自賠責保険の入り方

自動車保険の契約のイメージ

自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」によって加入することが義務付けられている車やバイクのための保険で、加入が義務付けられていることから「強制保険」と呼ばれることもあります。

すべての車が加入しなければならない保険のため、車検や自動車を購入したときに販売店やディーラーなどが加入の手続を行って、自賠責保険に加入した状態で所有者に引き渡すことになっています。

しかし、何らかの理由で自賠責保険に入っていなくて、自分で自賠責保険の加入手続をしなければならないこともありますので、ここでは、自賠責保険の入り方についてご説明しておきます。

自賠責保険へ入る方法

自賠責保険に加入せずにを運転すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」となりますので注意してください。

また、自賠責保険の証明書を車に備え付けていないだけで「30万円以下の罰金」になってしまいます。自賠責保険の証明書は車検証などと一緒に、必ず車に備え付けておいてください。

車検のイメージ

自賠責保険に入るには、損害保険会社(支店も含む)や自動車ディーラー、中古車販売店、車検を受けた店などで加入する方法があります。また、ユーザー車検を受ける場合は陸運局で自賠責保険に加入することもできます。

バイクの場合は、バイクの販売店などで加入できます。原付や125cc~250cc以下のバイクであれば郵便局でも取り扱っていますし、セブンイレブンなどのコンビニで手続できる保険会社もあります。

さらに、250㏄以下のバイクならインターネットから申し込みの手続きができる保険会社もあります。例えば、損害保険ジャパン日本興亜がそうです。

インターネット契約サービス(i自賠責)-損害保険ジャパン日本興亜

自賠責保険の取り扱い保険会社一覧

自賠責保険を取り扱う保険会社の主なものは以下の通りです。

  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 朝日火災海上保険
  • AIU損保AIG損害保険
  • 共栄火災海上保険
  • セコム損害保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 大同火災海上保険
  • 東京海上日動火災保険
  • 日新火災海上保険
  • 三井住友海上火災保険

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

自賠責保険加入時に必要な書類

自賠責保険に入るときは下記の書類が必要になりますので、あらかじめ準備しておいてください。

車検がある車や250ccを超えるバイク

車検証、自賠責保険または自動車共済の証明書が必要になります。

125cc~250cc以下のバイク

軽自動車届出済証、自賠責保険または自動車共済の証明書が必要です。

原付バイク

標準交付証明書、自賠責保険または自動車共済の証明書が必要です。

なお、自賠責保険の証明書をなくしてしまって用意できない場合は、今まで加入していた自賠責保険の損害保険会社に連絡し、再発行を依頼してください。

自賠責保険の保険料

2017年度以降(平成29年4月1日以降)の自賠責保険料は全車種平均して6.9%の引き下げとなりました。(金融庁「第136回・第137回自動車損害賠償責任保険審議会の開催結果について」より)

平成29年4月1日以降が契約始期日となる車の自賠責保険料

沖縄県および離島を除く保険料

60ヶ月 48ヶ月 36ヶ月 24ヶ月 12ヶ月
自家用乗用自動車 35,950 25,830 15,520
軽自動車 34,820 25,070 15,130
250ccを超えるバイク 14,680 11,520 8,290
125cc~250cc以下のバイク 22,510 19,140 15,720 12,220 8,650
原付バイク・125cc以下のバイク 16,990 14,690 12,340 9,950 7,500

沖縄県の保険料(離島を除く)

60ヶ月 48ヶ月 36ヶ月 24ヶ月 12ヶ月
自家用乗用自動車 16,910 12,890 8,800
軽自動車 16,910 12,890 8,800
250ccを超えるバイク 5,270 5,060 4,840
125cc~250cc以下のバイク 5,760 5,540 5,330 5,100 4,870
原付バイク・125cc以下のバイク 5,350 5,210 5,070 4,930 4,790

まとめ

この記事のまとめ

  • 自賠責保険への加入は、損害保険会社、自動車ディーラー、中古車販売店、車検を受けた店、陸運局などでできる
  • また、250cc以下のバイクならコンビニでできる場合もある。さらに、郵便局やインターネットから申し込める保険会社もある
スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

自賠責保険
自動車保険の匠