自賠責保険の補償額はいくら

車の保険のイメージ

自賠責保険では、事故により傷害を負った場合、死亡した場合、後遺障害となった場合に、それぞれに応じた補償額(保険金)が支払われます。

自賠責保険から支払われた保険金は、被害者の治療費や、ケガなどで一時的に仕事を休まざる得ない場合の休業損害、また、精神的な慰謝料に充てることができます。

自賠責の補償額

自賠責保険の目的は、事故により被害を受けた被害者を救済することですので、対人事故の場合が補償の対象となり、車同士の事故やガードレールや電柱などに衝突したような事故は対象外となります。

また、対人事故の場合でも補償は最低限の額となり、近年の高額な損害賠償を賄えるだけの補償を受けることはできません。そのため、運転者自らが、民間や共済などの自動車保険に加入し、万一の場合に備えておかなければならないのです。

自賠責保険からの補償額は必要にして最低限の補償となります。

  • 傷害(ケガ): 上限120万円
  • 死亡: 上限3,000万円
  • 後遺症: 上限4,000万円(1級の場合)

傷害(ケガ)の場合

事故でケガをした場合に、120万円を限度として保険金が支払われます。

支払われる保険金の内訳は、ケガの治療費、入院費、看護料、文書料(交通事故証明書や印鑑証明書、住民票などの発行手数料)、通院のための交通費などが含まれ、それらの実費を合計した額が支払われます。

また、仕事休まざる得ない場合は、仕事を休んだことによる収入減を補うなたの休業損害も補償されます。

自賠責保険の休業損害の補償基準

自賠責保険の休業損害の補償は、原則、1日あたり5,700円とされています。

ただし、1日あたり5,700円を超えることが立証できれば(立証する資料が必要)、「自動車損害賠償保障法施行令第3条2」で定められている1日あたり19,000円を上限として補償されます。

なお、現実には収入がない人でも休業損害は認められます。例えば、専業主婦の場合は、働いて収入を得ていませんが、1日あたり5,700円の休業損害が認められます。

死亡の場合

事故により被害者が死亡した場合は、3,000万円を上限として保険金が支払われます。

支払われる保険金の内訳は下記の通りとなります。

  • 慰謝料(遺族の慰謝料も含む)
  • 葬儀代
  • 逸失利益

葬儀費(通夜、祭壇、火葬、墓石などの費用)については、原則60万円が支払われますが、これを明らかに超える場合は、100万円までで妥当な額が支払われます。

また、逸失利益(被害者が死亡しなければ将来得たであろう収入から本人の生活費を控除した額)の補償も受けることができます。

慰謝料は、被害者本人の慰謝料が350万円、遺族の慰謝料は遺族慰謝料請求者の人数により異なり、請求者1名で550万円、2名で650万円、3名以上で750万円が支払われ、被害者に被扶養者がいるときは、さらに200万円が加算されます。

後遺障害の場合

事故により後遺障害となった場合は、4,000万円を上限として保険金が支払われます。

ただし、後遺障害の場合は、障害の程度により補償額が異なります。

  • 常時介護が必要な後遺障害(1級): 4,000万円
  • 随時介護が必要な後遺障害(2級): 3,000万円

支払われる保険金の内訳は、障害の程度(等級)に応じて慰謝料や逸失利益が支払われます。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

後遺障害の等級と補償金額

障害の等級ごとに下記の補償額を限度額として保険金が支払われます。

1級 4,000万円または3,000万円
2級 3,000万円または2,590万円
3級 2,219万円
4級 1,889万円
5級 1,574万円
6級 1,296万円
7級 1,051万円
8級 819万円
9級 616万円
10級 461万円
11級 331万円
12級 224万円
13級 139万円
14級 75万円

まとめ

この記事のまとめ

  • 自賠責保険の補償額はケガで120万円、死亡で3,000万円が限度
  • 自賠責保険で休業補償も受けられる
  • 後遺障害の場合は障害の等級により補償額が異なる。最高額は1級で常時介護が必要な場合の4,000万円
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

自賠責保険
自動車保険の匠