または試験のために搭乗中に生じた損害
  • 台風、洪水または高潮によって生じた損害
  • 被保険者が自動車検査証に事業用と記載されている車を運転している場合に生じた損害

故意の事故、飲酒・無免許・禁止薬物を使用しての事故、所有者の許可を得ず勝手に車を乗り回しての事故の場合などが免責事由となっています。

また、車検証に事業用と記載された車を運転している場合も免責に該当します。

台風・洪水・冠水・高潮によって生じた損害も免責事由に含まれています。

通常、他の保険(例えば、人身傷害保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険など)では、台風や洪水などで損害を受けても補償されるのですが、無保険車傷害保険の場合は免責となっています。

なお、地震・噴火・津波の災害による損害は、初めから自動車保険の補償対象となっていませんので、上記の免責事由には記述されていません。

免責事由はこのようになっていますが、普通に運転していて無保険車との事故に巻き込まれたという場合は、上記の免責事由のどれにも該当しないでしょうから、保険金は支払われるという理解で良いでしょう。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

免責
自動車保険の匠