車両保険に免責金額をセットすることで保険料は安くなる

車同士の事故のイメージ

車両保険に加入するとき、免責金額をセットすれば保険料は安くなります。

免責金額は、車両保険を使う事故の際に自己負担する金額ということで、車両保険の保険金から免責金額に相当する額が差し引かれて支払われます。

車両保険に入るときは免責金額をセットする

車両保険に加入すると、保険料が車両保険を付けない場合に比べ1.5倍から2倍程度高くなってしまいます。

保険料の上がり幅の違いは、車両保険の種類によるものですが、補償範囲の広い「一般車両」であれば2倍くらい、一般車両から単独事故や当て逃げなどの補償を除いた「車対車+限定A」であれば1.5倍くらい高くなります。

しかし、免責金額を適切にセットしてやれば、保険料を幾分抑えることができるのです。

なお、車両保険が必要か不必要かと迷っている方は下記の記事も参考にしてください。

» 車両保険は必要なのか?必要性を考える

免責金額は自己負担可能な額をセットするのが基本

車両保険に入る場合は、車両保険の免責金額(所謂、自己負担額)を自分で負担できる程度の額でセットすれば保険料は安くなります。

免責金額をセットしたくらいでは、たいして保険料は安くならないと思うかもしれませんが、これが意外に大きな節約効果があるのです。

免責金額(自己負担額)には、免責金額が0円、5万円、10万円、15万円、20万円などの種類がありますが、この金額が大きくなるほど保険料が安くなります。

では、実際に免責金額の額によって保険料がどれくらい異なるのか、実際に保険会社で見積もりした結果を確認してみましょう。

免責金額が大きいほど保険料が安い

保険料が下がるイメージ

車両保険の「一般車両」と「車対車+限定A」で、免責金額ごとの保険料を見積もりしてみました。

なお、スペースの関係上「一般車両を①」「車対車+限定Aを②」と表現しています。

※ 単位:円

免責金額
0-0 37,160 19,570
0-10 36,360 19,150
5-5 29,910 15,750
5-10 29,560 15,570
10-10 24,010 12,640
15-15 19,790 10,420
20-20 16,860 8,880

※ 免責金額が「5-10」と表現されているのは、初回5万円-2回目以降10万円を自己負担するという意味になります。

免責金額に何もセットしなかった場合(免責金額「0-0」の場合)と比べ、保険を使うときの自己負担額となる免責金額に「20-20」をセットすれば保険料は約半分程度まで安くなっています。

よって、免責金額に0円以外の金額をセットすることで、高かった車両保険の保険料をいくらか節約することができるのです。

なお、上記の免責金額は、セゾン損保(おとなの自動車保険)の場合で、他社の免責金額とは異なる場合がありますので注意してください。全ての保険会社で上記の免責金額をセットできるというわけではなく、保険会社によってセットできる免責金額には違いがあるのが現実です。

一般的には、5万円、10万円、20万円を免責として設定できる保険会社が多くを占めています。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

免責金額を大きくすると車両保険の意味がないのでは?

車両保険の免責金額を大きくすると、事故を起こしても車両保険の保険金が支払われなくなる恐れがでてきます。

例えば、車両保険の免責金額に10万円をセットしている場合で考えれば、事故の損害が10万円までであれば車両保険の保険金は支払われません。

よって、このような場合は、自腹を切って車を修理しなければなりませんが、保険料に大きく関係してくる等級には影響しません。

もし、免責金額をセットしていない状態で車両保険の保険金を請求すれば、請求した事故の種類にもよりますが等級は1等級~3等級ダウンしてしまいます。等級がダウンしたことに伴い、翌年からの保険料もアップします。

また、車両保険は損害の程度が自腹を切って修理するには大きすぎる場合に利用する保険ですから、小さな事故での損害にまで車両保険を使っていたら、等級はどんどん下がり続けてしまいます。

