トヨタ・プリウスの任意保険:30代男性の保険料の目安

トヨタ・プリウスのイメージ

30代男性がトヨタ・プリウスで任意保険に入る場合の保険料を見積もりしてあります。

また、30代以外の20代(前半・後半)、40代、50代、60代の各年代についても、30代の人と同じ条件で保険料を見積もりしてありますので、年齢や等級などの諸条件が自分に最も近い見積もり結果を、任意保険に加入する際の保険料の目安としてください。

トヨタ・プリウスの任意保険料の目安は:30代男性

トヨタ・プリウスで任意保険に入る場合の保険料を、東京海上グループのダイレクト自動車保険イーデザイン損保で試算してみました。

イーデザイン損保は、他の通販型自動車保険会社よりも保険料が安く算出される場合が多い保険会社です。

見積条件を表示します
  • 車種・型式:トヨタ・プリウス 1800 4WD A (ZVW55)
  • ナンバー:5ナンバー
  • 初度登録:平成28年(2016年)5月
  • 性別:男性
  • 免許の色:ブルー
  • 運転者の範囲:本人・配偶者
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 年間走行距離:10,000キロ以下
  • 対人・対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円(車内のみ補償タイプ)
  • 搭乗者傷害保険:付帯せず
  • 車両保険:一般車両型
  • 車両保険金額:280万円
  • 免責金額:1回目5万円-2回目以降10万円
  • 弁護士費用特約:300万円で付帯

割引は、インターネット割引(10,000円)、証券不発行割引(500円)を利用しています。証券不発行割引は、紙の保険証券を発行しない場合の割引です。

また、無保険車傷害保険(2億円)、他者運転危険補償特約が自動で付帯され、さらに、対物超過修理費用補償特約(※)も任意に付帯しました。

※ 対物超過修理費用補償特約は、事故の相手の車の修理費が時価額を超える場合に、その超過分(契約者の「過失割合分」または「50万円」のいずれか低い額を限度として)を補償する特約です。

トヨタ・プリウス(型式:ZVW55)の車両料率クラス

自動車保険の保険料に影響を及ぼす車両料率クラスの値です。

対人 3 対物 3 傷害 4 車両 4

出典:損害保険料率算出機構 型式別料率クラス検索

車の危険度を表す車両料率クラス(1~9までの9段階)は、車両と傷害が4で、対人・対物は3となっていますので、保険料に及ぼす影響は比較的小さいものとなります。

ただし、同じ車種でも型式が異なれば車両料率クラスは異なりますので、自分の型式での車両料率クラスを知りたい方は下記で調べることができます。

型式別料率クラス検索(損害保険料率機構)

例えば、同じプリウスでも下記の型式では少し車両料率クラスの値が高く設定されています。

ZVW51 対人 5 対物 3 傷害 4 車両 4
ZVW52 対人 4 対物 3 傷害 4 車両 4

なお、車両料率クラスについて知りたい方は下記を参考にしてください。

自動車保険の車両料率クラスは車種・型式ごとの危険度

「+」をクリックすると開き、「-」をクリックすると閉じます。

トヨタ・プリウスの保険料

保険料欄の上段が車両保険の一般車両を付けた場合、中断がエコノミーを付けた場合、下段が車両保険を付けなかった場合の保険料です。

※ 単位:円

年代 等級 年齢条件 保険料
30代
(36歳)
14 30歳以上補償 39,940
28,520
19,700

30代で14等級の保険料は一般車両型の車両保険を付帯して4万円弱ですから、それほど大きな負担となる保険料ではないと思いますが、いかがでしょうか?

また、クレジットカードを使用して保険料を分割払いとした場合は以下の保険料です。

保険料欄の()内は支払い保険料の総額です。

年代 等級 年齢条件 月払いの保険料
30代
(36歳)
14 30歳以上補償 3,556(42,672)
2,540(30,480)
1,754(21,048)

クレジットカードを使用して月払いの分割で保険料を支払うと、約6%ほど支払う保険料はアップします。

見積もりは年間走行距離を10,000キロ未満としましたが、年間でそんなに走らないという人もいるでしょうし、免許はゴールド免許だという人もいることでしょう。

そこで、年間走行距離を5,000キロ未満と免許の色をゴールドとしても試算しましたので目安としてください。

安い自動車保険を見つける

自動車保険一括見積もりで安くなった保険料の平均は約2.5万円。
中には、5万円以上安くなったという人も!
保険料の一番安い保険会社はどこ?
一括見積もりサイト「保険スクエア」からの結果はメールで。

年間走行距離と免許の色で保険料を比較

免許の色 車両保険 走行距離ごとの保険料
5,000キロ 10,000キロ
ブルー 一般車両 35,580 39,940
エコノミー 25,640 28,520
なし 17,340 19,700
ゴールド 一般車両 30,470 34,070
エコノミー 22,250 24,630
なし 15,890 17,340

