自賠責保険の保険金請求方法と必要な書類

自動車保険の契約のイメージ

事故に遭った場合は、保険会社に対して保険金の請求をします。

事故の相手側(加害者)が任意保険に入っていれば、加害者の契約している任意保険の会社が窓口となって、自賠責保険と任意保険の保険金を一括して支払ってくれます。

これは、「一括払い」と呼ばれていて、自賠責保険と任意保険の会社に別々に請求する煩雑さを解消する目的で行われている制度です。

しかし、加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険だけという場合は、加害者が加入している自賠責保険に対して損害賠償の保険金を請求することになります。

ここでは、自賠責保険の保険会社に対して、保険金を請求する方法や手順について整理しご紹介します。

自賠責保険の保険金請求の流れ

自賠責保険の保険金請求方法には、「加害者請求」と「被害者請求」の2通りがあります。

なお、保険金を請求する場合は、正確を期すために、保険金を請求する前に保険会社に請求手順や請求に必要な書類について確認するようにしてください。

加害者請求の流れ

加害者請求は、被害者に治療費などの損害賠償金を支払った後、自分の加入している自賠責保険に対して被害者に支払った損害賠償金を請求します。この時は、被害者に支払った損害賠償金や治療費などを証明書類(領収書など)を添えて、請求することになります。

なお、保険金の請求は示談が成立していなくても良いのですが、被害者に損害賠償金や治療費などを支払ってから3年以内に請求しなければならないという請求期限がありますので、注意してください。

加害者請求手続の流れ

  1. 被害者へ損害賠償金や治療費を支払う
  2. 損害賠償金や治療費の領収書と必要書類を揃えて、自賠責保険の保険会社に請求
  3. 損害保険料率算出機構による事故の調査や損害額の調査が行われる
  4. 調査結果に従い保険会社が保険金を支払う

加害者請求に必要な書類

提出書類 死亡 傷害
保険金支払請求書
交通事故証明書
事故発生状況説明書
医師の診断書
または死亡診断書
診療報酬明細書
入院・通院交通費明細書
休業損害、
看護料等の立証資料
被害者の領収証等
加害者の支払を証明する書類
印鑑証明書
委任状および
委任者の印鑑証明
戸籍謄本

提出書類は、通常、上記の◎印と○印のものが必要です。

ただし、○印のものについては急ぎ取りそろえることが困難なときは、取りあえず◎印のものを 提出すれば請求を受け付けてもらえます。

〇印の書類は、後日に保険会社に提出してください。

被害者請求の流れ

被害者から加害者の加入している自賠責保険に直接請求することができます。

被害者請求をする場合は、加害者の加入している保険会社が分からなければ請求できませんので、「加害者の加入している保険会社」「自賠責保険の証明書番号」を確認しておいてください。

なお、被害者請求をする場合は、加害者請求と同様に示談が成立していなくても良いのですが、被害者が損害賠償金や治療費などを受け取ってから3年以内に請求しなければならないという請求期限がありますので、注意してください。

被害者請求手続の流れ

  1. 被害者が必要な書類を揃えて保険会社に保険金を請求
  2. 損害保険料率算出機構による事故の調査や損害額の調査が行われる
  3. 調査結果従い保険会社が保険金を支払う

被害者請求に必要な書類

提出書類 死亡 傷害
保険金支払請求書
交通事故証明書
事故発生状況説明書
医師の診断書
または死亡診断書
診療報酬明細書
入院・通院交通費明細書
休業損害、
看護料等の立証資料
印鑑証明書
委任状および
委任者の印鑑証明
戸籍謄本

提出書類は、通常、上記の◎印と○印のものが必要です。

ただし、○印のものについては急ぎ取りそろえることが困難なときは、取りあえず◎印のものを 提出すれば請求を受け付けてもらえます。

〇印の書類は、後日に保険会社に提出してください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

一括払いは自賠責保険と任意保険へ同時に保険金請求ができる

ここがポイント

冒頭の「一括払い」は、自賠責保険と任意保険の両方に加入している場合に、保険金の請求を双方の保険会社へ行う手間を軽減するためのサービスで、保険金の請求を加害者の任意保険の保険会社が窓口となって受付し、一括で支払ってくれます(自賠責保険の分は立て替え払いしてくれます)。

これは、任意保険の対人賠償保険に付帯する示談代行サービスによるもので、自賠責保険と任意保険の保険会社が異なっていても利用できます。

治療費は、病院などの医療機関に直接支払われ、休業損害や通院のための交通費などは被害者に支払われます。

自賠責保険の保険金を立て替え払いした任意保険の保険会社は、後日、自賠責保険の保険会社から立て替え払い分を回収する仕組みです。

まとめ

この記事のまとめ

  • 自賠責保険への請求は加害者・被害者の双方が可能
  • 自賠責保険金の請求は任意保険の保険会社が代行してくれる
  • 当面の治療費などは自賠責保険の仮渡金制度を利用すると良い

自賠責保険の保険金は、請求してから「損害保険料率算出機構による事故の調査や損害額の調査が行われる」関係で、すぐに支払われるものではありません。

しかし、事故の被害者は治療費などの費用が直ぐに必要になるものです。

加害者が被害者に対して誠実に対応し、治療費なども負担してくれるのなら良いのですが、そうでなければ被害者の経済的な負担は大きなものとなります。

こういう場合に利用できるのが、自賠責保険の「仮渡金」制度で、加害者から賠償金などが支払われていない場合に限り利用することができます。

加害者の自賠責保険に対して、直接請求することができますので、当座の費用が心配な場合は利用すると良いでしょう。

» 自賠責保険の仮渡金と内払金とは

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

自賠責保険
自動車保険の匠