等級が下がり続ければ、保険料は上がって行きますし、もし、等級が割増等級(3等級以下)にでもなってしまえば、保険契約する継続できないことになってしまいます。

そうならないためにも、自制の意味からも自己負担できそうな額を「免責金額」にセットしておくのです。

等級下がると保険料はこうなる

保険料がアップするイメージ

ここで、車両保険を使うとどれくらい保険料に影響するのか確認してみましょう。

単独事故を起こし保険金を請求すると3等級下がりますが、等級が3等級下がることで保険料にどのくらい影響がでるのか実際に見積もりしてみます。

  • 年齢:40歳
  • 年齢条件:35歳以上補償
  • 免許:ゴールド
  • 等級:20等級
  • 車種:フィット
  • 人身傷害保険:あり
  • 車両保険:一般車両
  • 車両保険金:135万円
  • 免責金額:初回5万円-2回目以降10万円

保険料の見積もりは、保険料が安いと言われる通販型の保険会社で行いました。

等級 保険料 事故係数
20等級 41,220円
17等級 73,120円 3年
18等級 70,570円 2年
19等級 68,010円 1年

※ 事故係数は「事故有係数適用期間」のことです。

このケースの場合、単独事故で車両保険を使わなければ、年間4万円程度の保険料で済んでいたのですが、事故で保険を使ったことにより保険料は3年間のトータルで「88,040円」も高くなってしまいました。

この結果からすると、車の損害の額が8万円から10万円程度までなら、車両保険を使わずに自己負担で直した方が良いということになります。

しかも、支払われる保険金からは免責金額分が差し引かれて支払われますので、それも考慮すると、車の損害額が20万円近くにならなければ、車両保険を使うと損をしてしまうことになるのです。

そもそも車両保険は大きな損害に備えるもの

軽微な損害でも車両保険を使うと、等級はダウンします。さらに、等級ダウンと連動して保険料も高くなります。

これらのことを考慮すると、車両保険は小さなキズや凹みで使用する性格のものではなく、大きな損害の場合の備えとしての意味合いの方が強いと言えるでしょう。

例えば、事故で車が全損となった場合や、洪水や冠水で車が水没して使い物にならなくなった場合、車同士の事故で大破した場合などでは、車の修理代などの損害額が大きくなりますので、車両保険はこういう万一の場合の補償と考え、小さな損害は自己負担するとともに、免責金額を大きめにセットして毎年の保険料を節約した方が得策と言えるのではないでしょうか。

また、車同士の事故の場合は、相手側の保険からも保険金が受け取れますので、免責金額をセットしていても困ることはりません。

免責金額をセットしても自己負担が発生しない場合

車同士の事故の場合

相手のある事故を起こした場合は、通常、事故の当事者の双方に過失があります。

この過失の割合を「過失割合」といい、例えば、相手が20%で自分が80%などとなるのが普通ですが、このような場合でも、結果として免責金額を負担しなくてよいことがあります。

事故のケースとして、相手の過失割合が20%で自分の過失割合が80%の場合で、車の修理費用が100万円かかるとします。車両保険の保険金額150万円、免責金額10万円の場合。

このケースの場合で保険金がいくら支払われるかみてみましょう。

  • 事故の相手側の保険から20万円(100万円×相手の過失割合20%)
  • 自分の車両保険から90万円(100万円-免責金額10万円)

双方の保険から支払われる保険金を合計すると110万円になってしまい、車の修理費用の100万円よりも10万円も多くなってしまいます。

そのため、相手側の保険からの20万円のうち10万円が免責金額と相殺され、残りの損害賠償額の10万円が自分の車両保険から差し引かれて支払われることになります。

これらをまとめると、

  • 事故の相手側の保険から20万円
  • 自分の車両保険から80万円

の計100万円が保険金として支払われます。

つまり、車両保険に免責金額をセットしていても、相手からの損害賠償金が免責金額以上に支払われる場合は、自分の自己負担は発生しないのです

また、車対車の事故で車が全損となった場合や、大雨による河川の氾濫で水没し全損となった場合では、免責金額分が差し引かれることなく保険金が支払われます。

全損となった場合

車が全損となった場合は、免責金額を設定していても契約時にセットした保険金額の全額が支払われますので、この場合も、免責金額をセットしているからといって困ることはないでしょう。

なお、自動車保険でいう「全損」とは以下のような場合です。

  • 車が修復不可能となった場合
  • 車が盗難に遭って発見されない場合
  • 修理費が車両保険の保険金にセットした額以上になってしまった場合
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

免責
自動車保険の匠