免許証がゴールドなら、約5,000円保険料は安くなります(割合にすると14%くらい安くなります)。また、年間走行距離が5,000キロまでなら4,000円くらい保険料がダウンしました。

保険料から10%以上も割引される割引制度はあまりありませんので、ゴールド免許割引の割引率がいかに大きいかが分かります。

イーデザイン損保には無事故割引がある

テレビCMを流していますのでご存知だとは思いますが、イーデザイン損保にはイーデザイン損保にしかない「無事故割引」とい割引制度があります。

この割引制度は、イーデザイン損保に加入してから1年間無事故を続ければ、翌年の保険料から2%が割引されるというものです。

毎年の保険料負担を軽減するためには無事故を続け等級をアップして行くことが重要ですが、そこに無事故割引も適用されることになれば、さらに保険料の節約効果が上がるというものです。

トヨタ・プリウスの年代別等級別保険料の目安

30代以外の20代(前半・後半)、40代、50代、60代の各年代の保険料は下記のようになりました。

保険料欄の上段が車両保険の一般車両を付けた場合、中断がエコノミーを付けた場合、下段が車両保険を付けなかった場合の保険料です。

※ 単位:円

年代 等級 年齢条件 保険料
20代
(24歳)
6 21歳以上補償 147,130
98,690
61,250
20代
(27歳)
9 26歳以上補償 56,500
40,070
27,370
40代
(45歳)
18 30歳以上補償 39,020
27,710
18,970
50代
(54歳)
20 30歳以上補償 34,200
24,530
17,060
60代
(63歳)
20 30歳以上補償 34,200
24,530
17,060

20代前半(24歳)の人の保険料は、飛びぬけて高くなっています。

20代後半(27歳)の人と比べても9万円以上(一般車両を付けた場合)保険料は高くなっています。

理由としては

  • 年齢が若いため事故リスクが高い
  • 初めて自動車保険に入るので等級が6と低い(保険料の割引率は「3%」の割増-24歳で6等級の場合)

などが挙げられますが、これらは年齢や等級がある程度上がって行かなければどうしようもないことですので、普段から事故に気をつけて、等級が下がったりしないことが大事になります。

また、一般車両型の車両保険を付帯して15万円近い保険料となりますので、一括で保険料を支払うのではなくクレジットカードを使用して分割払いにしても良いでしょう。

分割とした場合は、多少、年間で支払う保険料はアップしてしまいますが、一時的に大きな出費となることは避けられます。

例えば、クレジットカードを使用して分割にすれば

13,100円/月 (支払い総額:157,200円)※一括なら147,130円

の保険料を毎月支払うことになります。

その他の年代(20代前半以外)のプリウスの保険料としては、比較的安い保険料となっているようです。

イーデザイン損保は、他社と比べ保険料が安く算出されることで知られている保険会社ですから、今回の保険料を一応の相場価格として参考にすると良いでしょう。

なお、自動車保険の保険料は、保険会社によって大きく異なります。今の自分の条件でどこの保険会社の保険料が安くなるのかを知るためにも、複数の保険会社から見積もりを取り寄せ比較することが大事になります。

スポンサーリンク

安い自動車保険を探す

自動車保険の保険料は、保険会社によって違います。同じ見積もり条件でも、保険料が安く算出される保険会社もあれば、逆に、高く算出される保険会社もあるのです。

そこで、一括見積もりを利用して複数の保険会社(最大17社)から見積もりを取り寄せることで、今の自分の条件で最も保険料の安い保険会社を探すことができるのです。

見積もりする人の条件にもよりますが、自動車保険を複数社比較することで5万円以上安くなった人もいますので、試して損はないでしょう。

自分の条件で最も保険料の安い自動車保険を探す

見積ができる保険会社は、イーデザイン損保、ソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサダイレクト損保、チューリッヒ保険、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、おとなの自動車保険(セゾン損保)、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、全労災など、通販型(ネット自動車保険)・代理店型を合わせ最大17社

車を高く売るなら無料一括査定

車を手放すのなら高く査定してもらってはいかがですか?

車を売るときは無料の一括査定を使って数社の見積もりを比較し、一番高い査定額で買い取ってもらいましょう。一括査定を利用した場合、愛車の査定価格が平均で14万円もお得になっています。

車の無料一括査定を試す(カーセンサー)

売却したい車のメーカーや車種などを入力し一括で査定の申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも。他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報や、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です。

無料一括査定を依頼できる車買取店

無料一括査定を依頼できる車買取店は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック査定センター、ビッグモーター、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

トヨタ
自動車保険の匠